バス釣りのオカッパリでタックル2本を持ち歩くメリット・デメリット

スポンサーリンク


バス釣りのオカッパリでタックル2本を持ち歩くメリット・デメリットはどんなものがあるだろうか?

■オカッパリでタックル2本持つメリット
・扱えるルアーの幅が広がる。
・色んな状況に対応できる。
・嗜好性、趣味性。
■オカッパリでタックル2本持つデメリット
・荷物が増える。
・トラブルが起こる率が上がる。

【関連記事】霞ヶ浦や野池で1本だけ持ち歩くロッドをまとめた記事はこちらからチェックできます↓

スポンサーリンク



バス釣りのオカッパリでタックル2本を持ち歩くメリット・デメリット

オカッパリでタックル2本持つメリット

●扱えるルアーの幅が広がる

オカッパリはボートと違って、持ち歩けるタックル数や荷物に限りがある。しかしタックルを2本持つことによって、オカッパリの釣りでも使えるルアーの幅が広がる。

バーサタイルのM(ミディアム)パワーのロッド1本だけだと、UL(ウルトラライト)タックルで使うような超軽量のワームなどを扱えないが、2本持ち歩くことによってその不満が解消される。

1本のタックルでできないことを、もう1本のタックルで補える。
これがオカッパリでタックル2本を持ち歩くメリットである。

●色んな状況に対応できる

オカッパリは色んな場所で釣りをすることが多い。
何もないオープンなエリアから、障害物が多いカバー周り、杭やアシ、護岸際などなど、攻めるポイントの種類はボートフィッシングに匹敵する。

オカッパリは、ポイント移動するごとに求められる釣りスタイルが変わっていく。タックルを2本持ち歩くことで、オープンなエリアからヘビーカバーまで、実に多くのシーンに対応することができるようになる。

補足:オカッパリにありがちな悩み(体験談)
●”超いい感じ”のいかにも美味しそうなカバーなのに、タックルが弱すぎて打つことができない(あるいは、掛けられても取り込むことができない)。
●ストロングタックル1本で来たけど、やっぱり魚の顔は見たいからライトリグを使いたい…。
●巻き物をやり通すつもりできたけど、バイトがなくて心折れそうだから打ち物をやりたい…。
●ライトリグじゃ打てないけど、M~MHタックルだとルアーが強すぎて食わない…ベイトフィネス…。
こんな悩みを解決するための、タックル2本という戦略なのだ。

こんな悩みを簡単に解消できるのも、オカッパリでタックル2本を持ち歩くメリットである。

●嗜好性、趣味性

オカッパリでタックル2本持ち歩くメリットは、何も”効率面”に限ったことだけではない。

ビッグベイト専用タックルや、超高感度&軽量なトーナメンター愛用ベイトフィネスロッドなど、専門性が高い「専用タックル」をたくさん持ち歩けるのも強みだし、何よりそういったキワキワ系タックルで遊ぶのはとっても楽しい。

専門性の高いストロングなXHロッドやベイトフィネスタックルを”遊び”で持ち歩きつつ、ガチモード用のバーサタイルなMクラスのロッドを持ち歩く…といった組み合わせも面白い。

タックル2本を持ち歩くのは、効率面や釣果だけを重視するだけでなく、嗜好性・趣味性を満たせる楽しい取り組みだと僕は考える。

専門性の高いベイトフィネスタックルをオカッパリで持ち歩くのも、フィールドのタイプによっては嗜好性・趣味性に含まれる行為と言える。
オープンウォーターだろうがカバーがなかろうが、ベイトタックルのキャスティングは面白いもんは面白い。遊びはそれでいいのだ。

【関連記事】オカッパリにベイトフィネスって要る?

オカッパリでタックル2本持つデメリット

●荷物が増える

バス釣りのオカッパリでタックルが2本になると、それに比例して持ち歩く道具も増えていく。

ルアーボックスの数が増えたり、フックやシンカー類の小物が増えることもあって、バッグの重量も重くなっていく。体力勝負のオカッパリの釣りでは、バッグの重さが増えてしまう(あるいは片手が塞がってしまう)のはデメリットと言えるだろう。

荷物が増えすぎたときは、容量の大きなフィッシングバッグを持ち歩くのがおすすめだ。

最近はバックパック型を背負って、ファッション感覚でバッグを選ぶアングラーも増えてきた。
タックル2本で快適に釣りをするなら、オカッパリで使いやすいバッグを選ぶのは必須と言える。
以下の記事にオカッパリ用バッグをまとめておいたので、バッグ購入の参考にしてみてほしい。

●トラブルが起こる率が上がる

バス釣りのオカッパリでタックル2本を持ち歩くときに注意したいことは、”トラブル”だ。

特に注意したいのは『盗難』で、トイレに入った隙にタックルを盗まれたり、食事中に盗まれたりするといった事件も起きている。タックル1本だけ地面に置きっぱなしにして、取りに戻ったら既に無かった…というトラブルもある。

愛用しているタックル2本が盗まれてしまうのは非常に残念なことなので、もしこれからタックル2本でオカッパリのバス釣りをしようかと検討している人【盗難】にはくれぐれも注意してほしい。

また、盗難だけではなく、「破損」というトラブルも起きやすくなるので注意。

ロッドホルダーを使って歩き回っていると、頭上に覆いかぶさっている木々の存在に気づかず、ロッドティップを破損させることもある。
野池などの狭いフィールドでロッドホルダーを使う場合は、頭上に注意。

ロッドを折ってしまうパターンの例をまとめておいたので、もしロッドホルダーを使って2本持ち歩いたり、使わないタックルをウエストバッグに挟んでおいて移動するような人はチェックしてみてほしい。

スポンサーリンク


バス釣りのオカッパリでタックル2本持ち歩くメリット・デメリット|まとめ

今回は、「バス釣りのオカッパリでタックル2本を持ち歩くメリット・デメリット」をまとめてみた。

「さすがに2本持ち歩くのはガチ勢すぎじゃないか?」と思う人もいるかもしれないが、2本持ち歩くようになると、オカッパリの釣りの幅がめちゃくちゃ広がるので本当におすすめ。

オカッパリでタックル2本持つメリット
●扱えるルアーの幅が広がる。
●色んな状況に対応できる。
●嗜好性、趣味性。
オカッパリでタックル2本持つデメリット
●荷物が増える。
●トラブルが起こる率が上がる。

まとめるとこんな感じ。

オカッパリで手荷物やタックルが増えるのが嫌な人は、1本で幅広いルアーを扱うことができる”バーサタイルロッド”を使うことをおすすめする。

オカッパリでバーサタイルに使えるおすすめロッドをまとめたので、以下の記事も参考にしてみてほしい↓

■ベイトロッド編

■スピニングロッド編


【関連記事】こちらの記事も参考にしてみてください↓

スポンサーリンク



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter