【インプレ5台】ハイクオリティ&コスパ良し!バス釣りにおすすめのバーサタイル系ベイトリールはこの5台だ!

「しっかり使えてコスパも良いベイトリールが欲しい」

「失敗しないおすすめのベイトリールを教えてほしい」

当記事では、上記の人におすすめしたいベイトリールを紹介していく。

僕が実際に愛用しているリールの中から、特におすすめのベイトリールをピックアップしたので、リール選びで迷っている人の参考になると幸いだ。

【関連記事】

【失敗回避 5選】ハイクオリティ&コスパ良し!バス釣りにおすすめのベイトリール

失敗しないベイトリール選びのコツは、「ワームなどの軽量ルアーからビッグベイトまで扱えるアイテムを選ぶ」というもの。

幅広いルアーを扱えるリールを選ぶことで、購入に後悔する確率はグンと減る。

バーサタイル性(汎用性)の高さ」が重要で、失敗を回避するためにはリール自体に備わっている汎用性の高さに着目することが大切。

具体的には、以下の5台が”バーサタイルなリール”としておすすめだ。

※アイテム名をクリックすると商品の詳細をチェックすることができます※

価格は実売¥30,000以下でありながら、評価数や人気度合い、汎用性の高さなどの要素を考慮すると、上記5台がおすすめ。

また、僕自身が実際に使ってみておすすめしたいと感じた5台でもあるため、上記のベイトリールを選んで頂ければ失敗することはまず無い。

ピシファン「SAEX ELITE」

ピシファン「SAEX ELITE」は、雑誌・メディア等では取り上げられることもない無名なアイテムだが、アマゾンで高評価を得ている隠れた名作だ。

ブレーキの安定感に優れるためバックラッシュなどのトラブルが少なく、バス釣りに不慣れな初心者の人からエキスパートまで多くの人におすすめしたい。

●ピシファン「SAEX ELITE」スペック

※横にスライドすると全て見ることができます※

 

ギア比  

最大ドラグ力(kg)  自重(g) ナイロン糸巻き量 ハンドル長(mm) ベアリング数 BB/ローラー 価格
SAEX ELITE 7.3 5.2 170 14lb-約140m 85 12/1 ¥9,980前後(アマゾン)

●汎用性が高く、使うルアーを選ばないマルチなリール

「SAEX ELITE」は7g~56g程度のルアーを幅広く扱えるため、様々な使い方ができる。

例えば、10g~20g程度の巻物・ハードルアーから、1oz程度のビッグプラグ、羽根モノ、2oz程度のビッグベイトなど、1台で多くのルアーをカバーできてしまうため、汎用性が非常に高い。

6.6~6.10フィートのM(ミディアム)パワーロッドと組み合わせることで、オカッパリ・レンタルボート問わず使いやすいリールだ。

●ベイトフィネス機として使える優れモノ

ピシファン「SAEX ELITE」は、通販サイト”アマゾン”で「コスパが良いのにベイトフィネスも出来る」というのが話題となり、多くのアングラーから好評価を集めている。

別売りのシャロースプールを載せることで、軽量なワームなどを扱えるベイトフィネス機として使うことも可能。

2.5~3.5g程度のスモラバ、ネコリグ、小型高比重ワームのノーシンカーといったフィネスリグにも対応してくれるため、1台で2台分の働きをしてくれるのが嬉しい。

ピシファン「 SAEX ELITE」
created by Rinker
Piscifun

シャロースプールはコチラからチェックできます↓

*関連記事

シマノ「SLX MGL 70HG」

日本のみならず、バス釣りの本場アメリカでも大人気の「SLX MGL MGL」。

近年のシマノリールの中で最も売れていると言っても過言では無いほど、多くの釣り人から支持を集める優秀なリールだ。

●シマノ「SLX MGL」スペック

※横にスライドすると全て見ることができます※

品番

ギア比  

最大ドラグ力(kg)  自重(g) ナイロン糸巻き量(lb-m) ハンドル長(mm) ベアリング数 BB/ローラー 価格
70HG RIGHT 7.2 5.5 190

14-90

16-80

42 4/1 ¥21,000

7g程度の軽量ルアーを扱えるレスポンスの良さがあり、それでいて上は2oz程度のビッグベイトまで扱えるマルチなリールとして人気が高い。

ハードルアーからワームの釣りまで幅広く扱えるバーサタイルなリールとしておすすめだ。

●ガシガシ巻ける剛性の高さが魅力!ハードルアーが得意

シマノ「SLX MGL」は、SLX MGLはどちらかというとハードルアーの釣りが得意なリールといった印象だ。

内部ギアやボディなどの剛性が高いため、タフな使用で輝くタイプのリールだと感じ、例えばスピナーベイトやクランクベイトといった力強い巻き取りが重視される釣りにマッチする。

3/8~3/4ozのスピナーベイトやクランクベイト、チャターベイトなどの巻物・ハードルアー系の釣りをメインとするなら、20タトゥーラSV TWよりSLX MGLをおすすめしたい。

●ベイトフィネスの釣りはややキツい

5~7g程度の軽量ルアーは投げることは可能。

しかし、逆風に弱かったり、ラインがスプールから浮きやすいなどのネガティブな要素も見受けられた。

3.5gシンカーのライトテキサス、5g前後の小さいスモラバ、ヘビダンなどのやや強めのベイトフィネス系ワーミングなら問題なく扱える。

軽量ルアーに対するスプールレスポンスは、後述する20タトゥーラSV TWの方がやや優位と言える。

ハードルアーでガッツリ巻きたいならSLX MGL。

ワームの釣りが多くなりそうなら20タトゥーラSV TW…と使い分けるのがおすすめだ。

シマノ「19 SLX MGL 」
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
*関連記事

シマノ「20メタニウム HG」

2020年に新型ベイトリールとして発売された、シマノ「20メタニウム」。

剛性が高い作りになっていながらも、ハイクラスに引けを取らないハンドルの巻き心地の良さが魅力のハイスペックなリールとなっている。

●シマノ「20メタニウム」スペック

※横にスライドすると全て見ることができます※

品番

ギア比  

最大ドラグ力(kg)  自重(g) ナイロン糸巻き量(lb-m) ハンドル長(mm) ベアリング数 BB/ローラー 価格
HG RIGHT 6.2 5.0 175

14-90

16-80

84mm 10/1 ¥44,100

●巻きモノ、ワーム、ビッグベイトまで幅広く使える

シマノ「20メタニウム 」はバーサタイル性の高さがウリで、扱えるルアーの守備範囲が広い。

例えば、1/4~1ozのスピナーベイトやクランクベイトなどの巻モノから、1/8oz(3.5g)シンカーのライトテキサス、1/2ozのフルサイズラバージグ、~2ozのビッグベイト…などなど、実に多くのルアーを扱うことが可能だ。

●極上の巻き心地!

20メタニウムはハンドルの巻き感に優れたリールとなっており、シマノの上位機種である「カルカッタコンクエスト」や「アンタレス」に迫るほどの極上の巻き心地を堪能することができる。

巻き抵抗の強いスピナベやクランク、チャターなどの巻きモノルアーの扱いやすさはピカイチ!

シマノ『20メタニウム 』は、「巻物も好きだけど、打ち物(テキサスリグなど)もビッグベイトも使いたい」と考えるバーサタイルアングラーにおすすめしたいベイトリールだ。

*関連記事

ダイワ「17タトゥーラSV TW」


(画像はハンドルカスタム済)

ダイワ「17タトゥーラSV TW」は2017年に発売された旧モデルだが、巻モノから打ち物、ビッグベイトまで幅広い用途に対応してくれるバーサタイルリール。

通販サイトアマゾンでは¥13,000~¥15,000程度で購入できるため、コスパ最強系バーサタイルリールとしてぜひおすすめしたい。

●ダイワ「17タトゥーラSV TW」スペック

※横にスライドすると全て見ることができます※

品名

ギア比  

最大ドラグ力(kg)  自重(g) ナイロン糸巻き量(lb-m) ハンドル長(mm) ベアリング数 BB/ローラー 価格
TATULA SV TW 7.3R 7.3 5.0 200

14-90

16-80

80 6/1 ¥15,000前後(アマゾン 2021年1月時点)

●旧モデルだが、永遠の名作

2017年に発売された古いモデルということもあり、後述する20タトゥーラSV TWにはあらゆる面で劣っている…かと思いきや、そんなことはない。

自重200gという程よい重量感や、幅広い用途に対応しやすい34mm径スプールなど、淡水・海水問わずにバーサタイルに使える。

●合わせるタックルを選ばず、幅広い使い方が可能

ビッグベイトなどに使用するロングロッドと組み合わせた際のバランスも良く、合わせるロッドを選ばない点もおすすめポイント。

スプール径が34mmとなっているため、軽量ルアーの扱いに長けるよりかは、中・大型ルアーに対する適応力が高いリールだ。

17タトゥーラsvtwは、「お金をかけたくないけど、ストレスなく扱える優秀なリールが欲しい」という人におすすめしたいベイトリールである。

ダイワ「17タトゥーラ SV TW 」
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
*関連記事

ダイワ「20タトゥーラSV TW 103SH」

「20タトゥーラSV TW」は、2020年にダイワから発売された新しいリール。

軽量ルアーの使い心地はベイトフィネス機に迫るものがあり、2020年以降に発売されたバーサタイル系ベイトリールの中ではダントツ人気。

●ダイワ「20タトゥーラSV TW」スペック

※横にスライドすると全て見ることができます※

品名

ギア比  

最大ドラグ力(kg)  自重(g) ナイロン糸巻き量(lb-m) ハンドル長(mm) ベアリング数 BB/ローラー 価格
103SH 7.1 5.0 190

14-90

16-80

85mm 7/1 ¥25,900

●軽量ルアーの使用感はベイトフィネス機に迫る勢い!

軽量ルアーからビッグベイトまで幅広く扱えるバーサタイルリールだが、特に軽量ルアーに対するレスポンスが良い。

例えば、ネイルシンカー1.8gを使用したネコリグや、3.5g前後のスモラバ、5g~7gシンカーのヘビダンなどのベイトフィネスで扱うルアーを快適に扱うことが可能だ。

軽量ルアーの使い心地は「ベイトフィネス機に迫る」といっても過言ではない。

ハイプレッシャーな釣り場のオカッパリで、タックル1本を持ち歩いてフィネスリグから巻物まで幅広くカバーしたいなら、20タトゥーラSV TWがおすすめだ。

●ビッグベイトも問題なく使用できる

20タトゥーラSV TWには32mmという小口径スプールが搭載されている。

一般的に、スプール径は小さくなるほど軽量ルアーの扱いに長け、大きくなるほど重いルアーの扱いに長けるという傾向がある。

しかし、「小口径スプールは重いルアーの扱いは得意としない」という定説は20タトゥーラSV TWには当てはまらない。

2oz程度のビッグベイトにも問題なく対応するので、オカッパリ・ボート共に組み合わせるロッドを選ばないという点もおすすめポイントの1つだ。

ダイワ「20タトゥーラ SV TW 」
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
*関連記事

まとめ:【失敗回避 5選】ハイクオリティ&コスパ良し!バス釣りにおすすめのベイトリール

当記事で紹介した5つのベイトリールを選べば、リール購入での大失敗は回避できるハズ。

当記事でピックアップしたリールは、どれも軽量ルアーから重いルアーまで幅広く扱うことができる優秀なアイテムばかりなので、バス釣りに使用するベイトリールを探している人はチェックしてみてほしい。

※アイテム名をクリックすると商品の詳細をチェックすることができます※

【関連記事】

【こちらもお役に立つかもしれません】

●ベイトリールに関する豆知識・テクニック

●おすすめタックルまとめ記事