令和の”おかっぱりバーサタイル”は「MHとULソリッドの2本」が快適かも

バス釣りのオカッパリのバーサタイル。

一般的には、「6.10フィートのM(ミディアムパワー)に、スピニングのL(ライト)パワー」の2タックルを組む人が多いんじゃないでしょうか。

しかしこの構成、僕が得意とするカバー撃ちやストロング系の釣りがやりにくいんですよね。

そこでいろいろ試したところ、MHパワーとUL(ソリッド)の組み合わせがオカッパリで万能に使いやすいのでは、と感じています。

バス釣りのおかっぱりに持っていく2本は「MHパワーとUL(ソリッド)」が万能だと思った

6.10フィートのMパワーロッドは、汎用性が高いことでも有名です。

しかし、僕はカバー撃ちを得意としているので、Mだとできないんですよね。1/4~3/8ozのジグテキをミッド〜ヘビーカバーに打ち込むのはキツい。

かといってヘビーロッドだと、今度は大好きな3/8~1/2ozスピナーベイトがやりにくい。できるけど快適ではない。少々”ムリヤリ”感がある。

そんなときのMHパワー!

MHパワーは”令和”のバス釣りスタイルに合致するパワーバンドかもしれない

MHパワーなら、スピナーベイトやチャターなどのシングルフック系ルアーがしっかり使えるし、1ozくらいの羽根モノもOKです。

ロッドによっては~1.1/2ozくらいまで背負えちゃうので、MHはバーサタイル性が高くて便利。

しかも5~10gくらいのテキサスやジグのカバー撃ちもイケちゃうので、オカッパリで使いやすいんですよね。

ただ、ジャークベイトや小型トップ、クランクベイトには使えないのがデメリットです。

それを別にすれば、MHパワーはオカッパリにおいて中々”万能”なパワーバンドだなぁと思っています。

もう1タックルは”極限フィネス”に振っちゃう

さらに、スピニングはULのソリッドが合うんじゃないか、と考えました。

4~5インチカットテールのネコリグで狙う魚は、僕の場合は5gテキサスやコンパクトジグで狙うことが多いので、スピニングのLパワーと狙う魚がカブっちゃう。

だったらいっそのこと、もう1タックルはUL-Sで極限のフィネスに振っちゃえばいいじゃん、という考え方です。

UL-Sでレッグワームや3.5インチカットテールのネコなどをこなしつつ、15~40gくらいのルアーをMHで(ミッド・ヘビーカバー撃ちもやる)…というスタイルは、なかなか新鮮でオモシロイ。なにより便利です。

まとめ:令和の”おかっぱりバーサタイル”は「MHとULソリッドの2本」が快適かも

昨今はルアーが大型化しているので、ベイトタックルはMよりもMHのほうが便利なのではないかと感じています。

また、ULソリッドのスピニングタックルなら今流行りの”ホバスト”もできるので、『令和のおかっぱりバーサタイルは「ULソリッド+MHパワー」が良いんでないの?』と思った…というお話でした。

ある意味「隙間」とも言えるような構成ですが、MH+ULソリッドの2タックルは、なんだか新鮮でオモシロイ!

【こちらもお役に立つかもしれません】

オカッパリのタックル構成に関する記事

ULソリッドとMHパワーに関する記事

【リールカスタム楽しむなら!】

日本最大級のカスタムパーツ品揃え!ヘッジホッグスタジオ