「リーダーレスダウンショット」って凄い根がかりするし、ピックアップ時に引っかかるんだけど、なんで人気なのか少しわかった気がする。

リーダーレスダウンショットリグってあるじゃないですか。

ちょっと前までは”直リグ”などと呼ばれていた、あのリグです。

今や多くの人たちが使っているようですが、ちょっと前までは自分の中でのポジションがちょっと微妙だったんですよね。

カバーに対してすげぇ引っかかるし、根がかりも結構多いし、カバーからピックアップする際にもめっちゃ引っかかる。

「別にテキサスでよくね?」なんつって思ってたリーダーレスダウンショットリグですが、最近は意図的に使うようにしてます。

なぜか。

「使っていると、上手いアングラーっぽくない?」

これだけの理由です(笑)

…というのは半分冗談で半分本気な話なのですが、リーダーレスダウンショット、結構好きになってきたゾ…というつぶやき的記事。

「リーダーレスダウンショット」って凄い根がかりするし、ピックアップ時に引っかかるんだけど、なんでこんなに人気なのか少しわかった気がする。

リーダーレスダウンショットリグの主な特徴とデメリット

リーダーレスダウンショットリグの主な特徴としては、

●水中でワームが水平姿勢になる。

●水中でワームがちょいフリーな状態になるので、ナチュラルなアクションが演出できる。

●縦スト(縦のストラクチャー)に対して、まぁまぁ垂直にフォールさせることが可能。

●使ってるとエキスパートっぽいイメージ。

こんな感じだと思うんですが、リーダーレスダウンショットリグ…結構引っかかるんですよね。

カバーからピックアップする時だけならまだしも、水中カバーにブチ込むと結構引っかかる。

逆に意図的に引っ掛けてシェイク…なんていう小技にも繋がるとは思うんですが、コレ、結構根がかり多くありませんか?僕が下手くそだからでしょうか。

ということで、以前までは「根がかり多くてやってられねェ〜…テキサスの方が良いベ」といった感じで、テキサスリグ主義を貫いていたんですが…

「リーダーレスダウンショット…好きかも…」と心変わり中。

その理由について後述していきます。

【体験談】リーダーレスダウンショットリグが好きになってきた理由

「直リグ、好きかも…」と心変わりし始めた理由は、以下のような感じです。

●様々な使い方に幅広く対応する

●垂直にフォールさせやすい

●フォール速度が速い(リアクション要素が強い)

汎用性が高い

リーダーレスダウンショットリグは、トゥイッチやスイミング、1点シェイクなどなど、いろんな使い方にも対応してくれます。

もちろん、そういった使い方はテキサスリグでも可能なのですが、ワームがちょいフリーになっているリーダーレスダウンショットは、アクションがナチュラルなので、ワームが喜んでいる感じ。

テキサスはシンカーとワームがほぼ一体型。

対してリーダーレスダウンショットは、ワームとシンカーが分離しているから、ワーム自体がそこそこフリーに動く。

激スレの野池でもリーダーレスダウンショットへの反応も良いため、今後も色々と研究していこうかと思ってます。

垂直にフォールさせやすい

リーダーレスダウンショットリグは、フォール中にシンカーが真下に向かっていくため、テキサスリグよりも垂直にフォールさせやすい。

相模湖のような岩盤が多いフィールドや、足場が高い野池など、ワームを垂直フォールさせたくなるシーンでも活躍してくれる。

そういうシーンではフットボールジグでも良いんじゃないかなとも思ったりしますが、リーダーレスダウンショットリグの方が食わせる力が高いんじゃないか…と期待中。

フォール速度、移動速度が結構速い(リアクション要素がテキサスより強い?)

フォールだけに限らず、スイミング時やカーブフォール時でも、ススーっと素早く動いてくれるのはリーダーレスダウンショットリグの長所かもしれないな、と思ってます。

例えば、同じ7gのシンカーを使った場合でも、テキサスリグとリーダーレスダウンショットリグでは、フォール速度含め、ワームが移動するスピードがやや速い。

そのため、一箇所でジグをシャくるようなリアクション系の釣りや、トゥイッチ&カーブフォールといったリアクションバイトを誘発させるような使い方にもマッチするなぁと。

まとめ:リーダーレスダウンショットリグが良い感じに釣れるので、テキサスリグ主体の釣りスタイルが大きく変わるかもしれない。

これまでなぜかテキサスリグに異常なこだわりを見せていた僕ですが、リーダーレスダウンショットリグが結構いい感じに釣れるのでお気に入り。

今後も継続してリーダーレスダウンショットリグを研究していこうと思ってます。