【バスロッド長の選び方】オカッパリのロッドの長さは、ポイントまでの距離感で決める。


スポンサーリンク


バスロッドの長さを選ぶときには、何を基準にすればよいのだろうか?

今回は「オカッパリのロッド長の選び方。バスロッドの長さを決めるときの目安」について書いていく。

この記事が、「バス釣り用のロッドの長さの選び方がわからない」といった人の役に立てば幸いだ。

スポンサーリンク



バス釣りのロッドの長さを選ぶ基準は、「ポイントまでの距離感」

オカッパリのロッドの長さを決めるに当たって大切になるのは、「ルアーをどの程度飛ばす必要があるのか?投げるべきポイントまでどのくらいの距離があるのか?」である。

例えば、広大なフィールドで有名な霞ヶ浦。


「霞ヶ浦のオカッパリでは飛距離が大事」と言われることがあるが、僕個人の感想としては、霞ヶ浦のような『ポイントが手前にあるフィールド』では、7フィートもある長いロッドを使うシーンは限られると感じている。

もちろん、ルアーを遠投できるに越したことはないが、霞ヶ浦のような「ポイントが手前にある。あるいはフィールドは広大だが、ルアーを遠くに飛ばす必要性が薄いフィールド」では、ロッドの長さは取り回し重視の6~6.6フィート程度のものが使い勝手がよい、と僕は思う。

ロッドの長さの選び方は、個人の体格や筋力量・好みなどによっても違ってくるが、もしロッド長の選択に迷っているのなら、「ルアーを投げる距離がどれくらい必要か?」という要素を目安にしてみるといいだろう。

「魚が居るポイントが自分から近いか?遠いか?」を基準にする

それと、これは僕個人の経験上と、霞ヶ浦で釣りをすることが多いプロショップスタッフの知り合いの意見だが、「霞ヶ浦って実は、遠投するようなシーンって少ないよね」といった話題がたびたび出てくる。

霞ヶ浦は遠くに投げたとしても、小規模の流入河川の対岸までキャストする、といった程度で、飛距離にすると30mあるなし程度だろうか。

エリアによっては「あの遠くにある杭までロングキャストしたい!」と思うときもあるが、霞ヶ浦では9割方が小・中距離のキャストだと感じている。

護岸の下、岸よりにある杭、水門、係留されたボートの際打ち、アシ打ち…などがメインの釣りになりやすい霞ヶ浦のバス釣りでは、取り回しが良くて”小技”がききやすい5.8〜6.5フィート前後のロッドが活躍しやすい。

なので、ロッドの長さを決めるときは、一概にも「フィールドの規模が大きい=ロングロッド」と決めつけることはできない。個人の好みもあるし。

しかし、通うフィールドが琵琶湖や大規模河川などの場合は、自分とポイントとの距離感が遠いことがあるため、長いロッドのほうが有利である。

山中湖や河口湖、琵琶湖や中〜大規模河川での釣りは、魚の着き場となるブレイクやウィードなどが岸から離れているエリアも多く、そういったポイントでは7フィートくらいあるやや長めのロッドの方がストレスが少ない。


この写真は山中湖のものだが、こういった開けたポイントで、ポイントとなるブレイクやウィードまでへの距離が遠いのであるば、ロッドには長さがあったほうがよい。
ウエーダーを履いてショートロッドを使う…という方法もあるが、そこはお好みで選んでいいだろう。

ロッド長を決めるときは使うルアーのタイプによって選ぶことも多いが、「とりあえずルアーの操作性うんぬんは置いておいて、まずは魚にルアーを見せてナンボでしょ」というような、魚が居る場所と自分との距離が離れてがちになるフィールドでは、7フィート程度のロングロッドが役に立つ。

バス釣りのオカッパリでロッドの長さを決めるときは、「ポイントまでの距離」を目安にすると、買い物で大きな失敗はしないだろう。

霞ヶ浦のオカッパリで使いやすいロッドをまとめておいたので、よかったらロッド選びの参考にしてみてほしい↓
【関連記事】

水の透明度、プレッシャーを基準にする

それと、魚に対して遠くからアプローチしなければならない状況でも、ロングロッドが生きる。


例えば、水の透明度が高いクリアレイクなどでは、魚にこちらの存在を気づかれやすいということもあり、ちょっと近寄るとすぐ逃げられる…といったことに頭を抱えてしまうことがある。

特に、ハイプレッシャーのフィールドではこうした傾向が強いため、「魚との距離感をできるだけ遠くに保ちたい」という意図で、ロングロッドが選ばれることも多い。

クリアレイクやハイプレッシャーな釣り場で、「魚に対してディスタンス(距離)をとり、やや遠投してアプローチしたい」といったときは、6.6~7フィート程度のやや長いロッドを選んでみるといいだろう。

クリアレイクで、ポイントまで遠くからピッチングをしなければならい…といったときにも、6.10〜7.2フィートくらいの長めのロッドを選ぶ。

自分からやや離れたところにある超ピンポイントに、丁寧にピッチングしていかならなきゃらない…といったときにも、ロングロッドはとても役に立つロッドが長いとピッチングの距離が出しやすいからだ。

野池で使うバスロッド長を選ぶときの目安

野池でのロッド長を選ぶときも、「ポイントと自分の立ち位置からどのくらい距離があるのか?」を目安にしていく。

小〜中規模の野池では、バスの着き場に対しての距離感によって、ロッドの長さを選んでいく。
対岸までの距離が近いのであれば、5.6〜6フィートのショートロッドでもよい。


写真のようなカバーが無く、カバー越しのフッキングをする必要がないような野池であれば、僕個人としては小規模野池くらいの距離感なら、6フィート前後の短めのロッドで事足りると考えている。

小〜中規模の野池では、ショートロッドの特性である「取り回しのよさと、ルアーの操作性の良さ」も生きやすい。
もし足場が高いような野池で釣りをするのであれば、6.6フィートもあれば、ルアーの操作性も満足いくだろう。

「足場がめちゃくちゃ高いフィールドで、遠投しなければならない」といったタイプの野池であれば、7フィート程度のやや長めのロッドを使う。
ショートロッドで足場の高い場所からルアーを操作しようとすると、ロッドティップ(穂先)と水面までの距離に差が出てしまい、ルアー操作がやりづらい。

巻物ルアーも浮き上がってしまって、一定レンジを巻くことも困難になる。
そしてトップウォーターの釣りも、ルアーがジャンプしてしまって釣りにならない。

野池のバス釣りでロッドの長さを選ぶときには、以下のようなものを目安にしてみるのがおすすめ。

野池のバス釣りでロッド長を決める目安
カバーや障害物が少ないタイプの野池なら、5.6~6フィート。
ややカバーもあって、ルアーを落としたいポイントまで距離があるなら、6.5フィート前後。
ポイントまでの距離が遠くて、遠投が必要になる野池であれば、7フィートくらいのロングロッド。
野池は小規模だが、足場が高かったり、ヘビーカバーを打っていく(ウェッピング含む)なら7フィートくらいのロングロッド。

スポンサーリンク



【バスロッド長の選び方】オカッパリのロッドの長さは、ポイントまでの距離感で決める。|まとめ

今回は、バスロッドの長さを選ぶときの目安を、僕個人の主観を含めて書いてみた。

■ロッド長を選ぶときの目安まとめ
・魚がいそうなポイントが自分から近いところにあるなら、ロッドは短め。
・自分から遠く離れたポイントに魚がいるなら、ロッドは長め。
・操作性重視ならショートロッド。
・遠投重視ならロングロッド。


【関連記事】

スポンサーリンク



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter