ベイトフィネスロッドの硬さの選び方


スポンサーリンク



スピニングよりも太いラインを使って軽量なルアーを投げることが可能な「ベイトフィネス」。
ベイトフィネスは、「精度と効率の高いキャスト&ライトリグを駆使して立ち回る」という戦略をとることができるため、使いこなすと非常に心強い存在となる。

しかし、ロッドの硬さ選びを間違えると、急激な負荷がきっかけになる”ラインブレイク”や、カバー奥からデカバスを引きずり出すことができない…といったトラブルも生まれてしまう。

ベイトフィネスは現代のスレきった魚に口を使わすことができる強力なウエポンではあるが、使い方を間違えると、本来獲れるはずだった魚を逃してしまうことにも繋がる。
ベイトフィネスタックルを有効に扱うためにも、ベイトフィネスロッドの硬さ選びは慎重に行いたい。

今回は、「ベイトフィネスロッドの硬さの選び方」についてお話していく。

タックルセッティングには個々人の好みがあるので断言することは難しいので、この記事ではあくまで僕個人の意見と、メディアなどでも言われている”一般論”を交えてお話していく。

この記事が、ベイトフィネスロッドの硬さ選びで迷っている人の参考になると幸いだ。

スポンサーリンク



ベイトフィネスロッドの硬さの決め方・選び方

ベイトフィネスロッドの硬さの選び方は諸説あるが、一般的には以下のようなものを目安にして選んでいく。

■ベイトフィネスロッドの硬さの選び方の目安
・ルアー重量が軽ければ、L(ライト)クラス。
・ルアー重量が重ければ、L+(ライトプラス)〜ML(ミディアムライト)。
・シチュエーションで決める。
・フックが太くて大きいなら、それ相応のパワーが必要。
→カバーが薄ければL、濃ければL+〜M。

ベイトフィネスタックルのロッドの硬さを選ぶときは、【ルアー重量、フック軸の太さ、カバーの濃さ】を考慮して選ぶとわかりやすい。

ルアー重量が軽いのであれば、柔らかいロッドの方がキャストしやすく、ルアー重量が重いのであれば、ロッドにそれ相応の硬さがないとストレスを感じやすい。

フック軸とフックサイズ細いのであれば、柔らかいロッドでもしっかりフッキングができ、フック軸・サイズがデカくて太いのなら、フッキングするのにそれ相応のパワーが必要になる。

カバーの濃さでもロッドの硬さ選びの正解は変わってくる。
木々や杭などのカバーが薄くて障害物が少ないフィールドでベイトフィネスを行うなら、ルアー操作の障害となりそうな硬さを選ぶ必要がない。柔らかくても十分釣りになる。

しかし、カバーから引きずりだすファイトが想定される釣り場でベイトフィネスを行うなら、ロッドに硬さがないと魚をカバーから引っ張り出すことができなくなる。

こうしたことから、ベイトフィネスロッドの硬さを決めるのは、バサー個人の環境や好みによって変わってくるのである。

例え一般的なLクラスのベイトフィネス専用ロッドを買ったとしても、濃いカバーから魚を引っ張り出すパワーが必要になる釣りをしなければならないのだとしたら、その”ベイトフィネス専用ロッド”はまるで使い物にならない。

「ルアー重量(用途)、フック軸の太さ・サイズ、環境」によって、ベストなベイトフィネスロッドの硬さは違ってくる。

ルアー重量によって選び方は変わる

ベイトフィネスロッドの硬さは、「使うルアーの重量と、フック軸の太さ、シチュエーション」で決めるのが大まかな目安となる。

軽いルアーほど柔らかいロッドのほうが扱いやすく、重いルアーほど硬くてパワーのあるロッドのほうが扱いやすい。

例えば、使うルアーが5.5インチ以上のストレートワームがメインなら、L+〜ML程度のパワーがあると良い。
使うワームが大きくなるにつれて重量も増していく。総重量が7gを超えるようなら、LではなくL+〜ML、場合によってはMクラスの硬さを選ぶとストレスなく扱うことができる。

逆に、4インチ〜5インチ程度のやや小さめのストレートワームを使うなら、Lパワーを選ぶ。

ルアーはボリューム感とシンカーの重さで総重量が変わる。
重いルアーを扱うなら、やや硬いロッドの方が扱いやすいし、軽いルアーなら柔らかいロッドを使うと扱いやすい。

それと(実はここが大事なポイントなのだが)、多くの場合、使用するルアーの重量が上がっていくに比例して、使うフックサイズ・軸の太さも太くなっていく。
バスの口に確実にフッキングする硬さを選ばないと、フッキングが甘くてファイト中にバレる…といったトラブルが多発するので注意したい。

なぜロッドの硬さ選びでルアー重量に合わせるのが大事なのかは、実は「フック軸の太さに合わせる」と密接した関係があるからだ。

フック軸の太さで決める

フック軸の太さ・フックサイズによっても、ベストなロッドの硬さは変わってくる。

細い軸の小さなフックを使ったワームリグを使うなら、Lパワーのベイトフィネスロッドが良い。細い軸・小さなフックならUL〜Lクラスのスピニングでもしっかりフッキングできるので、ベイトフィネスロッドならLでも十分。

1/0や2/0などの大きいマスバリを使ってネコリグなどのライトリグをやる場合、L+〜ML、Mくらいの硬さがあると確実にフッキングできるので安心。

1/0〜3/0クラスのスナッグレスネコリグをやる場合、番手が上がる分フック軸が太くなるので、フッキングを決めるのにロッドパワーが必要になる。
カバーにスナッグレスネコを絡めたり、杭やアシにヘビダンを投げて行くなら、L+〜ML程度のパワーを選ぶと安心。

もしカバーが濃いのであれば、一般的なミディアムクラスのベイトロッドを選ぶのも良い。
しかし、そういったロッドはティップに繊細さが欠ける傾向があるので、出来たら「パワーベイトフィネス、カバーベイトフィネス」などと呼ばれるロッドを選ぶのがおすすめ。

シチュエーションによっても、硬さの選び方が変わる

自分が通うフィールドや、釣りをするシチュエーション・環境によってもベイトフィネスロッドの硬さの選び方は変わってくる。

例えば、写真のような何もないオープンなエリアでベイトフィネスを楽しみたい場合は、デカい魚が掛かったとしても強引なファイトをしなくてもいいことが予想される。
そのため、ロッド自体にパワーはなくても良い。

オープンで障害物がない(バスに潜られる危険度が低い)シチュエーションなら、バスをカバーから強引に引きずりだすパワーが備わっていなくてもいい。

逆に、ウッドカバーや冠水植物、フローティングカバー、崩落跡などの障害物の中に打って行く場合、魚との強引なファイトを行う必要あるので、ロッドにパワーが欲しくなる。

バスをこちらに引き寄せるまでに障害物がある場合、バスに潜られてしまう危険性も出てくる。

そういったトラブルを回避するためにも、ロッドパワーは最低でもL+、理想はソリッドティップを搭載したヘビーベイトフィネス …くらいのパワーがあると安心。

手持ちにベイトフィネスロッドがない場合、一般的なミディアムパワーのロッドでも代用が可能。
しかし、バーサタイル性の高いMパワーのロッドは穂先の繊細さに欠けるアイテムも多く、操作性が犠牲になりやすい。

最近では、やや濃い目のカバーにライトリグを投げるためのヘビーベイトフィネスロッドも出てきた。
安心してカバーベイトフィネス を行いたいなら、そういった専用ロッドを使うのが安心できる。

【関連記事】カバーでベイトフィネスを行うのに特化されたロッドについて書いた記事↓

スポンサーリンク



ベイトフィネスロッドの硬さの選び方|まとめ

今回は、ベイトフィネスロッドの硬さの選び方について書いてみた。

■ベイトフィネスロッドの硬さの選び方の目安
・ルアー重量が軽ければ、L(ライト)クラス。
・ルアー重量が重ければ、L+(ライトプラス)〜ML(ミディアムライト)。
・フックが太くて大きいなら、それ相応のパワーが必要。
・環境(カバーの濃さ、シチュエーション)で決める。
→カバーが薄ければL、濃ければL+〜M…など。

「ベイトフィネス=カバーをライトリグで攻める」と考えがちだが、全てのベイトフィネスロッドがそういった用途で作られているわけでもないので、買うときには注意したい。

「ベイトフィネスロッド買ったけど、カバーからデカい魚を引きずりだすパワーが全然ない…」なんてことにならないように、「カバーベイトフィネスならL+〜ML。杭やアシ打ちなどのライトカバーはL」など、用途や目的を明確にしておくと、良い買い物ができるだろう。


【関連記事】こちらもチェックしてみませんか?

スポンサーリンク



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter