オカッパリにベイトフィネスは必要なのか?メリット・デメリットについて。


スポンサーリンク


今回は、「オカッパリでベイトフィネスを使う必要性はあるのか?」について、主にオカッパリをしたときに感じるメリット・デメリットを、僕個人の体験や主観を交えながら書いていこうと思う。

ベイトフィネスは、効率だけを求めるスタイルとは言い切れない

 一般的に、ベイトフィネスタックルの有用性は「ライトリグを手返しよく、高い精度でキャストできる。更にスピニングタックルより太いラインが使えるから、カバー打ちにも最適で、デカい魚が掛かったときもスピニングより安心」といったもの。

特にボートフィッシングで生きることが多く、スモラバやネコリグなどの”ライトリグ”をピッチングでアシや杭に手返しよく打って、確実にバスを釣り上げなければならないトーナメントシーンにおいて活躍する。

また、ベイトリールのキャスティングは嗜好性が高く、キャストしていて楽しいのがベイトフィネスの面白いところでもある。

キャストの手返しや、バスをキャッチできる確率のアップ、食わせ力など”効率面”が目立ちがちなベイトフィネスタックルだが、嗜好性(趣味性、面白み)の高さも魅力なスタイル。

僕個人としては、「ベイトタックルでライトリグを使えるって、何だかロマンあって面白いよね」と感じていて、キャストだけではなく「ちょっと専門的な道具を使って操作するの、楽しいよね」という遊び感がたまらなく好きだ。

オカッパリでベイトフィネスタックルを使うことについての是非に関しては、必ずしも「効率の良さがうんぬん」だけで語りきれない。だって、釣りは趣味であり”遊び”なのだから。

スポンサーリンク



オカッパリにベイトフィネスは必要なのか?メリット・デメリットについて。

嗜好性が高く、使っていて面白いベイトフィネスタックル。

では、オカッパリでベイトフィネスを使うメリットやデメリットは、どんなものがあるのだろうか?

■オカッパリでベイトフィネスを使うメリット
・キャスト精度を上げやすい。
・キャストに嗜好性がある。
・ハイプレッシャー下でも一定の釣果を得やすい。
・安心感
■オカッパリでベイトフィネスを使うデメリット
・超軽量ルアーは苦手。
・汎用性がやや低い(専門性が高い)。
・タックル数が増える。

ベイトフィネスをオカッパリで使うメリット

冒頭で先述したが、ベイトフィネスタックルをオカッパリのバス釣りに使うメリットは、以下のようなものだと僕は考える。

■オカッパリでベイトフィネスを使うメリット
・キャスト精度を上げやすい。
・キャストに嗜好性がある。
・ハイプレッシャー下でも一定の釣果を得やすい。
・安心感

キャスト精度が高い

ベイトタックルとスピニングタックル両方を使っている人ならわかると思うが、スピニングタックルよりもベイトタックルの方がキャストの精度を出しやすい傾向がある。

これは個人のキャスト技術によって差が出る部分ではあるが、僕のような素人の一般アングラーは、スピニングよりもベイトタックルの方がキャスト精度を出しやすいと感じている。

スピニングはサミングの感覚やキャスト距離、ロッドの振り方などがベイトタックルよりもややシビアで、キャスト精度を一定に保つのが(少なくとも僕にとっては)難しい印象がある。

「いやいや、私はスピニングでも超精度の高いキャストを連発できる技術があるから関係ないよ」という人なら問題にならない部分だが、サミングしやすいベイトリールを使った”ベイトフィネス”の釣りは、キャスト精度を上げやすいのがメリットであると、僕は思う。

キャストに嗜好性(面白み)がある

これは個人の感性や嗜好性・好みによって違いがある点だが、ベイトリールを使った”ベイトフィネスの釣り”は、キャストに「面白み」がある。

スピニングリールは着水時にバックラッシュしないし、サミングだってしなくて良い。
しかしベイトフィネスリールは、スプールのレスポンスがめちゃくちゃ良いので、サミング
技術が高くないと快適に扱うことができない。

スキッピングをしようとしても、その快適度はスピニングリールより遥かに劣るのがベイトフィネスリール。

特に、キャストの状況が変化しやすいオカッパリの釣りでは、様々なキャストテクニックを使わなければなないことも多く、ベイトフィネスタックルのキャストの難しさは「ある意味、人を選ぶ釣り」とも言える。

「だったら、オカッパリでベイトフィネスタックルを使うメリットなんて無くね?」と思われるかもしれないが、ベイトリールには「モノを操る操作感」といった、嗜好性の高い要素が詰まっている。

スピニングがバックラッシュしにくくトラブルも起こしにくい「オートマ車」だとすると、気を緩めると簡単にバックラッシュしてしまうベイトフィネスリールは、さながら「マニュアル車」…といったところだろうか。

スピニングタックルでもキャスト精度をあげるためには繊細なサミングが必要になるが、「トラブルしやすさ」という点においては、ベイトフィネスリールはスピニングより遥かに劣る(大切なことなので2回言いました)。

しかし、ソレが良いのだ。「じゃじゃ馬なヤツをいかに使いこなすか?」感が最高。

■個人の技術が高くないと使いこなせない、まるでF1カーを操作しているような感覚。
■テンポよく、超ピンポイントにシュパっとライトリグを投げ込み、ベイトタックルの力強いアワセをバシっと決める…という一連の流れ。

オカッパリでもレンタルボートでも、ベイトフィネスタックルの釣りは「操作感、キャスト感、特別感、専門性の高さ」が面白い。

「オカッパリにベイトフィネスはタックル数が増えるし、ボートみたいに効率よく一定のキャストを連続して決めていくシーンがないから不要」とも考えられるのだが、ベイトフィネスにはベイトフィネスにしかない”面白み”もたくさん詰まっている。

ベイトフィネスタックルを使うメリットは、必ずしも効率を求めることだけではなかったり、釣果に直結している部分だけではない。
ベイトリールを使ったキャストの嗜好性の高さは、オカッパリだろうがレンタルボートだろうが、アングラーを楽しませてくれるという意味では素晴らしいメリットである、と僕は感じている。

ハイプレッシャー下でも一定の釣果を得やすい。

ベイトフィネスタックルは、スピニングよりもやや太いラインを使ってライトリグをキャストできる。

そのため、人気フィールドなどハイプレッシャーな場所でも一定の釣果を望める。

一般的なミディアム〜ミディアムヘビーのバーサタイルなベイトタックル1本で釣りをするときよりも食わせ能力が高いこともあり、”そのポイントにバスが居れば”比較的イージーに口を使わすことができる。

それはスピニングタックルにも言えることだが、スピニングタックルで攻めきれないようなややヘビーなカバーにもライトリグを投げ込めるので、より釣果アップに繋がる。

カバーを攻めたときの安心感がある

「ヘビータックルを使うほどじゃないけど、スピニングタックルじゃ魚を掛けても取れない」といった『中途半端な濃さのカバー』を狙えるのは、ベイトフィネスタックルのメリットである。

フロロ5ポンド前後を巻いたスピニングタックルでは、攻めるのにやや心許無い。
しかし、フロロ10ポンド前後のラインを巻いたベイトフィネスタックルなら、やや濃いカバーくらいなら安心して打てる。

ロッドパワーにもよるが、ベイトフィネスタックルを使うことで、40cmを超えるようなデカバスを掛けたときの安心感を得られる。

【関連記事】

最近では、ヘビータックルを出すまでではないけど、ベイトフィネスじゃ頼りないと感じる濃さのカバーへ投げ込めるロッドも出てきた。

「ソリッドティップを搭載したベイトフィネスのヘビーロッド」といった、一風変わったセッティングのロッドだが、こういうロッドを使うと、カバーを攻めたときにより安心感を感じられる。

↓こういったロッドはオカッパリでもバーサタイルに使えたりするので、個人的におすすめ。

ベイトフィネスをオカッパリで使うデメリット

ベイトフィネスをオカッパリで行うメリットは多いが、ではデメリットはどういったものがあるのだろうか?
ベイトフィネスをオカッパリで使うデメリットは、以下のようなものだと僕は考える。

■オカッパリでベイトフィネスを使うデメリット
・超軽量ルアーの扱いは苦手。
・汎用性がやや低い(専門性が高い)。
・タックル数が増える。

超軽量ルアーは苦手

ベイトフィネスタックルは軽量ルアーを投げやすいのが特徴だが、超軽量な虫や2~3インチワームを使ったノーシンカーリグ、ジグヘッドを使ったミドストなどが不得意(スティーズエアーを除く)。

3gを切るような超軽量ルアーの扱いは、極細のPEラインを使ったり、ラインポンド数を落としてブレーキも緩めることで投げられるようにはなるが、その分バックラッシュなどのトラブルを起こすリスクも増える。

特に向かい風を受けることも多いオカッパリでは、超軽量ルアーをキャストするためのセッティングはめちゃくちゃピーキーで、よほどサミング技術に自信がないとまともに行えない。

虫ルアーや、3インチ前後のワームのノーシンカーなど、UL(ウルトラライト)のスピニングタックルで扱うようなルアーは、ベイトフィネスタックルが苦手とする領域だ。

汎用性がやや低い

ベイトフィネスタックルは、オカッパリで使うことの多い10〜20g程度のルアーに対する使い心地が悪いのがデメリット。

ベイトフィネスロッドを使った際、ハードルアーの使い心地が良いのは3/8ozくらいまでで、1/2オンス程度のルアーになってくると使うのにストレスを感じる。

投げること自体は可能だったとしても、1/2オンスを超えるようなルアーに載っているフック軸は太いことも多く、ベイトフィネスロッドで使われるL(ライト)パワーでは、魚の口にしっかりフッキングすることができない。

個人的に、ベイトフィネスロッドで使えるのルアーの上限は、1/4〜3/8オンスのスピナーベイトくらいまでだと感じる。

もし汎用性の高さを求めるのであれば、ML~Mクラスのロッド(例えばダイワの「ファイアウルフ」「ウェアウルフ」や、シマノの「スコーピオン1631」「ワールドシャウラ1651」など)に、フロロ12ポンド前後を載せたベイトフィネスリールを組み合わせると、もうちょいバーサタイルに立ち回れる。

ただ、個人的には3.5gくらいのスモラバや、4〜5インチくらいのネコリグなどを快適に扱うならバーサタイルなミディアムロッドよりも、よりライトリグの扱いに特化されているベイトフィネスロッドを使うのが良いと思っている。

ベイトフィネスタックルで使いやすいルアー重量は、やはりベイトフィネス専用ロッドで扱うのがストレスが少ない。

5〜9gくらいまではベイトフィネスタックル、10〜20gくらいまではミディアムクラスのベイトタックル…といったように、ベイトフィネスの苦手な領域を他のタックルで補えるような構成でタックルを組めば、よりオカッパリの釣りを楽しめるだろう。

タックル本数が増え、釣りの幅が狭まりがち

やや専門性が高く、それでいて汎用性が低いベイトフィネスタックル。
こういう特殊なタックルを持ち運ぶと、そのぶん荷物も増え、持ち歩けるタックル本数も犠牲にしなければならない。

オカッパリで選ばれるバス釣りタックルは、M~MHクラスのバーサタイルなロッド1本と、そのタックルでできない釣りを補うスピニングタックルの計2本を選ぶ人が多い。

オカッパリでは持ち歩けるタックル本数に限りがあるため、やや専門性の高いベイトフィネスタックルを手持ちに加えてしまうと、そのぶん他のルアーの使い心地を犠牲にする必要がある。

スピニングの代わりにベイトフィネスを手持ちに加えると、虫系ルアーやノーシンカーリグなど、超軽量ルアーが使えなくなり、逆に、M~MHクラスのベイトタックルの代わりにベイトフィネスを加えると、今度は10〜20g程度の巻物ルアーや底物ルアーが使えなくなる…といった現象が起こるのは、ベイトフィネスを導入するデメリットと言える。

ベイトフィネスタックルは、「スピニングタックルと、ベイトタックルの隙間を埋める存在」とも言えるスタイル。
なので、ベイトフィネス専用タックルを手持ちに加えると、そのぶん釣りの幅が狭まることもある。

また、最近ではベイトフィネスで扱うような「5〜10g程度のルアー」を扱うのも想定されているバーサタイル度の高いM~MHクラスのロッドも発売されているので、オカッパリでベイトフィネス専用のタックルを手持ちに加えるのは、「荷物が増える」という意味ではデメリットになり得る。

スポンサーリンク



オカッパリにベイトフィネスは必要なのか?メリット・デメリットについて。|まとめ

今回は、「オカッパリでベイトフィネスを使う必要性。メリット・デメリット」について書いてみた。

■オカッパリでベイトフィネスを使うメリット
・キャスト精度を上げやすい。
・キャストに嗜好性がある。
・ハイプレッシャー下でも一定の釣果を得やすい。
・やや濃いカバーでも、安心感がある。
■オカッパリでベイトフィネスを使うデメリット
・超軽量ルアーは苦手(虫、3インチワームのノーシンカーリグなど)。
・汎用性がやや低い(専門性が高い)。
・タックル数が増える。

ベイトフィネスは、スピニングタックルでアプローチするのを躊躇してしまうようなカバーにライトリグを投げ込むことができたり、ベイトタックルのキャスト感を楽しむことができる魅力的な釣りスタイル。

汎用性の低さもあったり、キャストに慣れるまではバックラッシュなどトラブルも起こしやすいといったデメリットもあるが、それを踏まえた上で取り組んでみると、マニュアル車感があってめちゃくちゃ面白い遊び方だ。

「効率、釣果、損得」だけが全てじゃない、オカッパリのベイトフィネスの釣り。

ベイトフィネスには、シャッドやスモールクランクなどの小型ハードルアーや、ライトリグをビシっと投げ込める面白さもあるので、もし興味がある人はベイトフィネスタックルを導入してみてはいかがだろうか。


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

スポンサーリンク



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter