【インプレ】1本で全てのルアーを投げられる!?シマノ ワールドシャウラ 1652R-2がヤバい。

スポンサーリンク


霞ヶ浦や野池の釣りでバーサタイルに使えるロッドを探していたときに出会った、シマノ「ワールドシャウラ 1652R-2(赤シャウラ)」

オカッパリ・ボートともに10g~56gくらいまでのルアーを一通り投げられるため、非常に重宝している。オカッパリで使うルアーなら、ほぼ全てのものをコレ1本で扱えてしまう。

監修者の村田基氏いわく「ワールドシャウラの中でめちゃくちゃ売れるロッドは1652R」とのことらしく、実際に使ってみると、なるほど納得の使用感だと感じた。

今回は、ワールドシャウラの中でも人気モデルである「1652R-2」をインプレしていこうと思う。

ちなみに、この記事で紹介しているのは過去に販売されていた「赤シャウラ」。
現在発売されている「スーパーレッドシャウラ」とは共通していない部分もあるかと思うが、この記事がワールドシャウラ1652R-2購入の検討材料になると嬉しい。

スポンサーリンク



【インプレ】1本で全てのルアーを投げられる!?シマノ ワールドシャウラ 1652R-2がヤバい。

●ファーストインプレッション

まず大まかに言うと、実際に使ってみた印象は以下のような感じ。

◾️シマノ「ワールドシャウラ1652R-2」のココが良い!
1:汎用性が高い。
2:携行性が高い。
3:ブランド感。
◾️シマノ「ワールドシャウラ1652R-2」のココが残念;
1:専門性に欠ける。
2:価格が高い。
3:キャスト感。

10g〜2oz程度のルアーならどんなものでも投げることが可能なため、非常に使い回しのきくロッドだと感じた。
ワンアンドハーフなので持ち運びもしやすく、それでいて高級ブランド品を所有しているときに感じるような優越感・所有感も満たされる。

しかし、バーサタイルが故に、何かのルアー操作に特化された印象はないため専門性が薄く感じる。また、シマノのフラッグシップモデルなので価格も非常に高いのも気になる点である。

それと、個人的にはブランクスの張りが強く感じ、スイングスピードを速くしなければキャスト精度が上がらなかった。僕は中弾性前後のしなやかで弾力のある厚巻きカーボンが好きな釣り人なので、この点に関しては完全に僕個人の好みなので参考にならないかもしれない。

残念な点として挙げた要素に関しては、購入前からある程度覚悟していたため、それほどデメリットとは感じなかった。

個人的には、上記したデメリットよりも、鬼のようなバーサタイル性とハイパワーなブランクス、携帯性の良さや所有感といったメリット面の方を強く感じられる名作ロッドだといった印象である。

◾️スーパーレッド(現行モデル)1652R-2はコチラからチェックできます↓

シマノ(SHIMANO) ロッド バス ソルト対応 ワールドシャウラ 1652R-3 マルチパーパススタンダードスペシャル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

アマゾンでチェックしてみる

楽天市場の最安値「釣人館ますだ」でチェックしてみる

ワールドシャウラ1652R-2のココが良い!

ここからは、前述した「ワールドシャウラ1652R-2のココが良い!」と感じた項目について、もう少し詳しく書いていく。

◾️シマノ「ワールドシャウラ1652R-2」のココが良い!
1:汎用性が高い。
2:携行性が高い。
3:ブランド感。

メリット1:汎用性高い

ワールドシャウラ1652R-2は、大体10g〜2oz弱くらいまでのルアーを投げれるため、非常に汎用性が高いロッドだ。

ワールドシャウラの1652Rといえば、ワーシャシリーズの中で最も販売数が伸びている番手であるが、なぜここまで1モデルに人気が偏っているのかも、実際に使ってみたことで理解できた。

僕はこのロッドを霞ヶ浦や野池のオカッパリや、房総リザーバー(亀山ダムなど)や神奈川県のリザーバー(相模湖)などのレンタルボートの釣りで使っていたが、どちらの釣りにも幅広く対応してくれるため、1本持っておくと非常に便利なロッドだと感じた。

●オカッパリでの使用感

カスミや野池のオカッパリでは、10g前後のハードルアー(クランクベイトやバイブレーションなど)から、適合ルアー上限を遥かに超える2oz弱のビッグベイトなど使用した。
または7g〜10g程度のジグ・ワーミングにも問題なく対応するため、オカッパリでバーサタイルに使えるロッドだと感じた(ルアーの使用感に関しては後述)。

レングスも6.5フィート程度なので取り回しがよく、ちょっとした遠投から近距離の打ち物まで幅広く対応する。どんなシーンでも不足を感じさせない器用さがある。

一般的な6.5フィートロッドだと、トップやジャークベイト(ミノー)などのロッドワークを多用するタイプのルアーの使い心地が良くないことも多いが、1652Rは自重が軽いため、操作系ルアーのストレスはそれほど感じない。

巻物や打ち物、ロッドワークを多用するルアーまで対応してくれるロッドのため、オカッパリでも使いやすく感じた。

●レンタルボートでの使用感

レンタルボートの釣りでも、汎用性の高さは重宝する。

例えば、状況がわからない初めて行くようなフィールドで釣りをするときも、「とりあえずの1本」として積んでおけば、どんなシーンでも対応してくれる心強い味方となってくれる。

6.5フィートなのでカバーの奥の奥を打つような釣りにはストロークが短いと感じるが、特殊なカバー打ち以外の釣りでは”便利な1本”として使うことができた。

1/2~1oz程度のスピナーベイト、1/2~1ozのハードルアー(羽根モノやデカいプラグなど)、5g~10gシンカーをセットしたテキサスリグ、5g~10g程度のラバージグ…などなど、ボートで使う頻度が多いルアーを一通り問題なく扱うことができる。

レンタルボートに1本積んでおけば汎用性の高い「とりあえずの何でもロッド」として活用できるのが便利だと感じた。

1652R-2でどんなルアーが扱える?

このロッドの適正ルアーウエイトは「7〜28g」と表記されているが、それ以下のルアーも、それ以上のルアーも使用することが可能
28gの上限を大幅に超えるような2オンス級のビッグベイトまで扱えてしまうので、その汎用性の高さに驚かされた。

●ライトリグもそこそここなす(リール次第)

ただ、7g以下のルアーを投げるときはキャストの際にロッド自体がしならなくなるので、オーバーヘッドキャストではさすがに「快適な使用感」とまではいかなくなる。

ライトリグ・ワーミングの使用に関しては、以下のようなものなら結構使える。

・3.5gスモラバ+トレーラー
・3〜7gのヘビダン
・5インチ前後のワームを使用したネコリグ
・7g程度のワームを使用したノーシンカー

こんな感じで、扱うルアーの総重量が大体7〜10g程度のフィネスリグなら、リール次第ではあるがしっかりと扱うことができた。

霞ヶ浦などのハイプレッシャーフィールドで1652Rを使ってバーサタイルな釣りをするなら、こういったフィネスルアーを投げるようなセッティングをしていきたい。

例えば、シャロースプールを載せたベイトリールなどを載せておけば、5gちょいのルアーから1oz程度のハードルアーまで幅広い釣りが可能になる。ワールドシャウラ1652Rにベイトフィネスリールを載せると、ライト系バーサタイルな釣りが楽しめるようになる。

以下の記事にベイトフィネスリールをまとめたので、よかったら参考にしてみてほしい。

●パワー系ベイトフィネスに

リールのスペック次第では5g〜10g程度のライトリグまで器用にこなすロッドに早変わりするワールドシャウラ1652Rだが、「世界中の魚が対象!夢を掴むドリームルアーロッド」というコンセプト上、ライトリグで大切になる穂先(ティップ)の繊細さが薄いのが気になる部分。

2.8~5gシンカーのダウンショットなど、ベイトフィネス専用ロッドで扱うタイプのルアーの操作感はよくない。が、それより少し強い「パワーベイトフィネス」な釣りをするなら問題なく使える。

1652Rを使用したカバーベイトフィネス的な使い方ができるのも、このロッドの強みだと感じる。少々濃いカバーの奥からでも、40cmオーバー程度ならブチ抜くことも可能なパワーがあった(※抜き上げは自己責任で)。

–おかっぱりのときに、1.8〜3gくらいのネイルシンカーを使用した5インチワームのネコリグを、カバーに真上から入れ込んで、ロングシェイクで誘う–

…みたいな”吊るし”の釣りにもおすすめできる。

10g~28gが気持ち良く扱える

ワールドシャウラ1652Rは、ベイトフィネス的な使い方以外では大体10g〜1ozくらいのハードルアーを使うに適している。

例えば以下のようなルアーが扱いやすい。

・3/8〜1ozオンスのスピナーベイト、チャターベイト、バスベイト
・10g〜18gのクランクベイトやバイブレーション、ミノーなど
・1oz前後の大型ハードルアー
●3/8~1ozのシングルフック系ルアー

3/8〜1ozのシングルフック系ルアーの使い心地がよく、フッキングもしっかり決まる。体感的には1/2~5/8oz程度のスピナベやチャターの使い心地がベストだと感じた。このくらいルアーウエイトがあれば、キャスティングもしやすい。3/8oz程度のスピナベだと、ブランクスの張りが強すぎると感じてやや投げにくさを感じる。

●クランクベイト

10g前後のクランクベイトに関しては、やや投げ辛さを感じつつ、バイトも弾かれやすい印象もあった。キャスト自体は可能ではあるが、”ノリの良さ”は正直微妙。もし10g前後のクランクをメインに扱うなら1651の方がおすすめ。

エバーグリーンのゼルクだったり、ノリーズのショットオメガビッグ、ラッキークラフトのRTO.1.5くらいの中型クランクであれば気持ち良く扱うことができる。個人的にはやはりレアリスクランクかゼルクか…ちょっと重めのクランクを投げるのがお気に入り。

フルサイズのクランクでガンガン攻めていく〜みたいなスタイルでも楽しめるロッドだなと感じる。…が、ノリの良さに関してはグラスコンポジットロッドやピュアグラスロッドには劣る。1652Rはちょっと張りが強いように思う。

7g前後の小型クランクベイトは、投げることはできるが、弾かれるリスクも高くなる。小型クランクのキャストフィールは不快である。

●1oz前後の大きいハードルアー

1ozくらいの大きいハードルアーの使い心地は素晴らしく、キャスト感・ノリ共に”ベスト”だとも感じる。ワールドシャウラ1652Rは、他メーカーのM+~MHクラスのロッドで扱うようなルアーを気持ちよく扱えるような印象。ポイズンアドレナ「1611M+」のパワー感と同じような感じ…?

一応2オンス級のビッグベイトも余裕でキャストできるが、適合ルアーウエイト範囲外で折れると修理保証の対象外になるので、使用に関しては自己責任で…。

●ベストは20g前後

20gから上の重量帯になってくると、ワールドシャウラらしい「タフネス・ハイパワー・高トルク」といったエネルギッシュ溢れる使用感を堪能できる。

・20g前後のシーバス系ミノー

・5/8〜3/4オンスのスピナーベイト

・2〜4mダイバーのクランクベイト

・5〜7gシンカーとバルキーワームを使用したテキサスリグ

・1/2オンスにトレーラーをセットしたバズベイト

・1オンスくらいのビッグクローラー、ビッグプラグ

・2オンスくらいのビッグベイト

…などなど、2オンスまでのルアーなら投げることが可能。

スポンサーリンク



メリット2:携行性

次は「2:携行性が高い」という点について。

ワン&ハーフという構造上、仕舞い寸法が130cmというコンパクトさなので、持ち運びに便利
オカッパリで徒歩や電車、自転車移動をするときにもワン&ハーフという構造がメリットとして働き、1ピースロッドにありがちだった運搬時の不快感を払拭してくれる。
また、遠征や旅行等でロッドを配送したいときや、飛行機に乗る際にも「仕舞い寸法130cm」の長所を強く感じられた。

今までワンピースロッドを配送するときは高い料金がかかっていたのだが、持ち運びに便利なワールドシャウラを手に入れてからはそういった悩みからは解放された。ワンアンドハーフ構造はめちゃくちゃ便利。

◾️ワンアンドハーフがメリットになるであろうアングラー
・電車釣行が多い。
・自転車で釣り場まで向かう。
・出張が多い。
・実家に帰るときにワンピースロッドも持ち帰りたいけど…邪魔…。
・車にいつでも載せておきたい。

こういった方にはワールドシャウラの携帯性がメリットとして感じられるだろう。

補足:スーパーレッドはセミハードケース
赤シャウラのロッドケースは布だったが、ニューワールドシャウラのロッドケースはツーピースロッドが3本くらいなら入ります。

「遠征するときは、このケースにワーシャとか2ピースロッドをぶち込んでササっと出発!」ってな感じで使いやすい。
ワンアンドハーフ…このシステムは本当に便利。

メリット3:ブランド性

シマノのフラッグシップの証とも言える「3:ブランド性」は、ワールドシャウラを選ぶメットになり得る。

ワールドシャウラというと「シマノのハイエンドロッド、高級ロッド」として有名なシリーズだが、1652R-2を使っていると何とも言えぬ所有感・満足感に満たされる。

・釣り場でも目立つデザイン、カラー、存在感。
・高級ロッドを使用して、大好きなバス釣りを心ゆくまで堪能する。

こういった贅沢な楽しみ方を味わうことができるのは、ハイエンドタックルであるワールドシャウラを使用する醍醐味であると言える。

「レインボーカラーが目立ちすぎて恥ずかしい」という声をよく目にするが、僕的にはこのデザインもワーシャのアイデンティティであると思っている(ちなみにコーディングは擦ればいくらかは落ちる)。

デザイン、高級感、ブランド感を強く感じられるのはワールドシャウラを選ぶ際においてのメリットであると感じた。

◾️スーパーレッド(現行モデル)1652R-2はコチラからチェックできます↓

シマノ(SHIMANO) ロッド バス ソルト対応 ワールドシャウラ 1652R-3 マルチパーパススタンダードスペシャル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

アマゾンでチェックしてみる

楽天市場の最安値「釣人館ますだ」でチェックしてみる

ワールドシャウラ1652Rのデメリット

僕が1652Rを使用していてデメリットとして感じた部分は、以下のようなもの。

◾️ワールドシャウラ1652Rで残念に感じた部分
1:専門性に欠ける。
2:ブランドネームゆえの高価格さ。
3:キャスト感。

バーサタイルロッド全般に言えることでもある「専門性の薄さ」、フラッグシップモデルだからこその高価格、やや張りが強いと感じるブランク特性。

この3点が個人的にはちょっと残念かなと感じた部分。だがこれらは事前に確認済みだったことなので、購入に後悔したわけではない。

デメリット1:専門性に欠ける

まずは「1:専門性に欠ける」について。

ワールドシャウラシリーズはバスフィッシングに特化されて作られたロッドではなく、「多くの魚種に対応したドリームロッド」だ。しかし、バス釣りの”ある部分”に対する適応力・専門性に関しては、やや不満を感じざるを得ない。

ワールドシャウラ1652Rは「何でもルアーロッド」といった感じで、バスだけじゃなくシーバスや根魚、タイラバなどのソルトウォーターの釣りにも対応する。そのため、バスフィッシングの釣りに使われる”ある特定の専門的な釣り”をするにはやや扱いにくさを感じた。

●「〇〇専用ロッド」には劣る

例えばベイトフィネスリグを使ったライトリグの操作性や、カバー打ち、ジャーキングやトップ系ルアーの操作感…などなど、専門ロッドで使うことが多いタイプの釣りをすると不満を感じやすかった。

とくにコレといった魚種に使い方を絞っていないのであれば、とても汎用性の高いロッドであると言える。しかし、バス釣り専門のアングラーにとっては、やや大雑把な印象に感じられるかもしれない。

しかし、「何でもできる」ということは、裏返せば「全てにおいて中途半端」であるとも言い換えられる。
一通りなんでもこなせてしまう器用貧乏な人が、専門家・スペシャリストにはなれないのと同じように、それはワーシャの1652Rにも通づることなのではないかと思う。

補足:1652Rをマリカーで例えるなら
スーパーマリオカートで例えるなら、マリオ(1652R)がキノピオ(ベイトフィネス)にはなれないし、クッパ(ヘビーカバーロッド)にもなれない。しかしマリオは”バーサタイル”なタイプのキャラクターであり、彼の強みは「THE スタンダード!誰にでも扱いやすく、一通りの行動を不足なくこなす」というところである。

・フィネスの釣り、ベイトフィネスの釣りではティップやグリップの繊細さに欠ける。

・7〜12gくらいのルアーだと、MLクラスのルアーよりキャスト感や操作性に欠ける。

・10〜20g前後のルアーを使ったワーミング・底物の釣りでは、ワーミング専用ロッドより感度や操作性に劣る。

・1オンス〜2オンスクラスの重いルアーのキャスト感・使用感は、ヘビーロッドより劣る。

このように、「専門・専用ロッド」には敵わない部分も感じられた。

バスフィッシングなら、同メーカーで例えるならポイズンアルティマシリーズでも使うルアー専用ロッドが出されているので、ワーシャを購入するならこの点をどう捉えるかが問題になるのでは?と考える。

でも「いや、俺は”ワールドシャウラ1652Rで”釣りをしたいんだ。専用ロッドとかいらない。ジムファンだぜ!」という方には、この辺のことはどうでもよかったりするかもしれない(僕です)。

デメリット2:値段が高い

続いて「2:ブランドネームゆえの高価格さ」について。

ワールドシャウラはシマノのハイエンドロッド。そして価格もハイエンドな設定となっているため、人によっては購入のハードルが高く感じるかもしれない(僕もそのうちの一人だ)。

ニューワールドシャウラの1652R-3の値段設定はショップによって違いがあるものの、5万半ば〜6万円くらいのことが多い。この価格帯は釣り竿のものとしてはかなり高級な部類に入る。

高級車やブランド品の衣服に比べれば安く感じられることもあるが、釣竿の中では高価な部類のロッドである。
ただ、この料金をデメリットとして捉えることはできるけれども、逆にメリットとして解釈することもできる。

●魚種別に何本も揃えるより安上がりになることも

例えば、これからエギングやシーバスロッドの購入を検討していたとする(将来的にソルトも淡水両方やる可能性が出てくるとする)。
そんなときに、そこそこの質のロッドが欲しい場合、大手メーカーの中級ロッドとかになると1本あたり2〜3万円くらいの出資が必要になってくる。

魚種ごとにロッドを何本も揃えられるほど経済的に余裕があるならばいいのだが、エギング用に1本、おかっぱりシーバス用に1本、ボートシーバス用に1本、タイラバ用に1本…と、何本も揃えようと思うと多額なお金が必要になってくるのは、正直困り物である。

そんなときの「ワールドシャウラ」という選択肢。

汎用性の高いワールドシャウラ1本あれば、エギングでもシーバスでもトラウトでも何でも応用が利く。
ソルト用に新たに専門ロッドを何本も揃えて多額なお金を使用するなら、ワーシャ1本か2本買っとけば何にでも使える。

…という風に、メリットでもお話した「高い汎用性」を得るための必要コストである、と割り切って考えることもできる。
料金設定は解釈次第でどうとでもなることが多かったりするので、「2:ブランドネームゆえの高価格さ」は、人によってはデメリットに含まれないかもしれない。意味のある価格…とも解釈できる。

デメリット3:キャスト感

最後は、個人的に最もガッカリした点である「3:キャスト感」について。

このインプレは「ニューワールドシャウラ」ではなく「赤シャウラ」の1652Rなので若干キャストフィールが変わると思うが、ここでは僕が実際に購入して使用した「赤シャウラ」のキャストフィールについて書いていきます。

キャスト感の好みには個人差はあるとは思うが、あくまで僕個人としてのキャストフィールの評価は「赤シャウラ1652R<ゾディアス166M」です。ゾディアス166Mの方がややしなやかな印象もあり、どちらかといと僕はゾディアス系のフィーリングの方が好み。

1652Rは思っていたよりも全然硬い(というかシャッキリ、張りがある)ので、購入当初はかなり戸惑っでしまった。ルアーウエイトのベストを見つけることでこの悩みは無くなったものの、ハイエンドモデルにありがちな「超高感度、シャッキリ系の振り抜けの良さ」を1652Rは有していると感じた。

もしオカッパリで3/8oz前後のルアーをメインに扱うなら、1652Rはやや硬すぎると僕は思う。

補足:この点について、監修者である村田基氏に個人的に尋ねた
10g前後のルアーがメインなら1651がいいですよ。それ以上、あるいは硬めのロッドが好きなら1652。スピナベの1/2オンスを使うなら1652ですが、柔らかいロッドが好みなら1651を選んでください。好みで選んでください」
という親切なご返答を頂けた。
1651と1652で悩んでいる人は参考にしてみてほしい。

最強のおかっぱり何でもロッド、シマノ ワールドシャウラ 1652R-2のインプレッション。感想、使用感など。|まとめ

今回は、シマノ「ワールドシャウラ1652R-2」のインプレを書いてみた。

この記事をまとめると、次のような感じ。

◾️ワールドシャウラ1652Rのインプレまとめ
【メリット】
1:汎用性が高い。
→なんでもルアーロッドとしては最高峰。10g~2ozくらいまでイケる。
何でも投げれる、何でも釣れる
2:携行性が高い。
→ワンアンドハーフ超便利!
3:ブランド感。
→所有感に浸れる。
【デメリット】
1:専門性に欠ける。
→ポイズンアルティマ、スティーズ等の専門ロッドと比べると、専門性は低め。
スペシャリストではなく、スタンダードな性格。
2:ブランドネームゆえの高価格さ。
→高いロッドではあるが、他魚種に使えると考えれば逆に安上がりか…?
3:キャスト感。
→やや硬めで張りが強い。7〜10gのルアーしんどい。
赤シャウラのキャスト感はそこらのロッドと大差ない…?
ちょい重めのルアーに適していると感じた。

購入を検討されている方は参考にしてみてほしい。

◾️スーパーレッド(現行モデル)1652R-2はコチラからチェックできます↓

シマノ(SHIMANO) ロッド バス ソルト対応 ワールドシャウラ 1652R-3 マルチパーパススタンダードスペシャル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

アマゾンでチェックしてみる

楽天市場の最安値「釣人館ますだ」でチェックしてみる


【関連記事】よかったらこちらも読んでいきませんか?