【インプレ】汎用性、ヤバすぎ!?シマノ「ワールドシャウラ 2701FF-2」はバス・シーバスに◎

シマノ「ワールドシャウラ2701FF-2」を購入してから1年ちょい経ちました。
「バス釣りだけじゃなく、シーバスやエギングとかエサ釣りにも使いまわせるロッドが欲しい!」という理由で購入してみたのですが、めちゃお気に入りです。

当記事では、シマノ「ワールドシャウラ 2701FF-2」のインプレを書いていきます。

【インプレ】シマノ「ワールドシャウラ2701FF-2」

実際にワールドシャウラ201FFを使用してみた体験談としては、以下のようなものになります。

1:パワーが高い

2:汎用性が高い

3:投げられるルアーが幅広い

4:カーボンモノコックが良い

5:携帯性に優れる

1:パワーが高い(トルクが高い)

(画像:筆者のYouTubeちゃんねるより

ワールドシャウラ2701FF-2は、ブラックバス、シーバス、アジやメバルなどなど、どのような魚とのファイトでも引けを取りません。
ブラックバスなら40〜50cm程度のサイズでも、余裕を持ってファイトできます。
魚の急な潜りにたいしても、美しいベンディングカーブを描きつつバットが残り、トルクフルなファイトを堪能させてくれるロッドです。
そんじょそこらの魚にはまず力負けしない。

曲がりを楽しめつつも、心に余裕を持ちながらファイトを楽しめるんですよね。使っていてとても楽しいロッドです。

また、デカい魚だけでなく、20~30cm程度の小型の魚でもそこそこ曲がってくれるため、魚のサイズとわず楽しめます。
パワー系スピニングロッドにありがちな「魚がちいさいとファイトが面白くない」といデメリットも、あまり感じさせません。シロギスでも楽しいw( ^ω^ )

60〜70cmくらいのシーバスとのファイトも楽しめます。

どのような魚とのファイトでもベリーくらいまでしっかり曲がってくれつつ、バットにはしっかりと余力を残す…というようなイメージでしょうか。
60cmクラスのシーバスなら、まだ余裕がありそうな感じ。

シマノ「ワールドシャウラ2701FF-2」は、アングラー側に安心感を持たせてくれる名作ロッドだと感じています。
使っていて非常に楽しい&面白いロッド!

2:ブランド感

ワールドシャウラはシマノロッドのフラッグシップモデル。
ということもあって、使っているときのみならず、ただ所有しているだけでも満足感を得られます。
デザインもゴージャスな感じなので、所有欲を満たしてくれるんですよねぇ。酒が飲めるぞ。

●バットロゴ付近の深紅なカラーデザイン

●カーボンモノコックグリップ

●レインボーコーティングされたブランクス

所有しているだけでも心を満たしてくれる要素がこれでもかと詰め込まれています。
ワールドシャウラ2701FFは、たんなる「便利に使えるマルチなルアーロッド」だけでは終わりません。
所有感を満たせるという要素は、フラッグシップモデルならではの魅力だといえます。

3:汎用性◎ 投げられるルアーが幅広い

シマノ「ワールドシャウラ2701FF-2」は、投げられるルアーの幅が広いのも魅力。

たとえば、バスフィッシングだと以下のようなルアーを扱えます。

【バスフィッシング】

●虫、パワースピン(パワーフィネス)

●1.8gシンカーのダウンショットリグ、ネコリグなどのフィネスルアー

●3.5g前後のスモラバを使ったカバーフィネス(パワースピン)

●キャロライナリグ

●5g前後のシャッドやスモールクランクなどの小型ハードルアー

●10g前後のハードルアー

PEラインを使用した”ややライトなパワーフィネス”的な使い方や、虫ルアーを使ったちょうちん釣りなどにも使いやすいです。

一般的なML(ミディアムライト)クラスのスピニングタックルでは、虫ルアー、フィネスルアーは軽量なためキャストが難しくなる傾向があります。
しかし、2701FFはティップからベリーまでがしなやかであるため、ムシ系ルアーもピンポイントに投げることが可能でした。
青木虫でもそこそこしっかりキャストできます。

パワーがMLクラスなので、さすがにヘビーカバーへのパワーフィネスには向かないものの、それ以外の用途においてはほぼ万能です。

ソルトルアーにおいての2701FFの使用感

ソルトルアーにおいては、以下のようなルアーも使えました。

【シーバス】

●10g前後のコンパクトなバイブレーション、ミノー、シンペン

●20g前後のミノー、バイブレーション、スピンテール

【ライトソルト】

●2~4g程度のジグ単のアジング・メバリング

●5~15g程度のジグを使ったライトショアジギング

●5号くらいまでのオモリを使用した、ちょい投げのエサ釣り

●海釣り公園でのサビキ釣り(ファミリーフィッシング)

海釣り・ソルトルアーにも使いやすいロッドです。
どのようなものであっても、重さが5g~25gくらいまでのものであれば快適に投げることができるロッドです。

シーバスの釣りにおいては、だいたい~20gくらいまでが快適に使える範囲かなと。
たとえば、アイマ「烈波120」くらいのミノーであれば、気持ちよくキャストできました。

アジング・メバリングは、やや辛めです。
「PEライン×2gジグヘッド」くらいが下限ですね。小型ハードルアーなら、細PEラインを組みあわせれば普通に使えます。

4:感度に優れたカーボンモノコック!

ワールドシャウラ2701FFには、感度伝達にすぐれたカーボンモノコックグリップが採用されています。
そのため、ワーミング・フィネスリグを使った釣りにも対応してくれます。
たとえば、バス釣りならダウンショットやネコリグ、スモラバ、ノーシンカーのズル引きなど、感度が重視されるようなタイプの釣りで効力を発揮します。

また、シーバスの釣りにおいてもカーボンモノコックは利点があるように感じます。
河川など流れがある場所でハードルアーを巻いているときは、バイトが感じられにくくなりがち。
しかし、2701FFはしっかりとバイトを拾ってくれます。

ノリも良いので、トレブルフックを使用したルアーでもバレにくいような印象も。

カーボンモノコックは汚れにめっぽう強い

カーボンモノコックグリップは汚れにも強い…というのもメリットかなと。
僕は手汗をかきやすいのですが、コルクグリップだとすぐに真っ黒にしてしまいがち…。
しかしカーボンモノコックなら、黒く汚すといったデメリットがないんですよね。

実用面・デザイン面どちらにおいても、ワールドシャウラ2701FFのグリップは良い感じでお気に入り!

5:携帯性に優れる

これはワールドシャウラはワンアンドハーフ仕様。いわゆる「2ピース」です。
ということもあり、仕舞い寸法が130cmと持ちはこびに便利です。

自転車・バイク、電車釣行などでも持ちはこびしやすいので助かっています(^ ^)b

また、ワールドシャウラシリーズは仕舞寸法が130cmで統一されているため、飛行機でも移動にも対応してくれます。
帰省先や旅先などでちょろっと釣りしたいときに、ワンアンドハーフが便利なんですよね。

最近はワンピースロッドの送料が高いですが、ワールドシャウラは2ピース(仕舞い寸法130cm)ということで、かなり助かる!

【インプレ】シマノ「ワールドシャウラ 2701FF-2」|まとめ

シマノ「ワールドシャウラ 2701FF-2」についてインプレしてみました。
汎用性があって持ち運びしやすく、それでいてストロングなパワーが魅力的なワールドシャウラ2701FF。
かなり楽しいロッドなので、気になった人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、僕はアマゾンで¥40,000台で購入することができました。ラッキーだった…。

アマゾンはたまに安売りされていたりするので、お得に買うならこまめに価格をチェックしておくのが新品で安く買うコツ(^ ^)

こちらの記事もおすすめです↓