レイドジャパン2021年新製品まとめ&PR動画を見た感想。岡友成氏の疲れた表情が気になる件

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

岡氏、疲れてます?

YouTube動画にて、レイドジャパンから2021年の新製品が発表されました。

みなさまは気になるアイテムありましたでしょうか。

僕は興味を惹かれたモノからそうでないモノまでありましたが、新製品のことよりも岡友成氏の疲れた表情が気になって仕方ありませんでした。

とりあえず、レイドジャパン2021年新製品についての個人的な感想を書いていきます。

レイドジャパン2021年新製品について

まずはレイドジャパンの2021年の新製品をまとめてみます。

※赤文字はワーム素材・ソフト素材・食わせ系ルアー※

●おさかなくん(仮)

●FISH ROLLER(フィッシュローラー)

●FINESTICK(フィネスティック)

●MICRO DODGE(マイクロダッジ)

●HEAD SWIMMER LIBERO(ヘッドスイマー リベロ)

●SWITCHBAIT ANSWER(スイッチベイト アンサー)

●EGU DAMA TYPE-LEBEL HW(エグダマタイプレベル ヘビーウエイト)

●JOINT BAIT-PROTO(ジョイントベイト プロトモデル)

全体的に食わせ系・ソフトベイトのアイテムが目立つような印象です。

目新しさや刺激的なラインナップではなく、安定志向というか、無難にまとめたのかなという感じ…?

コロナ禍の影響で開発が難航した的な理由も関係してそう。

【関連動画】レイドジャパン2021年新製品は以下の動画でチェックできます↓

【関連記事】

レイドジャパン2021年新製品その1:おさかなくん(仮)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

動画のアクションを見ましたが、めちゃくちゃ”弱い”スイムベイトといった印象。

ハドルストン「ハドルトラウト」をベースに開発した新感覚スイムベイトとのことで、個人的にもかなり気になっているアイテムです。

ちなみに、ハドルトラウトはこんな感じデス↓

(画像:バックラッシュ

確かにちょっと似てますね。

話によると、ハドルストンに許可を得てから開発したとのこと。

一般的なパドルテール系スイムベイトは尾っぽをブリブリと振るのに対し、「おさかなくん(仮)」がかなり”無”な感じ。アピール力はかなり弱めに作られてますね。

開発担当(っぽい)江口俊介氏は、「おさかなくん(仮)」について以下のように語っています。

開発のきっかけは昨年の冬、今流行りのホバストについて勉強していた時の事。

ホバストの特長である移動距離の少なさ・滞空時間の長さに衝撃を受け、それに対し冬の低水温により決して高活性だとは思えない魚がライズアップしバイトしてくる姿を目の当たりにし、更なる衝撃を受けました。

シェイクによるアクションでアピールし続けているとは言え、小さなベイトフィッシュ系のワームにこれだけの集魚効果をもたらせられるなら場合によってワームのサイズが大きい方が効果的な事もあるはずでは!?…と思い、様々なワームにホバストのリギングを組み試行錯誤。

すると、なかなか効果的なセッティングもあり面白い結果がありましたが、ワームの大きさもある一定のサイズや重量を超えるとホバストの機構ではワームの身切れが多発して物理的に無理が生じるのと、ひたすらシェイクし続けるアクションが必ずしも有効ではない事に気付き、大きなサイズのホバストは何時しか「滞空時間の長いスイムベイト」に方向性が変化していきました。

引用:ルアーニュース「レイドジャパン開発よもやま話」より

江口氏によると、”ホバスト”をヒントに開発したとのこと。

長い滞空時間、弱い波動で誘う…といった要素は、確かにホバストの釣りっぽい。

これまでの一般的なホバストの釣りにはなかった「デカい、遅い、弱い、目立つ」という要素は、新たな釣りのトビラを開くキーとなるのでしょうか。

【関連動画】「おさかなくん」について金森隆志のコメント↓

●個人的に気になったこと・不安

フックが剥き出し&下向けについているので、根がかりが多いポイントでの使用はちょっと怖いです。

根がかりが多いシャローでは使いにくそうですが、ややオープンなフィールドではマジで良さげ。

欲しいけど品薄ヤバそう感が漂う…。

レイドジャパン2021年新製品その2:FISH ROLLER(フィッシュローラー)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

ここ最近流行ってる「ミドスト」用のワーム。

「誰でも簡単にミドストできる」をコンセプトに開発されたようで、パッと見はフィッシュアロー『フラッシュJスプリット」とか、O.S.P『HPミノー』に似た雰囲気です。

インスタで金森氏がフィッシュローラーを使用し、ビッグバスを大量水揚げしている光景をたびたび目にします。

まぁまぁヤバそうなワーム?

●フィッシュローラーのおすすめセッティング

ちなみに、江口氏がフィッシュローラーのおすすめセッティングをインスタで紹介してくれています。

レイドジャパン2021年新製品その3:FINESTICK(フィネスティック)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

既に発売中の「ファンタスティック」のダウンサイジング版。

ダウンショットやジグヘッドなどに良さげなワームですね。

カバーベイトフィネスリグのトレーラーにすると良さげだと思いました。

O.S.P「ドライブスティック3.5」みたいな感じ?

夏の時期にエバーグリーン「ラストエース75」の使い方をすると良さげかなと。

レイドジャパン2021年新製品その4:MICRO DODGE(マイクロダッジ)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

エラストマー素材が採用された小型トップ系ルアー。

「ダッジ」というネームバリューで売れまくりそうです。

なんとなく飽きられそうな気もするんじゃないかと思っており、個人的にはあまりピンとこなかった。

ディスタイル「レゼルブ」や、メガバス「シグレ」みたいな感じでしょうか。

金森氏はもともとメガバスのプロスタッフでしたから、「実はシグレが好きだったので作ったんですよね」みたいなバックボーンがあったらステキ…などと妄想して楽しみました。

レイドジャパン2021年新製品その5:HEAD SWIMMER LIBERO(ヘッドスイマー リベロ)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

ジグヘッドにブレードが搭載されたルアー。

いわゆる「ブリトロ」の派生版かなと。

ブリトロとは、ラバージグやジグヘッドにブレードを搭載しつつ、シャッドテールワームを組み合わせたリグのことで、一時期ノリーズファンの間で流行ったテクニックです。

→ノリーズ公式「秋はブロトロでビッグフィッシュ!」

野池の小バス狙いにも良さげなルアーといった印象です。

レイドジャパン2021年新製品その6:SWITCHBAIT ANSWER(スイッチベイト アンサー)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

ミノーにプロップが搭載されたウエイクベイト系ルアー。

「メガバスのプロップダーターやんけ」と思ったのが正直なキモチです。

(画像:メガバス公式「プロップダーター80」)

若い世代はプロップダーター知らない人も多いのかも…?

エバーグリーン「ウエイクマジック」、ノリーズ「レイダウンミノーウエイクプロップ」と用途が被りそうですね。

個人的にはプロップダーターが好きなので、「アンサー」は少し気になります。

初速で売れるが、しばらくすればレベルミノーやスクラッチみたいに普通に買えるようになるのではと勝手に予想中。

レイドジャパン2021年新製品その7:EGU DAMA TYPE-LEBEL HW(エグダマタイプレベル ヘビーウエイト)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

エグダマをよりウエイトアップさせた「ヘビーウエイト」。

「えっ、なんで俺のシークレットテクニック公開しちゃうの?」と超焦りました。

カナモの「この釣りを結構やってる人なら、もうピンときてるよね」というコメントに笑ってしまいました。ピンときちゃった。

5~9gのシンカーをセットしたテキサスやライトジグ、リーダーレスダウンショットリグに小型ワーム…という組み合わせは僕の中で絶対的な秘密にしていたのにぃ。

レイドジャパン2021年新製品その8:JOINT BAIT-PROTO(ジョイントベイト プロトモデル)

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

たぶん1ozくらいの大型プラグ。

ノリーズ「ヒラクランクギル 110F」的な感じかなと予想しました。

高速リトリーブにも対応しているようで、使える幅が広そうな大型プラグですね。

デジ巻きやトゥイッチだけでなく、ゴリ巻きして使える大型リップ付きプラグは斬新かも?

【関連記事】

レイドジャパン2021年新製品の発表動画を観て思った感想

レイドジャパンの2021年新製品の発表動画を観て思ったことについて書いていきます。

各ルアーを観覧した以外での感想としては、

●大きな衝撃はなかった

●カナモとオカさんの温度差

上記2点。

コロナ禍で疲れているからなのか、僕の性格がスレすぎているからなのか。

それほど目新しさを感じれなかったというのが正直な感想です。

カナモとオカさんのテンションの違いに吹いた。

正直、衝撃度は低め

レイドジャパン2021年の新製品に関しては、ピンとくる物とそうでない物がありました。

おさかなくん(仮)がビビっとキた感じで、次点でアンサー、プロトの大型プラグ、エグダマHW…といったところです。

個人的には、昨今のバス釣り業界自体が尻すぼみになっていってるような印象も感じ、新たにリリースされる製品に新鮮さを感じなくなってきているんですよね。

すでに出回っているルアーのバージョンアップ版か、アメリカ発のルアーの改良型か…みたいな。

ルアーよりも、ロッドとかリールのほうが気になるのが個人的なキモチ…。

レイドの2021年新製品には、それほど目新しさを感じなかった。

カナモとオカさんの温度差

個人的に気になったのが、カナモとオカさんの温度差。

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

金森氏はめっちゃ軽快にノリノリで喋っていますが…

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

岡氏の眼圧が…消えた?

あまりにも淡々とした口調で喋っているので、カナモとの温度差に笑ってしまった。

「岡氏、疲れてるのかな」って心配になった。余計なお世話でしょうか、すみません。

疲れているなら無理せず休んでもらいたいデス。

あなた方の存在がなければ、僕たちバスアングラーは新製品を使うことができないのだから…。

新製品を出してくれるメーカーさんに感謝しなきゃならんな、とも学びを得ることができた発表動画でした。

まとめ:レイドジャパン2021年の新製品を観て思った感想

画像:レイドジャパン公式YouTubeちゃんねる

メーカーさんはルアーを1つでも多く売らなきゃならないので大変かと思います。

毎年新しいルアーをリリースしてくれることにマジで感謝したい。

いろいろと文句や愚痴を垂れ流してしまいましたが、岡氏の疲れた顔を観ていたら、なんだか申し訳ない気持ちになってしまった。

レイドジャパンさん、ありがとうございます。

【こちらもお役に立つかもしれません】

●2021年の新製品に関する記事はこちら

●おすすめタックルまとめ記事はこちら