【2020年版】霞ヶ浦・野池などのオカッパリでおすすめのベイトフィネスリール15選


今回は、霞ヶ浦や野池などで使いやすいべイトフィネスリールを紹介していく。

ここで紹介しているリールは「オカッパリで使いやすいべイトフィネスリール」という趣旨で選んでいる。

そのため、完全にベイトフィネス特化されたモデルではなく、シャッドや小型クランク程度まで使えるリールを、僕個人の独断と偏見でリストアップしてみた。

おかっぱりでベイトフィネスを投入してみたい人や、ベイトフィネスに興味あるけど予算が…という人などの参考になると幸いだ。

【2020年版】霞ヶ浦・野池などのオカッパリでおすすめのベイトフィネスリール

シマノ「スコーピオンBFS 」

シマノ伝統のスコーピオンブランドから発売された、スコーピオンBFS。

●ブレーキ調整しやすくライトなルアーの投げ心地が良いFTB(フィネスチューンブレーキシステム)

●魚とのファイトを楽しむことができるエキサイティングドラグサウンド

●165gという軽量さ

などなど、たくさんの魅力がつまったベイトフィネス機である。

ギア比が6.3と8.2の2種類がラインナップされているのも特徴。

オカッパリでベイトフィネスタックルを使ったシャッドや小型クランクなどのライトプラッキングを楽しむなら6.3、ライトリグを手返しよく打つスタイルなら8.2…という使い分けもできるのが嬉しいポイント。

自重が165gと軽量だが、近年はアンダー150gのベイトフィネスリールが増えてきたため、自重自体のアドバンテージは低いと言える。

ただ、シャッドなどライトなプラッキングをするときはリールに自重がある程度あったほうが行いやすいこともあるため、自重に関しては個人の好みの部分である。

僕はアルデバランBFSも所有しているが、飛距離や使用感にはさほど違いがなく、スコーピオンBFSはオカッパリでベイトフィネスを行うには申し分ない能力であると感じた。

4インチカットテールのネコリグ、5インチストレートワームを使ったジグヘッドワッキーやノーシンカー、5g前後のシャッドや小型クランクなどなど、オカッパリのベイトフィネスで必要不可欠であるルアーは一通りこなせる。

■スコーピオンBFSはこんな人におすすめ
・コスパの良いベイトフィネスリールが欲しい人。
・オカッパリでベイトフィネスをやってみたい人。
・スコーピオンブランドが好きな人(デザインなど)。
・どちらかというとライトリグよりシャッドなどの巻物の使用頻度が多い人。

シマノ「アルデバランBFS」

シマノのフラッグシップモデルである「アルデバランBFS」。

ライトリグやシャッドなど、軽量なルアーのキャスト感をより向上させたシマノのフラッグシップベイトフィネス機。

●調整がしやすくてスムーズに伸びるキャスト感が魅力のFTBブレーキ

●手返しの良いXGギア(8:1)

●シマノベイトリールの最軽量の自重130g

…などなど、ハイスペックな機能がたくさん詰まったベイトフィネスリール。

スコーピオンBFSの項目でもお話したが、FTBブレーキが調整しやすく、ほとんどブレーキ目盛り4前後で固定で釣りをすることができ、わずらわしい細かなブレーキ調整をせずに済む

ブレーキの安定感も高く、よほどのことがない限り大きなバックラッシュは起こさない。

自重もシマノのベイトリールで最軽量の130gなので、オカッパリの肉体疲労を極力減らしてくれる。

オカッパリのベイトフィネスは遠投したり近距離を打ったりと忙しないが、そういった釣りスタイルにおいてもアルデバランBFSの130gという自重は疲労軽減に大いに貢献してくれる。

ちなみに、ラインキャパが「フロロ8ポンドー45m」となっているが、フロロ12ポンドでも30mくらい巻ける。

なので、ロッドとの組み合わせによっては色んな使い方ができるリールである。

ややハードな打ち物ロッドに乗せて強めのベイトフィネスをするのも面白いし、ML〜Mクラスのロッドと合わせて『巻物からやや強いベイトフィネスまで』といったバーサタイルな釣りをすることも可能。

■アルデバランBFSはこんな人におすすめ
・シマノのフラッグシップ機が欲しい人。
・シマノの最軽量ベイトフィネスリールを使ってみたい人。
・ベイトフィネスリールに軽さを求める人。

【関連記事】それはそれはもうアホみたいにアルデバランBFSを溺愛している様子を書いているインプレ記事は、コチラからチェックできます↓

シマノ「SLX」

●軽量ルアーへのレスポンスが良い32mm径のMGL(マグナムライト)スプール

●リーズナブルな価格

●自重が200gアンダー

と、オカッパリで軽量ルアーを使いやすいリール。

スプール径が32mmとやや小径なので、軽量ルアーを投げやすいのが特徴。

フロロ12ポンド、ナイロン14ポンドあたりを40~50mほど巻いておけば、オカッパリで軽量なルアーをより快適に扱えるだろう。

1万円台で購入できるベイトリールではあるが、その自重なんと190g。

ライバル機種であるダイワの20タトゥーラSVTWも190gかつスプール径32mmではあるが、デザイン面とカラーリング、剛性感の強いハガネボディなどの存在で上手に差別化しているという印象。

オカッパリでベイトフィネスを専門的に行いたいのならおすすめはできない機種だが、もし「オカッパリで巻物もやりたいけど、そこそこ軽いワーミングもやりたい」といった人にはおすすめできるモデルであると言える。

■SLXはこんな人におすすめ
・マットブラック&ブルーのデザイン性が気に入った人。
・やや強めのベイトフィネスをやりたい人。
・パワーベイトフィネス〜1オンスくらいのルアーまで使いたい人。
・軽量ルアーを使ったプラッキング(やや重いシャッドや小型クランク、ミノーやトップなど)をやりたい人。
シマノ(SHIMANO) リール 19 SLX MGL 70
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

シマノ「メタニウムMGL」

●175gという軽い自重

●タフで外からの衝撃に強いマグネシウム一体成型のコアソリッドボディ

●軽量ルアーへのレスポンスもよいマグナムライトスプールIII

…などなど、シマノの最新技術がこれでもかと搭載された最新のミドルクラスベイトリール。

真鍮ドライブギアのおかげで巻き心地が非常になめらかで、巻物ルアーを快適に扱うことができる。

オカッパリのベイトフィネスではシャッドや小型クランク、ミノーなどのハードルアーも同時に使うことが多いため、巻き心地の向上は嬉しいポイント。

別売の”シャロースプール”をつければ、軽量ルアーのキャスト感がアップ!

ライトリグから小型ハードルアーまで幅広く扱えるマシンに変貌するのも見逃せないポイント。

オカッパリのベイトフィネスに使用するには別売のシャロースプールをつけることが前提となってしまうリール。

が、シャロースプールはラインキャパが「ナイロンポンド8ポンド−100m」となっているため、フロロ12〜14ポンド、ナイロン14〜16ポンド程度のラインを巻いておけばオカッパリでベイトフィネスから巻物まで幅広く使えるリールとして活用できるだろう。

■メタニウムMGLはこんな人におすすめ
・シマノの最新技術を体感したい人。
・オカッパリで巻物からワーミングまでバーサタイルに釣りをしたい人。
・「オカッパリだからベイトフィネス特化はちょっと…」と悩んでいる人。
・ベイトフィネスだけじゃなく、ラバージグやテキサスなどの打ち物の釣り、その他の釣りにもリールを使い回ししたい人。
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥34,987 2020/3/9 4:57:29

ダイワ「アルファスCT SV」

●軽量ルアーが投げやすい30mmの小型スプール

●耐久性に優れたフルメタルのコンパクトボディ

●SV(ストレスフリーバーサタイル)スプール

など、オカッパリのベイトフィネスで使いやすい仕様のリール。

超軽量で剛性の高い30mmのG1ジュラルミンスプールが採用されている。

そのため、5インチ前後のワームを使ったネコリグ、ヘビダンやスモラバなど、オカッパリで使われる頻度の高いライトリグを快適に扱うことができる仕様となっている。

ギア比も6.3と7.2の2種類がラインナップされているのも見逃せない。

オカッパリでベイトフィネスタックルを使った小型ハードルアーの釣りをしたい人は6.3、ライトリグを手返しよく打っていきたい人は7.2…といった使い分けができるようになっているのが嬉しい。

ブラックカラーにポイントでオレンジカラーが入っているデザインになっているが、このカラーリングはダイワベイトリールで代々続いている「小型ルアー対応機の象徴」とも言えるデザインである。

純正スプールはラインキャパが「ナイロン14ポンドー30〜60m」となっているので、糸巻き量を少なめにして軽量ルアー の扱いを重視したり、「今日はベイトフィネスじゃなくて普通に巻物とか打ち物やりたい」なんていうときはフルで60m巻いてカッ飛ばす釣りを…みたいに使いまわしできるのもGood。

■アルファスCT SVはこんな人におすすめ
・ベイトフィネスもやりたいけど、他の釣りにも使い回ししたいという人。
・ダイワ伝統のデザイン、『アルファス』という伝統のマシンを堪能したい人。

ダイワ「SSエア」

ダイワのフラッグシップモデルである「スティーズ」のクラッチ感やサイズ感などを元に、超軽量のG1ジュラルミン製AIRスプールが搭載された、ダイワのミドルクラスのベイトフィネスリールが「SS エア」。

発売されてからずいぶん経つが、今でもなお多くのアングラーに愛用され続けている名機。

ブレーキ調整しやすいマグダイヤルと、80mmクランクハンドル、ザイオン素材が贅沢に使用されたスタードラグとノブも魅力的。

キャスト感はややピーキーで、慣れるまではバックラッシュが多く感じた。

が、慣れてしまうとその使用感は極上とも言える代物で、手首を軽く振っただけで5gのライトリグが快適にピッチングできてしまうのは驚きである。

スプールは超軽量のG1ジュラルミンが使用されているが、根がかりを外すようなときにスプールを押さえて引っ張ると破損に繋がる恐れがある。

そのため、オカッパリでベイトフィネス専用機種として扱いたい人にのみおすすめできるレーシングマシンとも言える機種。

■SS エアはこんな人におすすめ
・ダイワの名機(ロングセラー商品)が使いたい人。
・川村光大郎氏のファン。
・オカッパリでベイトフィネス特化した釣りを楽しみたい人。
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥34,543 2020/3/9 5:00:30

ダイワ「20タトゥーラSV TW」

●1万円台というリーズナブルな価格

●アンダー200gという自重

●軽量ルアーが投げやすい32mm径の超々ジュラルミン製SVスプール

などなど、価格と実力が完全に見合っていない、超売れ筋の20タトゥーラSV TW。

190gという使い回ししやすい自重が、オカッパリバサーにとっては嬉しい。

やや細いラインを使ったベイトフィネスの釣りから、太いラインを使ったヘビーな釣りまで幅広くこなせてしまうその器用さは、現代のバーサタイルベイトリールとして文句のないレベルである。

軽量ルアーへのレスポンスが良い32mm径のスプールは、オカッパリでベイトフィネスを楽しみたい人にも向いているスプールサイズ。

小型のシャッドなどのハードプラグから、5g前後のライトリグ、10g前後のハードルアーなど、オカッパリのベイトフィネスタックルに求められる要素を全てクリアしているアイテムである。

一番の驚きは、これらの機能が1万円台というリーズナブルな価格のモデルに詰まっている、ということだ。

■20タトゥーラSV TWはこんな人におすすめ
・オカッパリでバーサタイルに何でもやりたい人。
・ベイトフィネスをやりたいが、特化されたリールはちょっと…という人。
・コスパ重視の人。

ダイワ「ジリオンSV TW」

トラブルの少ないSVスプール、タフネスな作り、豊富なギア比のラインナップ、どんな釣りでも器用にこなせる優等生…それがジリオンSV TW。

ジリオンというと「パワーフィッシング」というイメージを持つ人が多いかもしれないが、このモデルはかなり汎用性が高い作りになっている。

オカッパリで使われることの多い10〜20gくらいのルアーをトラブルレスで扱うことができるのはもちろんのこと、「太い糸を巻いてビッグベイトなどのストロングな釣り」に使用したり、「細い糸をハーフラインまで巻いて軽量ルアーを扱う」といった使い方もできる。

ジリオンsvtwは、バスフィッシングで使用するほとんどのルアーを扱うことができるため、はっきり言って「超万能機種、超優等生」である。

【関連記事】

フロロ8ポンドくらいのラインをスプールのハーフラインまで巻くと軽量ルアーへのレスポンスがアップするが、別売のシャロースプールを載せるとほとんどベイトフィネス機と言っても過言ではないようなリールに変貌する。

もし4〜5インチ程度のワームを使ったネコリグなどを安定・快適にピッチングしたいのなら、別売のシャロースプールを購入することをおすすめする。

■ジリオンSV TWはこんな人におすすめ
・ダイワのミドルクラスの万能機種が欲しい人。
・ベイトフィネスもビッグベイトも1台で全てこなしたい人(替えスプール必須)。
・シャロースプールを買う予算を出せる人。
・ベイトフィネスはほんの少しでいいかな…という人。

ダイワ「スティーズSV TW」

「スティーズ」
この言葉はダイワのフラッグシップモデルのみに許された最上級シリーズの証とも言える。

●スムーズな遠投を可能にするTWS

●ストレス皆無のSVスプール

●剛性の高い高精度マシンカットされたエアメタルボディ

●調整不要のメカニカルブレーキ「ゼロアジャスター」

…などなど、ダイワの最新鋭の技術の結晶がふんだんに詰まった最高級機種。それが「スティーズSV TW」である。

自重が160gなのでベイトフィネス機としても使いやすく、フロロ8ポンド程度をハーフラインまで巻いてベイトフィネスリールとして扱うこともできる。

ただ、純正スプールだとライトリグへのレスポンスはやや微妙なので、別売のシャロースプールを載せることをおすすめする。

シャロースプールにフロロ12ポンド程度を30〜40m巻いておけば、おかっぱりでベイトフィネスをやりながらも、サーチに3/8ozのスピナーベイトやチャターベイトまで扱う…といったバーサタイルな使い方もできる。

そのため、オカッパリのベイトフィネスリールとして非常におすすめできるリールである。

メーカーによると「剛性が高いボディ」とのことだが、誤って地面に軽く落としてしまったら、簡単に傷が入ってしまった。

僕個人としては剛性面はやや不安な点があると思っている。

取り扱いがソフトな人におすすめできるリールでもある。

■スティーズSV TWはこんな人におすすめ
・ダイワのフラッグシップモデルを使いたい人。
・バーサタイルにベイトフィネスから巻物までやりたい人。
・別売のシャロースプールを買える予算のある人。
・道具の取り扱いに慎重になれる人。
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥49,921 2020/3/7 23:02:02

ダイワ「スティーズCT SV TW」

●CT(コンパクト&タフ)コンセプト

●軽量ルアーの使い心地が良い30mmという超小径スプール

●150gの軽量ボディ

などなど、フラッグシップの魅力がたくさんあるスティーズCT SV TW。

150gという軽量なボディと、小径スプールであるにも関わらず、ヘビーカバーの釣りにも対応しているダイワの万能機種。

10〜14ポンドラインを巻いてオカッパリで巻きも打ちも…という使い方はもちろんのこと、PEラインを使ったヘビーカバーの釣りまで対応する器用なリール。

フロロ8〜12ポンドを巻いておけばベイトフィネスリールとしても使うことができるため、オカッパリのベイトフィネスリールとして重宝するリールであると言える。

スプールの口径が30mmと小さいため、ラインに巻癖がつきやすいのがデメリットである。

しかしその分、オカッパリのベイトフィネスで使うことの多いネコリグやスモラバなどの軽量ルアーも快適に投げられるので、「諸刃の刃」とも解釈できるリールである。

スティーズSV TWとの使い分けとしては、軽量なルアーの扱いを重視するならスティーズCT SV TW、オカッパリで万能機種として使いたいならスティーズSV TW…というように区別すると良いと思う。

■スティーズCT SV TWはこんな人におすすめ
・ダイワのフラッグシップモデルが使いたい人。
・オカッパリで使うルアーが軽量のものが多い人。

アブガルシア「ロキサーニBF8」

●タフネスで剛性の高い頑強デュラメタルフレームボディ

●ロキサーニ8・ロキサーニ7とスプール互換がある

●デザイン性の良いカーボンハンドル

などなど、コスパに見合わないハイスペックさが特徴のロキサーニBF8。

アルミニウム製のフレームは耐久性に優れ、それでいて自重が185gという軽さなのがオカッパリの釣りでは嬉しいポイント。

超々ジュラルミン製の33mスプールはロキサーニ8・7とも互換性があるため、使い回しができるのも良い。

ベイトフィネスリールではあるが、ラインキャパが「10ポンドー80m」もあるため、オカッパリでベイトフィネスもやりつつも、巻物やテキサスの打ち物などにも対応できるリールとなっている。

価格的にもリーズナブルで、メーカー希望価格は19,000円。

アマゾンなどでは13,000円前後とお買い得な価格であるため、オカッパリのベイトフィネス入門にもおすすめできるリールと言える。

■ロキサーニBF8はこんな人におすすめ
・人とは違ったべイトフィネスリールを使いたい人。
・加木屋守ファンの人。
・アブガルシアのファン。
・ベイトフィネスもできる、汎用性の高いリールを探している人。

アブガルシア「レボ ディーズ8」

バスプロの青木大介氏がプロデュースしたアブのベイトフィネスリール、「レボ ディーズ8」。
「これ1台でベイトフィネスからビッグベイトまで対応できるようにデザインしました」とは青木氏の言葉。

「14ポンドー100m」というラインキャパだが、付属品のシャロースプールをつけると軽量ルアーの使用感が上がる。
シャロースプールは「8ポンドー100m」というキャパだが、12〜14ポンドを巻いておけばオカッパリでベイトフィネスから巻物まで色々な釣りに対応できる万能機として使用できるようになる。


シャロースプールが別売でなく付属品である点はコスパ的にGOOD。

自重も137gと非常に軽いため、ライトリグなどの操作性が大切になる繊細な釣りにも使いやすい。

ギア比が8:0:1となっているが、巻き取り長が80cmということでオカッパリでも使いやすいギア比であるのもディーズ8の特徴。

ノーマルスプールではヘビーなジグやビッグベイトを。
シャロースプールではフィネスなライトリグを。

これ1台で豊富な使い方ができるので、オカッパリでベイトフィネスをやりたいけど、他の釣りにも使いまわせる器用さがあるリールがいいなぁ…という人にもおすすめできるリールである。

■レボ ディーズ8はこんな人におすすめ
・青木大介氏のファンの人。
・シャロースプールをいちいち購入するのが面倒な人。
・超軽量のリールを使いたい人。
・ブルーカラーが好きな人(デザイン性)。
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥43,799 2020/3/9 5:06:25

アブガルシア「レボ LTX-BF8」

ベーシックなベイトフィネスリールをお探しなら、アブの「レボ LTX-BF8」などいかがだろうか。

レボ史上 最軽量の129g、好みに応じてセッティングを変えられるマグトラックスIIIブレーキシステム、ライトリグの回収に効率的な「ギア比8:0:1」など、ベイトフィネス機として使いやすい要素が詰まっているモデル。

日本のトップトーナメンターである青木大介氏や小森嗣彦氏が使用していることでも有名なリールで、アブリールの中でもオーソドックスなベイトフィネスリールであると言える。

自重が129gと超軽量なのが特徴で、手首に負担がかかりやすいベイトフィネスの釣りの疲労を軽減してくれるのが嬉しい。

内部のブレーキ調整をユーザー自身でカスタムできるため、より細かいセッティングができるのが良い。

5g前後のライトリグの扱いはもちろん、小型のシャッドやクランクなどにも使えるため、オカッパリでベイトフィネスの釣りを極めたいと思っているならおすすめできるリールである。

■レボ LTX-BF8はこんな人におすすめ
・オカッパリでベイトフィネスをしっかり学びたい人。
・オーソドックスなベイトフィネスリールが欲しい人。
・ベイトフィネス専用タックルを持ち歩きたい人。

アブガルシア「レボ ALC-BF7」

内部のマグネット数を自在に調整できるマグトラックスIIIブレーキシステム、剛性の高いアルミフレーム、ソルト対応なのが魅力のレボ ALC-BF7。

3g以下の軽量ルアーを扱うときの専用セッティングから、7g以上のベイトフィネスで扱うにはやや重めのルアー対応のセッティングまで、ユーザーの使用用途によって好きにカスタムできる「マグトラックスIIIブレーキ」。

オカッパリのベイトフィネスリールには、5g前後のライトリグから10g前後のハードルアーなど幅広い対応が求められることも多く、そういったシーンではブレーキの設定忘れが原因で、バックラッシュなどのトラブルのリスクも増えてくる。

自分なりのベストなブレーキ設定をカスタマイズしていくことで、自分だけのオリジナルセッティングを見つけ出し、より快適にオカッパリのベイトフィネスの釣りを行うことができるのは、マグトラックスIIIブレーキの大きなアドバンテージと言えるだろう。

先述した「レボ LTX-BF8」もオーソドックスなベイトフィネス機だが、ALC-BF7もアブガルシアのラインナップの中ではベイトフィネスの王道的なポジションにあるリールである。

■レボ ALC-BF7はこんな人におすすめ
・アブの王道のベイトフィネスリールを使いたい人。
・ソルトのベイトフィネスも楽しみたい人。
・オリジナルのブレーキ設定のカスタマイズを楽しみたい人。

ピシファン「SAEX ELITE」

バックラッシュしにくく安定感に優れた遠心・マグのデュアルブレーキシステム、剛性感に優れた漆黒のアルミボティ、167gという自重が魅力のピシファン「SAEX ELITE」.

自重が167g、剛性の高いアルミボディ、手返しに優れたギア比7.3:1…などなど、ここまでは一般的なベイトフィネス機としてありがちな特徴。

ピシファン「SAEX ELITE」が最も優れているのはスペック面ではなく、その『圧倒的なコストパフォーマンス』にある。

ネット通販サイト「アマゾン」では、なんと10,000円アンダーの9,000円台という破格。
別売のシャロースプールも安く、セット購入すると12,000円弱で購入できてしまう。

「まぁそれだけ安かったら性能もそこそこなんでしょ?」と思われる人も多いかもしれないが、シャロースプールを載せた本機の性能は、僕個人としてはぶっちゃけシマノやダイワなどのミドルクラスのベイトフィネスリールと遜色ないレベルであると感じる。

サイドブレーキやメカニカルブレーキ周辺の作り込みが安っぽいのは価格相応であると感じるが、ベイトフィネス機に求められる「軽量ルアーへのレスポンスの良さ、自重の軽さ」は十分クリアしている優秀なリール。

純正のスプールは軽量ルアーへのレスポンスがあまりよくないため、もしベイトフィネスをやりたいなら別売のシャロースプールの購入が必須。

「オカッパリでベイトフィネスをやってみたいけど、専用リールはちょっと高くて手が出ない…」というお悩みを抱えているなら、ぜひピシファン『SAEX ELITE』を使ってみて欲しい。

■ピシファン「SAEX ELITE」はこんな人におすすめ
・ベイトフィネス専用機は高くて手が出せないと感じている人。
・とりあえず手っ取り早くコスパよくベイトフィネスの釣りを体験してみたい人。
・国産の高級リールの使用感に飽きてしまった人。
・べイトフィネスタックルを増やしたいけど、予算に悩んでいる人。

■シャロースプール

●トラブルレス、安すぎ、使いやすくて感動。ピシファン『SAEX ELITE』のインプレ記事↓


【関連記事】よかったらこちらも読んでいきませんか?

スポンサーリンク