バス釣り|夏・8月の野池におすすめのルアーまとめ

夏(8月)のハイシーズンはバスの活性も高く、どのルアーにも可能性があります。
ということもあり、逆になにを選べばいいのか迷ってしまいやすく、頭を悩ませるアングラーも少なくないはず…。

そこで当記事では、夏の野池バスがよく釣れるおすすめルアーを紹介します。
どのルアーも実績ありのスグレモノなので要チェック!

バス釣り|夏(8月)の野池におすすめのルアーまとめ

ハードルアー編

 

エバーグリーン「Dゾーンフライ」

スレた野池バスキラーのコンパクトスピナーベイト。
ボディサイズが小さいため、ルアーに慣れたスレバスに口を使わせやすいのが特徴です。

スレた野池ではハードルアーで釣れにくいことも多いですが、コンパクトスピナーベイトならお構いなし。
バスのサイズを選べないのがネックではあるものの、数釣りを楽しみたいアングラーなら必携!

※投げにくいときはトレーラーをセットするとカッ飛んでいきます

 

ダイワ「ピーナッツ2」

フィッシングメーカーの大手であるダイワ社の名作クランクベイト。
ボディサイズが小さいため、スレた野池でも使いやすいマルチなクランクベイトとして人気があります。

小粒ボディでありながらも自重が9gと投げやすく、キャストを決めやすいのがうれしい。

また、アピール力も「強すぎず・弱すぎず」という絶妙なバランスになっているため、野池だけでなくメジャーフィールドでも威力を発揮してくれます。

ピーナッツ2は野池攻略をするならかならず持っていたいルアーの1つです。
タイプにはSSR/SR/DRの3つがありますが、夏の野池ならSSRかSRで表層を狙いたい。

 

レーベル「マグナムポップR」

夏の野池でトップゲームを楽しむなら、レーベル「マグナムポップR」がおすすめです。

一般的なポッパーは自重が軽いためキャストを決めにくいのがネックですが、当ポッパーは重さが1/2oz(14g)あるため、キャストがビシバシ決まります。

また、ポップ音を出すだけでなく、ロッド操作で首振りアクション(ドッグウォーク)もおこなえるため、使い勝手◎
※首振りさせるにはスナップを使うと快適です

ポッパー音・首振りアクション・キャストのしやすさ、どの点においても「キングオブポッパー」の名にふさわしいルアーだといえるでしょう。

 

ヘドン「クレイジークローラー」

近年はトップウォータールアーの「羽根モノ」が流行っていますが、その元祖ともいえるのがヘドン『クレイジークローラー』です。

コンパクトなサイズながらも自重があって投げやすく、それでいて超ナチュラルなアクションが特徴。
ただ巻きするとカチャコチャカチャコチャ…と艶かしい音を発しながら表層を泳ぎ、愛くるしくコミカルなアクションが人気です。

サイズ自体もコンパクトなので、スレた野池のバスにも口を使わせやすい!
近年では使うアングラーがほぼいないため、スレたバスにも有効です。

 

ソフトルアー(ワーム)編

ゲーリーヤマモト「4インチヤマセンコー」

夏のスレた野池でシェード(影)やカバーを狙っていくなら、ゲーリーヤマモト「4インチヤマセンコー」がおすすめです。

シェードに投げる、落とす、ちょんっと誘って回収…というルーティーンを繰り返すだけで釣ることができます。
フラフラと揺れながらフォールしてくれるので、シェードやカバーの中でぼーっと浮いているバスに口を使わせる能力が高いです。

また、自重が7gあるため、スピニング・ベイトタックルどちらでも投げやすいのがGOOD!

スピニングタックルを使えば、簡単にシェードの奥の奥にスキッピングできるため、夏バスを狙うならかならず持っておきたい。

 

ジャッカル「フリックシェイク」

かつて、ジグヘッドワッキーリグで一世を風靡するほど爆発的ブームを巻き起こしたワームがありました。それは、ジャッカル「フリックシェイク」です。

左右非対称な作りになっており、フックにワッキー掛けしてシェイクすると、まるでミミズさながらのウネウネアクションをします。
凶悪な釣れっぷりなので、個人的には”禁じ手”としているほどです(^^;)

「4.8インチのコーラ」がおすすめ!

 

ケイテック「ソルティコアチューブ」

夏はカバーの奥までワームを届けなければなりませんが、そんなときに役立つのがケイテック「ソルティコアチューブ」です。

フックを逆つけセッティングすることで超絶なバックスライドをするようになり、カバー奥に潜むバスを一撃。
メディアではあまり取り扱われないものの、その実力はホンモノです。
また、自重が14gあるため、ベイトタックルでカッ飛びます。使い勝手ヨシ!

近年はチューブワームを使っている人が少ないため、スレた野池のバスにも効果的!

 

ノリーズ「ガンタージグライト」

ノリーズ「ガンタージグライト」
created by Rinker

バス釣りのレジェンド・田辺哲男氏が監修したラバージグ。

一般的なラバージグに比べるとラバーの量が少なく、アピール力は控えめです。
そのため、ハイアピールなルアーを嫌うスレバスに有効です。

ラバージグはフィールドの水が濁ったときや、バスが高活性なときに選ばれるハイアピール系ルアーですが、ガンタージグはさまざまなシーンで使いやすくて便利です。

正直よくわかりませんが、なぜか野池のスレバスが釣れます。なぜだろう。

【関連記事】

ガンタージグライトのインプレはこちらからチェックできます↓

まとめ:バス釣り|夏・8月の野池におすすめのルアー

夏のバス釣りにおすすめのルアーを紹介しました。
どのアイテムも実績のあるものばかりなので、気になったものがあったらチェックしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです↓