【ランキング10選】バス釣りにおすすめのスピナーベイトまとめ

バス釣りの”巻きモノ”といったら「スピナーベイト」なくして語れない。

とくにハイシーズンにおいては、広くサーチしていくときにスピナベが便利。

そこで今回は、「バス釣りにおすすめのスピナーベイト」をランキング形式で紹介!

気になるアイテムがあったら要チェック!

【ランキング10選】バス釣りにおすすめのスピナーベイトまとめ

 

1位:ノリーズ「クリスタルS」

ノリーズ代表の田辺哲男氏が手がけた、ジャパニーズ・スピナーベイトの名作。

発売されてから数十年が経つが、いまでも多くのアングラーに愛用される優秀なルアー。

巻いてくるとブルブルブル!と強いアピールを放つ。

「これぞスピナーベイト!」という王道を往くルアーで、強めのアピール力はスピナベの”出しどき・タイミング”を学ばせてくれる。

まずはココから入るのが基本でございます。コスパも良し!

  

2位:ケイテック「TEE-BONE スピナーベイト」

いまや世界中で人気があるメーカーとなった「ケイテック」のスピナーベイト。

根がかりしにくいT型ヘッド、ゴミが付着しにくいパーツ、強いアームとフックが特徴。

リトリーブするとやや強めの波動を作る。

コストパフォーマンスにも優れるため、コスパ重視のアングラーにも◎

  

3位:エバーグリーン「Dゾーン」

デカバスを何本か釣るとアームが折れるリスクがある…というレーシーなスピナーベイト。

極細ワイヤーの脆弱な作りは「釣れるから」という理由に他ならない。めちゃ釣れる。

一般的に、スピナーベイトはアームが細いほど強いバイブレーションを生むといわれ、Dゾーンは強いアピールを生み出す。

折れるというリスクと引き換えに、高い実釣性能をほこる釣れ釣れスピナーベイト。

実はそれほど折れることもないので、普通に使いやすい(笑)

  

4位:O.S.P「ハイピッチャー」

昨今のハイプレッシャー化したフィールドに合わせて作られた、コンパクト系スピナーベイト。

青木大介氏や北大祐氏なども使用していたことで知られる、本格派スピナーベイト。

全体的なシルエットが小さいため、バスがスレている釣り場であってもよく釣らせてくれる。

アピール力もそれほど高くないため、小規模なエリアでも使いやすい作り。

さらに、コンパクトな大きさということもあり、よく飛んでくれる。

トーナメンターから一般アングラーまで、多くの人たちに愛されるベストセラーアイテム。

 

5位:ノリーズ「ディーパーレンジ」

ノリーズ「クリスタルS ディーパーレンジ」
created by Rinker
ノリーズ(Nories)

「やや深いレンジを引いてこれるスピナーベイト」というコンセプトで作られたアイテム。

巻いてくるとプルプルプル…と微振動を発し、かなり”弱い”部類のスピナーベイト。

ということもあって、強いアピールにスレているハイプレッシャーな釣り場でも活躍してくれる。

野池や霞ヶ浦、関東のレンタルボートレイクなどなど、どんなフィールドでもマッチする作り。万人におすすめ。

 

6位:ディスタイル「ディースパイカー」

現在アメリカのトーナメントで活躍中の青木大介氏が監修したスピナーベイト

サイズこそやや大きめだが、アピール力はかなり抑えてあるため、「日本のスレバスのために作りました」的なスピナーベイトである。

最大のウリは、可動式のアッパーアーム。

フォール中にアームが折れ曲がりブレードが回転する仕組み。

巻き・撃ちともに隙がない作りになっている。

アピール力がやや弱いので、クリア〜ステイン水域でも使いやすい。

 

7位:エバーグリーン「Dゾーンフライ」

エバーグリーン「 Dゾーンフライ」
created by Rinker
エバーグリーン(EVERGREEN)

小バスの数釣りをするならコレ!

エバーグリーンのプロスタッフ・清水盛三氏が監修したコンパクトなスピナーベイト。

小粒でありながらも安定したアクションは、さすが世界のモリゾー!といったところ。

本人いわく「スピナーベイトが苦手な人にこそ使ってもらいたい」とのことで、実際、僕自身もこのスピナベで苦手意識を克服できた。

「スピナベで釣ってみたい!」という人に超おすすめだ。

 

8位:ウォーターランド「エンジェルスピナーベイト」

ウォーターランド「エンジェルスピナーベイト」
created by Rinker

プロデモンストレーターの村田基(ミラクルジム)氏が監修したスピナーベイト。

全体的にやや大きな作りになっており、アピール力も高い。

まさに王道なスピナーベイトだといえる。

かなりハイアピールなので出しどきは限られるものの、状況にマッチしたときに投入すると爆発的な釣果を叩き出す。

普段の水質が濁り気味なフィールドや、雨風が強いときに投入したい。

 

9位:メガバス「V-9」

「スピナーベイト論争に終止符を打つ」というコンセプトのもとに作られた、メガバスの最新型スピナーベイト。

セミコンパクトなサイズでありながら、「程よく強く、弱すぎず」という絶妙なアピール力。

水域とわず使いやすい作り。

「ハイピッチャーだと少しアピール力が足りない、でもクリスタルSだと強すぎる…」なんていうときに使いやすい。

 

10位:ダイワ「スティーズスピナーベイト」

ダイワのプロスタッフ陣が監修した、本格派スピナーベイト。

巻モノの名人として知られる北大祐氏が愛用していることでも知られ、トーナメンターから一般アングラーまで人気がある隠れた名作。

巻いてくるとピリピリピリ〜といった感じでやや弱いアピールを放つ。ハイプレッシャー対策にもGOOD!

スイミング中のバランスが非常によく、障害物に当たったあともすぐに立ち直る。

飛距離も良好で、レンタルボーターからオカッパリアングラーまでさまざまな釣り人にマッチする、最新型のスピナーベイトである。

「どんなフィールドでも安定したスピナーベイティングを楽しみたい!」という人におすすめ!

【ランキング10選】バス釣りにおすすめのスピナーベイト|まとめ

よく釣れる人気のおすすめスピナーベイトを、ランキング形式で紹介してみた。

どのスピナーベイトを選んでも大きな失敗はしないけれど、「どれを選べばいいのかわかんない!」という人はTOP5の中から選ぶのがおすすめ!

野池のオカッパリにおすすめのスピナーベイトは「野池のオカッパリで必須!おすすめの名作スピナーベイト5選 。」で読むことができます。

【こちらもお役に立つかもしれません】

おすすめの必釣ルアーまとめ記事はこちら

スピナーベイトの関する記事はこちら

●ノウハウ系記事

●タックルの選び方

おすすめタックルまとめ記事はこちら