インプレ|エバーグリーン「Dゾーンフライ」。小バス乱獲系ルアー!スピナベ苦手な人にこそ使ってもらいたい名作。

「スピナーベイトを使うのが苦手

「ハードルアーで釣れない…」

「こんな謎の形のルアーで釣れる気がしない

上記のようなことでお悩みの人にこそ使ってみてもらいたいです。

当記事では、スピナーベイトが苦手だった僕に色々なことを教えてくれた先生、エバーグリーンの『Dゾーン フライ』をインプレしていきます。

最近はこのルアーによる釣果をあまり聞かなくなったが、今でもよく釣れる優秀なルアー。

スピナベが苦手な人やスピナベで釣ったことのない初心者の人におすすめ!

スピナベ苦手な人、初心者におすすめなエバーグリーン『Dゾーンフライ』

これが今回紹介するエバーグリーンのスピナーベイト『dゾーンフライ』。

コンパクトなサイズのスピナーベイトで、野池などの小規模フィールドや、スレた魚が多いフィールドでも威力を発揮します。

このルアーが発売された頃、開発者の清水盛三プロが「スピナーベイトが苦手な人にこそ使ってもらいたい」といっていました。

その言葉を真に受けて購入してみたのですが…とんでもなく釣れました(笑)

とくに、野池での釣果は圧倒的。「スピナベってこんなに釣れるルアーだったのか…」と感激した思い出があります。

スピナベが苦手な人にこそ使ってもらいたい、名作コンパクトスピナーベイト!

エバーグリーン「Dゾーンフライ」のスペック

「Dゾーンフライ」のおもなスペックと価格は、以下のとおりです。

以下、エバーグリーン公式による「Dゾーンフライ」のスペック引用↓

ブレードの種類・ラインナップ シングルウィロー/ダブルウィロー/タンデムウィロー
自重 1/4oz
推奨タックル Rod:〈ベイト〉ライト〜ミディアム5′9″〜6′6″
   〈スピニング〉ライト〜ミディアム5′9″〜6′6″
Line:フロロカーボン6〜12lb. or ナイロン8〜14lb.
価格 シングルウィロー:1,250円(税別)、その他:1,350円(税別)

(上記の情報引用元:エバーグリーン公式「Dゾーンフライ」より

エバーグリーン「Dゾーンフライ」の外観、デザインのインプレ

ここからは、エバーグリーン「dゾーンフライ」の外観・スペックなどについて、主観や体験談を交えつつインプレしていきます。

スレバス対策に!控えめなサイズのブレード

Dゾーンフライには小さめのブレードが搭載されています。

アピールが強すぎないので、スレたバスや小型のバスに効果的!

3/8oz以上のフルサイズスピナーベイトは、状況がよくないとバイトに持ち込めないことも多いですが、Dゾーンならタフなときにも使いやすいです。

ハイギアのベイトリールであっても巻き重りせず、スピニングタックルで使うこともできるのがありがたい。

壊れにくいタフなワイヤーが搭載

可愛いボディサイズとは裏腹に、やや太めのワイヤーが搭載されています。

ノーマルの『D-ZONE』よりも太くて強いワイヤーとなっており、小バスを数本釣ったくらいではまず折れることはありません。

「Dゾーン」の極細ワイヤーにくらべると、かなりタフな作りになっているのがわかります。

コスパ最高!リーズナブルなのにワイヤーが強い


通常サイズのDゾーンはワイヤーが細くて、デカバスを数匹釣ったら折れたり曲がってしまったりして使い続けられない。

しかし、Dゾーンフライのワイヤーは少し太めに作られているので、魚をいっぱい釣っても折れるリスクが少ないので安心。

写真下の通常のD-ZONE(1/2オンス)に比べると、Dゾーンフライ(写真上)のワイヤーは太くて強い。

こうして比べてみると、Dゾーンフライのワイヤーはかなり強く作られているのがわかります。

小バス乱獲に対応する小さめのフックが搭載

フックサイズはかなり小さめです。

小バスの口にもしっかりフッキングするので、数釣りにもピッタリな作り!

通常のD-ZONE(写真下)とフックサイズをくらべてみると、『Dゾーンフライ』のフックはかなり小さめなことがわかります。

通常のDゾーンは柔らかいロッドだとフッキングの際にパワーが足りず、バスの口にフックを貫通させにくいことも。

しかしDゾーンフライなら、ベイトフィネスロッドやL(ライト)パワーのスピニング、ML〜MパワーのベイトロッドなどでもしっかりフッキングできるのがGOOD!

【インプレ】エバーグリーン「Dゾーンフライ」を実際に使ってみて感じたこと

ここからはD-ZONE FRYを長年使ってみて、気に入っている部分・良いところをインプレしていきます。

まず、おおまかにメリット・デメリットをあげると、以下のようになります。

■エバーグリーン『D-ZONE FRY』の良いところ

●一口サイズ!
●スピナーベイトの苦手意識がなくなる
●コスパ◎
●タフな作り
■エバーグリーン『D-ZONE FRY』の残念なところ

●軽いのでキャストしにくい
●魚のサイズが選べない

一口サイズなので、スレたバスにも口を使わせやすい!

dゾーンフライはサイズが小さいので、とにかくバイト数が多いルアーです。

野池などの小規模フィールドでも違和感のないサイズ。

かなりフィネスなスピナーベイトなので、「ワームだと食わないのにDゾーンフライだと食う」みたいな体験をしたこともあります。

THE 野池キラー!

ほかのスピナーベイトとサイズ比較してみる

オリジナル『D-ZONE』(写真下)と比較するとこんな感じです。

全体のシルエット、ブレードの大きさなどなど、違いがあることがわかります。

フライの方はかなりコンパクトなので、スレた魚が多いハイプレッシャーな釣り場でもバイトを得られやすい印象です。

Dゾーンフライは、”食わせる力”が非常に高い、フィネス系スピナーベイト!

人気のスピナーベイト、ノリーズ『ディーパーレンジ3/8oz』(写真下)と比較するとこんな感じです。

重量は違うが、ブレードサイズも全体のシルエットも、Dゾーンフライはかなりコンパクトなのがわかりますね。

3/8ozの弱い系スピナーベイトでも食わない!なんていうタフな状況のときは、Dゾーンフライのコンパクト感が役にたちます。

強すぎないアピールがスレた魚に効く

Dゾーンフライはブレードのサイズが小さめです。

スレた魚に対して過剰なアピールになりすぎないので、バイトを誘いやすい作りになっています。

スレたバスはハイアピールなルアーに慣れているため、3/8ozのスピナーベイトだと食わないことが多いです。

しかし、1/4ozのDゾーンフライであれば、プルプルプル〜といった感じでめっちゃナチュラルに誘ってくれるので、口を使わせやすいんですよね

プレッシャーが高いポイントでも魚に口を使わせる能力が高い!

数が釣れる→スピナーベイトの苦手意識が減る

スピナーベイトは、一見するとエサ(小魚)ぽくないため、使うのに苦手意識を持たれる人もすくなくないハズ。

僕自身もスピナベにたいして苦手意識があったのですが、Dゾーンフライを使い続けることで「スピナーベイト釣れるじゃん!」と信頼できるようになったのです。

本当によく釣れます(主に小バスが)。

サイズを選ぶことは出来ないものの、野池などで小バスと遊びたいときに投げると、良い感じに楽しめるんですよね〜。

「スピナベ=釣れるルアー」という刷り込み(思い込み)が定着しやすいので、スピナベ苦手意識がかなり改善されます。

もしスピナベが苦手なら、まずココから入ってみてほしい

D-ZONE FRYはかなりコンパクトな作りです。

このサイズ感が、小規模の野池やスレたバスにめちゃくちゃ効く。

ただ、小バス含めどんなサイズの魚も乱獲してしまいがちなので、「デカバスを選んで釣りたい!」という人にはおすすめできません(笑)

しかし、スピナベで釣ってみたい人や、スピナベの苦手意識を克服したいと思っている人には間違いなくおすすめできるルアーです。

補足:【投げ辛さを解消する豆テクニック】

エバーグリーン『Dゾーンフライ』は軽量・コンパクトだから少々投げ辛い。

が、その問題を解消させるために、ちょっとした工夫をすることでかなり投げやすくなる。

ウエイトを調整するためのトレーラーワームをつけて重さを増やすのも豆テクニックの一つ。

しかしスピナーベイトはトレーラーをつけると水の抵抗が増えて浮き上がりやすくなる。

もしそれが嫌なら以下のようなセット法もおすすめ。



たった1g、2gの違いでも、投げやすさはかなり良くなる

軽量スピナーベイトが軽すぎて投げにくいと悩んでいる人は試してみてほしい。

Dゾーンフライ(1/4オンス)に慣れてきたら、3/8オンス→1/2オンス→3/4オンスと徐々に大きいスピナベも使えるようにしていくと、スムーズにステップアップできるはず…!

【インプレ】エバーグリーン「Dゾーンフライ」はスピナベが苦手な人にこそ使ってもらいたい”スピナベの先生”|まとめ


今回はエバーグリーンのスピナーベイト 「dゾーンフライ」をインプレしてみました。

Dゾーンフライは、僕が初心者だった頃にスピナベの良さを教えてくれた先生みたいなルアーです。

スピナーベイトが苦手な人や、スピナベで魚を釣ったことがない人におすすめできるルアーなので、気になった人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

【こちらもお役に立つかもしれません】

おすすめの必釣ルアーまとめ記事はこちら