【初心者向け】バス釣りにおけるベイトリールのギア比の選び方


スポンサーリンク


ベイトリールのギア比には様々なものがあり、迷ってしまいがち。

バス釣り初心者の人がベイトリールのギア比を選ぶときには、何を目安にすれば良いのか?

今回は「【初心者向け】バス釣りにおけるベイトリールのギア比の選び方」について書いていく。

バス釣りのベイトリールのギア比の選び方・目安は?

いきなりこんなことを言ってしまうと元も子もないとは思うのだが、ベイトリールのギア比の選び方については、個人の好みもあって「コレ!」というような明確な正解・決まりがない。

そのため、バス釣り初心者がベイトリールのギア比を選ぶときには迷ってしまいやすいポイントとなりがちだ。

一般的には、ハイギアは巻き取り効率を求める釣りに選び、ローギアは巻物などに適している…と言われている。

僕個人としても大まかにはコレで合っているとは思っているが、合っているようでいて合っていない…とも感じる。
ギア比の選び方については個人差はあるが、この記事では僕がギア比を選ぶときの目安にしているポイントを書いていこうと思う。

●ベイトリールのギア比を選ぶときの、大まかなポイント

まず最初に、ベイトリールのギア比を選ぶ際の大まかな目安は、以下のようなものだと僕は考える。

■ベイトリールのギア比選びの目安
・巻き取りスピードで選ぶ。
・巻き感度で選ぶ。
・ハンドルを回す速度で選ぶ
【ハイギアの大まかな特徴】

ハイギアはハンドル1回転あたりのラインの巻き取り長が長いため、ルアーを回収するスピードも速い。そのため、ルアーを巻き取る際の水の抵抗も感じやすい。ハンドルを回す手の動作はゆっくりになり、比較的ゆったりとしたリズムで釣りに取り組める。

【ローギアの大まかな特徴】

それに対しローギアは、ハンドル1回転あたりのラインの巻き取り長が短いため、ルアーを回収するスピードが遅い。ルアーを巻き取る際の水の抵抗を感じににくい。ハンドルを回す手の動作は速くなり、リズミカルに(”忙しく”とも言う)ハンドルを巻いていくようなスタイルに向く。

ハイギアとローギアの違いは上記したような感じで、両者ともにメリット・デメリットが存在する。

バス釣り初心者がベイトリールのギア比選びをする際には、「どちらが正解か・不正解か?」ということはあえて意識せず、『自分はバス釣りにどのように取り組んでいきたいのか?』の方を重視すると迷いにくくなるのではないか、と僕は思う。

巻き取りスピードで選ぶ

【ハイギア】

ハイギアは、ハンドル一回転でラインを巻き取れる距離が長い。
そのため、ルアーの回収速度を速くしたいならハイギアを選ぶのがおすすめ。

ジグ・ワームをテンポ良く打って、効率よく手早く回収するのにはハイギアが便利だ。
ジグ・テキサスリグなどの打ち物や、ラインスラックを素早く巻き取りたい釣りなどにはハイギアが合う。

また、ジャークベイト(ミノー)のジャーキングや、トップウォータールアーなどを使うのもハイギアが便利。ロッド操作するときに出るたるんだライン(ラインスラック)を回収しやすいからである。

クランクベイトを高速で巻いたりすることも出来るため、ハイギアは多くのシーンで対応できるマルチなギア比である。

しかし、ハイギアはラインの巻き取り速度が速い分、ルアーをゆっくり一定に巻いてくるのが難しい…というデメリットもある。
ハイギアは「速度によってはルアーの動きがブレやすくなる」といったデメリットもあるため、「巻物にはハイギア一択でしょ!」とも言い切れないと僕は思う。

また、引き抵抗の強いルアーを使ったときに巻き抵抗が強くなるので、それも人によってはデメリットに感じることもある。
※巻き抵抗に関しては後述する「巻き取り感度で選ぶ」の項目にて※

【ローギア】

ローギアは、ハンドル一回転でラインを巻き取れる距離が短い。
そのため、ハイギアのデメリットであった「スローに巻いたときのルアーのブレ」が生まれにくく、安定したリトリーブが可能になる。

巻き取り長が短い分、引き抵抗の強いルアーを巻いたときに抵抗を感じにくくなる。
引き抵抗の強い大きなクランクベイトやスピナーベイトなどを、ハイギアリールを使って長時間巻き続けるのは肉体的に辛い。
しかしローギアなら手元に巻き取り抵抗を感じにくいので、長時間巻物ルアーを巻いていても疲労感が少ない。

しかし、巻き抵抗を感じにくい分、ルアーが障害物に当たったときなどの違和感を感じ取りにくい。
※このことについては後述の「巻き取り感度で選ぶ」にて※

ローギアは、巻物ルアーを巻いた際のルアーのブレが少なく、ルアーが動くスピードをゆっくりにさせやすい。
ローギアはルアーを遅く巻く(ルアーのスピードを抑えて一定にリーリングする)のが簡単なギア比。
が、逆にルアーを高速で巻いてくるのが難しい…というデメリットもある。人間が物理的に高速でハンドルを巻く速度には限界があるからだ。

こんな感じで、ハイギアとローギア、どちらにもメリット・デメリットが存在する。

●巻き取り感度で選ぶ

【ハイギア】

ハイギアは巻き取り速度が速い分、より水の抵抗を感じやすくなるギア比だ。
そのため、スピナーベイトやクランクベイトなどの巻物ルアーを使う際に「巻き感度」を重視するためにハイギアを選ぶ人もいる。

ハイギアを選ぶことによって、スピナーベイトのブレードの回転や、クランクベイトの振動などがより明確にわかるようになる。

ちょっとした水流の変化や、ルアーがちょっとした障害物に当たったときなど、ルアーが水中で受けている微妙な変化が感じ取りやすい。
クランクベイトが障害物にコツンと当たった瞬間に、クランクをフワーっと浮かす…みたいな小技は、ハイギアの方がやりやすい。

ハイギアでスピナーベイトを使うと、巻き抵抗が増える分、ブレードの回転もわかるようになる。
水の流れを把握するのに役立ったり、ブレードにゴミなどが絡み付いたときにすぐに気付けるため、より効率よく巻物ルアーを扱えるギア比だと言える。

【ローギア】

ハイギアが巻き取り感度が高いのに対し、ローギアは巻き取り感度が低い
しかし「巻き取り感度が低い=悪」ではないというところに注意したい。

ローギアは巻き取り感度が低いこともあって、巻き取るのに疲労を感じやすいルアーを長時間続けるときなどに重宝する。

マグナムクランクやディープクランクなど、巻き取り抵抗が非常に強いルアーでも、ローギアを使うことによって手首・腕などの負担がかなり軽減され、快適に釣りをすることが可能になる。

補足:巻物=ローギアなんじゃないの?
ひと昔前までは「巻物はローギア!」というのが定説だったが、近年はリールの性能が向上されたことや、海外のスタイルも取り入れられるようになったことも影響しているのか(アメリカではローギアを選ぶ人は少ない)、「巻物=ローギア」の定説は疑問視されるようになりつつある。結局は「人による、好みによる」ということでもあるのかもしれない。

●ハンドルを回す速度で選ぶ

これはリズム感の話だが、性格や取り組み方によってもギア比の選択は変わると僕は思っている。

「ハンドルを忙しく回すのが好きな人はローギア。ゆっくり回したい人はハイギア」

こんな感じで、アングラー側の好みのリズム感を目安にすることでも、使うべきベイトリールのギア比が見えてくる。

ハイギアのリールは巻き取り速度(一回の巻き取りで回収できるセンチ)が上がるが、ハンドルを回す手の方はゆっくりになる。
逆にローギアだと、ハンドル一回転で巻き取れる長さが短くなるが、ハンドルを回す手の速度は上がる。

ハイギアは巻き取り長が長い分、ハンドルを一回転させるまでの時間が長い。ゆっくり巻ける。
ローギアだと巻き取り速度は遅い。が、ハンドル自体を回す方の手は速く動かすことになる。

ハイギアは高速で巻き取ることができるギア比だが、ハンドル自体を巻く動作はゆっくり目。ローギアはその逆。

こんな感じで、ハンドルをガンガン素早く巻きまくりたい人はローギアを、ゆっくり丁寧にハンドルを回したい人はハイギアを…というのも、ギア比選びの目安になる。

 補足:性格でもギア比選びは変わる…?
これは個人的な話になるが、僕は忙しくハンドルを回すのが得意でないため、ハンドルを回す速度を上げたくないためにハイギアを選ぶ。
せっかちでガンガン攻めたい人や、ハンドルを回す速度を速くしたい人・リズム感が速い人などは、あえてローギアを選ぶこともある。ハイギアはその逆。


スポンサーリンク


【初心者向け】ベイトリールのギア比の選び方|まとめ

今回は、バス釣り初心者の人に向けて、ベイトリールのギア比の選び方の目安について書いてみた。

この記事で書かれていることをまとめると、次のような感じになる。

■ベイトリールのギア比選びの目安まとめ
・巻き取りスピードで選ぶ。
→ラインを素早く回収する釣りにはハイギア。ルアーを一定にブレずに巻きたいならローギア。
・巻き感度で選ぶ。
→巻き感度(水中でのルアーの動き、根掛かり回避能力など)が良いのはハイギア。
ローギアは感度が薄い分、巻き取りトルクがある。引き抵抗の強いルアーなどに良い。
・ハンドルを回す速度で選ぶ(巻き取りリズムの好み)
→忙しくハンドルを回したい人はローギア。ゆっくり動作したい人はハイギア。

こんな感じで、ベイトリールのギア比には個性や用途があるので、個人の好みやスタイルによって選んでいきたい。

近年のベイトリールはギア比のラインナップが豊富なため、個人の趣味・趣向に合わせて選べるのが嬉しい。
参考までに、以下の記事にギア比のラインナップが豊富な使いやすいベイトリールをまとめたので、よかったらそちらもチェックしてみてほしい↓


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

スポンサーリンク



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter