【アンタレスDCMD インプレ】重いルアーがカッ飛ぶ!世界中の魚に対応する汎用性が魅力。


スポンサーリンク


「モンスタードライブ」のネーミングと、シンプル&ラメなデザイン性に惹かれて購入したシマノの『アンタレスDC MD』

ブラックバスだけでなくソルト(シーバスなど)の釣りでもベイトリールを使いたくて購入してみた。

20g以上の重いルアーを使うとブッ飛んでいったり、外装・クラッチを切る感触、巻き心地などが超高級感に溢れているのが魅力のシマノ「アンタレスDCMD」

このリール、所有感が半端ない。

買ってから1年半ほど実際に使ってみたので、レビュー・インプレしてみる。

シマノ『アンタレスDCMD』のココが好き!
・巻き取り感が超良い。
・ブレーキ調整が楽。
・外装、クラッチ音、グリップなどに高級感がある。
・ソルトの釣りには”超”快適。
・重量級ルアーの釣りに最高。
シマノ『アンタレスDCMD』のココが残念。
・打ち物(ジグ・テキサスなど)は微妙。
・軽めのルアーは投げにくい。
・バス専用に使うと持て余しがち。

アマゾンでアンタレスをチェックしてみる

楽天市場でアンタレスをチェックしてみる

スポンサーリンク


【アンタレスDCMD インプレ】重いルアーがカッ飛ぶ!世界中の魚に対応する汎用性が魅力。

これが今回紹介するシマノのアンタレスDCMD(モンスタードライブ)。
美しい外装、高級感のあるクラッチ音とDCサウンド、調整しやすいDCブレーキ、重量級ルアーをかっ飛ばす能力、圧倒的な巻き取りトルクなどが魅力のベイトリール。

ソルト対応なのでブラックバスだけではなく、シーバスなど海の魚を狙うときにも使えるのがありがたい。

シマノ『アンタレスDCMD』スペック

・自重:235g
・巻取り量:93cm
・最大ドラグ力:6kg
・ギア比:7.8
・ベアリング:10/1
・スプール寸法:38mm/22mm
・ハンドル長:45mm
・ナイロン糸巻量
12lb-165m/14lb-145m/
16lb-120m/20lb-100m
・PE糸巻量
3号-130m/4号-100m/5号-80m
・価格:76,000円

さすがフラッグシップ機なだけあって、価格が76,000円と高め。
しかし、アマゾンでは61,000円ほどで買えるため、お得に買うならネット通販がおすすめ。
たま〜に50,000円台で売られていることもあるので、もし購入を検討しているならアマゾンはこまめにチェックしておくことをおすすめする。

アマゾンでアンタレスをチェックしてみる

楽天市場でアンタレスをチェックしてみる

シマノ『アンタレスDC MD』のデザイン

シマノの『アンタレスDC MD』は、ボディに光を照らすとラメがキラキラして美しい。
デザインの好みには個人差があるが、僕としてはアンタレスDCMDの外見はとても好み。

ラメ、ボディシルエット、ハンドルグリップ、ダイアルなどなど、シンプルでタフネスな外観がお気に入り。

ハンドルを回してクラッチを戻すときの「カチ」っという音が、ありえんくらい最高に気持ち良い。

こういった細かいニュアンスは、シマノベイトリールは上手であると感じる。

一瞬でブレーキを微調整できるダイヤル。

シマノの多くのベイトリールは、内部の遠心ブレーキのコマ数とサイドブレーキの2つを微調整しなければならないため手間がかかりやすい。
しかし、DCブレーキは調整がサイドブレーキのみなので楽チンなのがありがたい。

握りやすいパワーグリップ。
アンタレスDCMDはXGなので、クランクなど引き抵抗の強い巻物を使ったときにややストレスがある。
しかし、ロングハンドルとパワーグリップのおかげでトルクフルに巻くことができ、巻きストレスもやや軽減されているように思う。
アンタレスDCMDは通常のリールに比べ、巻きトルクがハンパない。

全体的なイメージはこんな感じ。メイドインジャパン。1年間を通して使ってみて、結構ラフに扱ったり(水洗いしなかったり)したが、壊れる気配はない。
外装はちょっと傷がつきやすい。

シマノの『アンタレスDC MD』の握り心地、グリップ

握り心地、パーミング感は少し大きめだが、成人男性なら問題ないレベル。子供や女性には少々大きいかもしれない。

ハンドルもロングハンドルだから力強く巻ける。デカいバスやシーバスに力負けすることはまず無い。
ロッドにもよるが、60cmクラスのシーバス程度ならゴリ巻きして強引に寄せてこれるパワーがある。

デカい魚がかかったときに、この「やや大きいボディ」が良い働きをする。
ベイトリールのボディが小さいと、デカい魚がかかったときに(手の大きさにもよるが)力を込めにくく、ファイト時に手に疲労感がある。

しかしアンタレスDCMDはギュ〜っと力を入れて握ったときに手元が安定する印象があり、デカい魚とのファイトも安心して行えると感じる。

グリップが凄く握りやすい。抵抗の強いルアーを巻いているときに、このデカめのグリップがとても役に立つ。

握り心地も高級感があって快適。

シマノの『アンタレスDC MD』のインプレ・使用感

ここからは、シマノ「アンタレスDCMD」を実際に使用してみて感じたことをインプレッションしていこうと思う。

■安定したキャスト感

アンタレスDCMDの全体的な印象としては「重いルアーの扱いが良い」といったもの。

バス釣りのオカッパリで使用頻度の高い10〜20g程度のルアーのキャスト感はそこそこで、アンタレスDCMDの威力が発揮するのはそういった軽量ルアーを扱ったとき以外のシーンにあると僕は思う。

10g前後のルアーは投げ難いが、そこそこ使える…といった印象で、10g前後のルアーに至ってはスプール径の大きさが障害となってキャストレスポンスが悪い。15gくらいになってくると「まぁまぁ…いけるかな」という感じ。
軽量ルアーのキャストはお世辞にも快適とは言い難く、「まぁ、そこそこ投げられるかな…」という微妙な加減である。
「不快ではないが出来れば投げたくない」というのが正直なところ。

よく使われる7〜20gくらいのルアーを快適に扱いたいなら19アンタレスの方がいいと思う。

アンタレスDCMDはスプール径が38cmと大きめで、重いルアーをブン投げるのに適している。
軽いルアーを投げたときにはスプールの立ち上がりが悪くなり、飛距離・スプールのレスポンスが落ちる。

ここまでわりとネガティブなインプレが多かったが、アンタレスDCMDの魅力は重量級ルアーを扱ったときに現れる。

1ozクラスのスイムベイトやビッグプラグなど、重め・大きめのルアーを扱うには間違いなく最高のリールである。

ルアー重量が1オンスを超えた辺りから飛距離が圧倒的に伸び、ルアーが遙か彼方へ飛んでいく。「遥か彼方」という言葉はお世辞でも何でもなく、実際に遥か彼方へ飛んでいってしまうのだから驚きである

ラインが全て出てしまうんじゃないかとすら思えるくらい、スコーン!と抜けていく感覚が爽快。

■アンタレスDCMDが最も威力を発揮するシーン
・広大なフィールドなどでショアから重いルアーを遠投するとき。
・シーバスのおかっぱりで25g前後のルアーをカッ飛ばすとき。
・ビッグベイトなどを投げて、高速巻きするような使い方をするとき。
・デカい魚を掛けたときに、ファイトの安定感が欲しいとき。

僕個人としては、バス釣りのオカッパリでちょい投げするような釣りには向いているとは言えず、もうちょいワイルドで豪快なフィッシングスタイルに向いているようなリールであると感じる。

が、オカッパリで使用する頻度が高い10〜20g程度のルアーも、一応使えるのは使えるので、個人の好みなどで購入を検討するのも良いと思う。

補足:道具選びについて
道具選びは使用感以外にも、所有感やデザインの好み、ファンアイテムといった用途もあるので、実際の使用感だけが購入の全てではない…と僕は思っている。

アンタレスDCMDの巻き心地は極上

巻き心地は極上。xgギアなのに巻き取りパワーが怪物並みに強いから、巻物でもストレスが少ない。抵抗の強い巻物を巻いていても力強く巻ける。

が、ストレスが全く感じられないわけではないので注意。デカめのクランクなど抵抗の強いルアーを1日やり切るにはやや辛いリールである。

また、アンタレスDCMDはXGギアであるため、巻物は「ゆっくり巻く」を続けなければならず、ハンドルを回す方の手のリズムの遅さからくるストレスもある。巻き取りリズムが速いほうがお好みの人には向かない。

ビッグベイトをリアクション狙いで高速巻きしたり、シーバスで手早くルアーを巻いてくるような使い方には最高。

軽量ルアーの飛距離はそこそこ。重いルアーはカッ飛ぶ。

重量級ルアー以外の飛距離は、タトゥーラsvやメタニウムDCなどの中堅クラスのベイトリールとほぼ変わらない印象。

バス釣りでよく使われる7〜20gくらいのルアーの飛距離は、中堅ベイトリールにベアリング入れたものと比べるとほぼ同等。

だが、重量級ルアーやソルトでの大遠投ではこのリールに勝るものは無い。20gを超えるような重めのルアーを遠投するなら、アンタレスDCMDが最も飛距離を出せる。

バス釣りにおいては汎用性が低い。

何度か先述しているが、1オンスを超えるビッグベイトを扱うのは優秀なアンタレスDCMDだが、ルアー重量が20g以下のものの扱い心地はそこそこ…といったところ。

超重量級ルアーを投げるためのXHクラスのロッドに合わせるにはバランスが良く、ビッグベイトをリアクション的に高速巻きしたりする釣りには使いやすい。
しかし、オカッパリなどで使用頻度が高い10〜20gクラスのルアーのキャスト感は「至って並み(あるいは、やや扱い辛い)」である。

xgだから打ち物にも使えそうかなと思ったが、重量が邪魔をして快適さに欠ける。
スプール径が大きくてピッチングのレスポンスが悪く、ピッチングの弾道も浮きやすい。

シマノの『アンタレスDC MD』はソルト、シーバス釣りには最適。

peラインを使ったら飛ぶかと思いきや、そうでもない印象。飛距離はルアー重量による。
かっ飛ばしたいなら25g以上は欲しい。

本領を発揮するのはルアー重量が1オンスを超えてから。

ちょい重めのシンキングペンシル、烈波などのデカいミノー、重ためのバイブレーションなら気持ちよく飛んでいく。

シーバス釣りのリールはこれ一択でもいいと思えるくらい、シーバス釣りには最高にハマる。

アンタレスDCMDを購入する前に悩んだポイント

疑問1:XGギアってぶっちゃけどうなんだろう?

→巻物には正直だるいが、巻き上げパワーがあるのでそこそこ巻ける。ただ、巻物専用にあえてこのリールを選ぶことには疑問を感じる。

シーバスルアーなら問題ない。むしろソルトルアーは適正。

打ち物はリール重量あるから辛い。ピッチングの立ち上がりが悪い。

デカくて重いルアーを投げるのに向いてる。

軽量ルアーは扱えるのか?おかっぱりのルアーは投げられるのか?

→体感的には14gより上の重量のルアーが向いていると思った。それ以下はなんとか投げられる(快適ではない)。

気合で5〜6インチワームのネコとかもやれる。が、ちょい投げや真下に落とすくらいの使い方限定。6〜7インチワームだったらそこそこ投げれる。霞ヶ浦の杭やテトラ打ちくらいなら十分使える。

村田さんが主にバス釣りで使うような、ちょい重めのルアーを投げるのに向いている(例えばレアリスクランクなどの14gくらいあるルアーや、1/2ozスピナーベイトやバズベイト、デカめのトップなど)。

重すぎないか?

→巻物だとこれくらい重量があったほうが安定する。

打ち物には向かない。これで打ち物やりたくない。

デカいプラグをブン投げるなら超いい。

飛距離は?

→重めのルアーを使うならカっ飛ぶ。14g前後のルアーなら普通。

7〜20gくらいのルアーの飛距離は、ベアリングチューンしたタトゥーラSVやジリオンSV、メタニウムDCとそこまで変わらない。

20g以上のルアーの飛距離なら、どんなリールよりも飛ぶ。重量級ルアーの飛距離は桁外れ。ラインが全て出ていくかと思えるくらい遥か彼方まで飛んでいく。

値段相応なのか?

→使い方による。

レンタルボートでちょこちょこ投げたり、野池のオカッパリだと持て余す。

浜の遠投、大規模フィールド、ビッグベイトメイン、ソルトフィッシング、海外の大物釣りに使うなら最適。

ソルト・海外でベイトを使う釣りならコレ一択でもいいと思う。

スポンサーリンク



【アンタレスDCMD インプレ】重いルアーがカッ飛ぶ!世界中の魚に対応する汎用性が魅力。|まとめ

今回はシマノの『アンタレスDCMD』を紹介してみた。

個人的にはバスフィッシングだけで使うと持て余すと感じていて、ソルト・海外の釣りも視野にいれている人に向いているリールなんじゃないかと思っている。

ただ、所有感が半端なかったり、デザインや高級感に浸れる「大人のおもちゃ感」も溢れる素晴らしいリールであるとも感じている。
部屋でアンタレスDCMDを握ってハンドルをクルクルと回しているだけでも心が満たされるベイトリールは、そう多くはない。

世界中の魚を、ルアーで釣り上げたいと思っているドリーマーな方にも合うリールなので、1台で何でも狙いたい人にはオススメ。

※先述したが、アマゾンだと普段は60,000円台で売られているが、たま〜に50,000円台で安売りされていることもある購入の検討をしている人は、アマゾンはこまめにチェックしておいて損はないだろう。

アマゾンでアンタレスをチェックしてみる

楽天市場でアンタレスをチェックしてみる


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

スポンサーリンク


 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter