冬の野池で、レイドジャパン「レベルバイブ ブースト」を使った釣り方の方法。

[スポンサーリンク]



この季節になると、冬の野池のバスはなかなか口を使ってくれません。
そんな時に役に立つのが”リアクション(反射)”の釣り
小粒でカっ飛ぶレイドジャパンの「レベルバイブ ブースト」を使って、厳寒期の野池バスを攻略してみましょう。


<引用:レイドジャパン公式>


では、ブーストの基本的な使い方を解説していきます。

まず、メタルバイブ系ルアーの基本的な使い方としては

・冬の皿池タイプの野池で遠投してゆっくりタダ巻きをする。

・バスが居そうなスポットでリフト&フォールを行う。

これがレベルバイブブーストの最も一般的な使い方になります。

では、ブーストを使った「タダ巻きとリフト&フォールの釣り」を解説していきます。


タダ巻き

レベルバイブブーストは通常のバイブレーションプラグに近いような位置にアイがあるため、ゆっくりタダ巻きするような釣りでも使うことができます。
一般的なメタルバイブはアイの位置がルアーの後ろにあるために立ち泳ぎになってバタバタと泳いでしまいがち。ただ巻きがでは違和感があり、安定しにくい傾向があります。

ですが、ブーストはタダ巻きでも安定した泳ぎを見せてくれます。

・皿池タイプの野池で遠投してタダ巻き。
・水深が浅い野池でタダ巻き。
・水深ごとに細かく刻んでタダ巻きする。

こういった釣りにおいてレベルバイブブーストは活躍してくれるでしょう。

個人的な豆テクニックをもう1つお伝えすると、「タダ巻き→急にストップ」や、「トゥイッチ→急にタダ巻き」みたいな緩急をつけた釣り方も、小型バイブで釣るときに効果的な使い方だと思っています。
通常の使い方で全く釣れないときなどに、苦肉の策として使ってみてください。


リフト&フォール

もう1つの使い方として、「リフト&フォール」があります。

これはメタルバイブ系ルアーを使ったつりにおいて、冬に最も効果的なアクションといわれている方法ですが、それはレベルバイブブーストにとっても同じです。
ブーストを底まで沈めて、ロッドをしゃくってブーストを上に泳がせ(リフト)、急に落とす(フォール)。


この緩急をつけた使い方で、バスにブーストを発見させ、一瞬で視界から消えさせる。
これがブーストを使った「リフト&フォール」の釣りになります。

通常のメタルバイブだとリフトしたときにもしっかりバイブレーション(振動)するのですが、このアピールが透明になった冬の野池だとアピール過多になることもあります。
ブーストのアクションは小刻みなプルプル系なので、メタルバイブだと少しアピールさせすぎかな?と感じたときに、レベルバブブーストを投入してみてはいかがでしょうか。


以上、レイドジャパンのレベルバイブブーストを使った、冬の野池での使い方について解説しました。
普通のメタルバイブでは釣れないスレたバスを、レベルバイブ ブーストで攻略してみてはいかがでしょうか。

[スポンサーリンク]