【初心者向け】野池のオカッパリの釣り方と、メジャーフィールドの釣り方は違います。釣り方を変えましょう。

「雑誌や動画を見て、バス釣りのことについてたくさん勉強したのに釣れない」

「プロのアドバイス通りに釣りをしているのに、成果が出ない」

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

バス釣りを始めたての頃は何をすればいいのか迷ってしまいがちですよね。

釣るために頑張って勉強してみるものの、初心者のうちは成果が出ないことも多々あります。

さて、いきなりですが、残念なお知らせをしなければなりません。

それは、

【もしあなたが通っているフィールドが”野池”であるなら、これまでに学んだ知識は役に立たない可能性がある】

ということです。

僕はかれこれ20年以上、関東のスレっからしの野池でバス釣りを行っています。

しかしこれまでの経験上、メディアでバスプロ達が行っている「○○パターン」だとか、「●●テクニック」といった攻略法の多くは、野池の釣りにおいてはほぼ役立っていません。

そこで今回は、野池のオカッパリの釣りと、バスプロ達が釣りをするメジャーフィールドの釣りの違いについて書いていきます。

野池のオカッパリとメジャーフィールドの釣り、両者にはどのような違いがあり、そしてどう釣り分けていけばいいのでしょうか。

僕個人の体験談からきている解説を書いていきます。

野池のオカッパリと、メジャーフィールドのパターンフィッシングの違い

野池でバス釣りをしている人の中には、こんなことを感じたことがある人もいるんじゃないでしょうか。

●プロ達の言っていることを野池で試しているんだけど、効果がない。

●季節毎のパターンフィッシングをやっているのに、全く釣れない。

●レクチャー通りにルアーを選んでいるし、ルアーの操作もしっかりしているのになぜか釣れない。

改めて、少々残酷なお知らせをさせて頂きます。

あなたは今までバスプロ達のアドバイスや知識を勉強していたかもしれませんが、これまで学んできた知識はほとんど釣果に結びつかない可能性が高いです。

もちろん、中には有益な情報や知識もあるのですが、個人的な体験から意見を言わせていただくと、プロ達が言っていることの8割くらいは、野池のオカッパリの釣りに当てはまらないと感じます(正確に言うと、”当てはまりにくい”になります)。

世の中に出回っているバスフィッシング論は星の数ほど存在します。

しかし僕個人の意見を言わせて頂くと、野池のオカッパリを攻略する上でバスプロ達の意見や知識は、大体8割くらいは役に立たない(当てはまらない)と思っています。

その理由は以下の通りです。

1:フィールドの規模が違いすぎるから

2:バス達の”逃げ場”の有無

3:バスの捕食対象(ベイト)が違うから

「野池のオカッパリ」と「メジャーフィールドの釣り」。

球技に例えると、サッカーとバスケットくらい違いがあります。

そもそもの競技自体が全く違うようなイメージです。

同じ球技(バス釣り)ではありますが、そもそものルールや取り組み方、人数や環境などなど、両者ではかなり違いがあるのです。

種目自体が大きく違うため、野池のオカッパリを行うときとメジャーフィールドで釣りをするときは、意識して釣りの取り組み方を変えていく必要があると僕は考えます。

では上記3点について、僕個人の体験談を含めつつ解説していきます。

1:フィールドの規模が違いすぎる

野池の規模にもよりますが、そもそもメジャーフィールドと野池の規模には大きな違いがあるため、釣り方自体を変えてあげる必要があります。

メジャーフィールドでは「ヤル気・食い気のある魚と出会う」といった、バスを探していくタイプの意識が必要です。

しかし野池のオカッパリの場合、そもそも”魚と出会う・探す”必要がありません。

見える範囲・目の前の池のどこかに必ずバスが居るからです。

野池でバス釣りを行うときは、”目の前にバスが居ること前提”で釣りをしているということに気づくのが大事です。

見える範囲内に100%バスが存在していることがわかっているので、広大なメジャーフィールドで釣りをするときのように、わざわざ”探す”という行為を行わなくていい。

目の前に広がっている(ルアーが届く範囲内にいる)風景の中にはバスが必ず潜んでいて、ただソレを釣る…というゲーム。

僕は野池のバス釣りを、「別名:放流が無くて管理されていない、管理釣り場(しかも超スレてる)」と表現することがあります。

「ごく限られた範囲の中で、どうにかして魚に口を使わせる」といった取り組み方は、管理釣り場のスタイルに似ていますよね。

魚種がヘラブナだろうがコイだろうがニジマスだろうが、『目の前にいる魚に対してどうにか工夫して口を使わせる』という取り組み方は、魚種に限らず管理釣り場で釣りをしたときには共通している要素です。

●小規模の野池で”巻物でサーチ!”は諸刃の剣

ですから、規模が小さい管理釣り場で「まずは巻物でサーチ!ヤル気のある魚を拾っていこう!」などと意気込んでしまうと、バスに警戒心を与えすぎてしまう可能性が高くなります。

広大なメジャーフィールドなら「巻物でサーチ!」は有効な手段です。

しかし野池(特に小規模)の場合、ハードルアーでテンポよく探って、反応があったところでワーム…といったバスフィッシングの王道パターンがそもそも効きにくい。

もちろん、天候や水質などが変わったりしてバスの活性が高くなった瞬間であれば、パワーの強いルアーでも釣ることはできます。

しかし野池のバス釣りはどちらかというと、メジャーフィールドの釣りで行う「探して食わす」ではなく、「制限のある中でなんとか食わす」といった感じです。

特にスレまくった魚を相手にする場合、やや技巧的なアプローチと知識が必要になるのです。

日本のバス釣り界のレジェンドアングラーである田辺哲男氏は、「バス釣りはヤル気のある魚と出会って、ルアーパワーで引っ張って食わせる…というのが基本」と仰っていますが、残念ながら小規模の野池のオカッパリにおいてはあまり当てはまらないと感じます。

しかしレンタルボートでメジャーフィールドなどを攻略する場合、上記のような基本的な取り組み方をしないと全く釣れません。

「目の前の風景に潜んでいるであろうバスを、どうにかして食わせる」といった技術のみを追求してしまうと、今度は逆に、広大なフィールドでバスを探し出す能力が育たない。

ですから、野池のオカッパリの釣りとメジャーフィールドの釣りは、取り組み方自体を意図的に変えてあげることが大切だと僕は考えています。

補足:とりあえず1本釣りたい場合は?

もしあなたが野池で釣りをするときに、「手っ取り早くバスを釣りたい!とにかく1本釣りたい!」という場合は、いきなりワームを投入しても良いでしょう。

すでにバスの居場所を知っている状態から釣りを始めることになるので、とにかく1匹でも釣りたいならフィネスなリグを投入しても全然オッケーです。

数を刻んで時間をかけて、細かく丁寧にじっくりとフィネスリグを使っていきましょう。

あるいは、バイブレーションやメタルバイブ、ミノーやクランクの超高速巻きなどで、リアクションの釣りを行うのも有効です。

ハードルアーを使う場合も、そこにバスが居ると理解した上で、意図的に”反射・リアクション”を引き出すような意識を持つといいでしょう。

野池のオカッパリで手っ取り早く釣果をあげるなら、「そこに魚が居るのが前提の釣り」をするのが確実な方法だと僕は考えます。

2:バス達の”逃げ場”の有無

霞ヶ浦や琵琶湖、ダムなどの広大なフィールドでは、バス達に”逃げ場”が存在します。

寒かったら深い場所に移動すればいいし、暑かったら涼しい場所へ避難すればいい。

人が来て警戒したら、障害物が多い場所に隠れることもできます。

しかし小規模の野池のバスは、上記のような行動がとれません。

野池のバス達にとって野池の規模の小ささは、まるで”牢獄”のようなものです。

野池のバス達は、限られた範囲の中で限られた数の餌を工面しつつ、死に物狂いで春夏秋冬を乗り越えなければならない…という過酷な環境で生活しています。

メジャーフィールドのバスの行動パターンと、野池バスの行動パターンは、似ているようでまるで違うのです。

●プレッシャーのかかり方にも違いがある

例えば、野池の周囲が遊歩道で囲まれているようなタイプの場合、バスたちは年がら年中、人間の存在(足音や声など)を警戒しながら生活しています。

また水深が浅い場合、冬鳥などがやってきて捕食されてしまう危険性があるため、野池バス達は日々プレッシャーを受けているのです。

霞ヶ浦も似たような傾向がありますが、そもそも規模に違いがありすぎるため、野池バス達よりかは警戒心が薄い(といってもめちゃくちゃスレてますが…)。

そのため、逃げ場があるメジャーフィールドのバス達に比べると、野池のバスはプレッシャーを受けるレベルが尋常じゃないんですね。

メジャーフィールドのバスは、ヤル気があったら割とシンプルに食ってくる傾向がありますが、野池バスの場合は、「ヤル気はあるけど食ってこない」ということも多いです。

小規模の野池のスレバスをバイトに持ち込むのは、かなり技術を要することなのだと知っておきましょう。

3:バスの捕食対象(ベイト)が違うから

フィールドの規模によって、バスの捕食対象(ベイト)の種類や量が変わってきます。

例えば霞ヶ浦の場合、小型のボラやハゼ、テナガエビやヌマエビ、アメリカザリガニ、ギルや小バスなどなど、バスのベイトとなる存在が豊富です。

しかし小規模の野池の場合、バスがその池に入って期間が経っているのなら、ザリガニなどのベイトの数はごく僅かになっていたりします。

「3年前まではアメザリがたくさんいたのに、今年はまるで見かけない」といったことも起こるので、ベイトの存在の違いは大きなキーポイントになります。

野池のバスはベイトが少なくなると、虫やギル、子バスを偏食するしかなくなります。

ベイトのサイズが小さ目なため、大きなルアーだと反応を得られにくくなることもあります。

そのため、メジャーフィールドで使っているルアーのサイズを、野池向けにサイズダウンする必要も出てきます。

「人気のルアーを使っているのに全然釣れない」と感じている人は、ルアー自体のアピール力を調整するといいでしょう。

まとめ:野池の釣りとメジャーフィールドの釣りは、取り組み方を変える必要があります。野池にはパターンフィシングが効きにくい。

野池の釣りとメジャーフィールドの釣りは、取り組み方やスタイルを意図的に変えてあげると良い結果に結びつきやすいと感じます。

バスプロ達が行っているパターンや知識は、必ずしも野池のバス釣りに当てはまるわけではないと知っておくと、ギャップに悩まされにくくなります。

「バス釣りに関して色々と勉強しているのに、全然釣れない」と悩んでいる人は、この記事を参考にしてみてください。

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter