【初心者向け】バスロッドのml(ミディアムライト)の用途

バス釣りのロッドには様々なパワー設定が用意されているが、その中でも「ミディアムライト(ml)」というパワーのロッドに馴染みがない人もいるんじゃないだろうか。

mlロッドは、クランクベイトや軽量スピナーベイトなどの巻物や、軽量トップウォーター プラグ、それにやや重量のあるワームリグに使われることが多い。

しかし、オカッパリでこういったルアーをメインに立ち回るアングラーが少ないからなのか、バスロッドのmlパワーはやや不人気であると感じる。

そこで今回は「バスロッドのmlパワーの用途って何なの?」ということをテーマに、僕個人の主観も含めて書いていこうと思う。

【初心者向け】バスロッドのml(ミディアムライト)の用途

一般的に、バスロッドのml(ミディアムライト)パワーのロッドは「軽量ハードルアー」に良いとされている。

その他、リグの総重量が7〜12gくらいのワームの釣りなどにも使われる。

ルアーの総重量が5〜12gくらいのルアーを快適に扱いたいならmlの出番。

バスロッドのmlパワーとはどんなもの?

バスロッドのml(ミディアムライト)は、L(ライト)パワーより強く、M(ミディアム)パワーより弱い。

LとMは多くの人に愛用されるパワー帯だが、MLは扱いがやや限定的な印象があり「mlって実は使ったことがない」という人もいるかもしれない。

確かにmlパワーは使い方が限定的(専門的)になりがちなパワーだが、用途を明確にすれば無くてはならない存在だと気づくはずだ。

バスロッドのmlパワーの用途

バスロッドのmlパワーの用途は先述したが、大まかな用途としてはこんな感じ。

■バスロッドのmlパワーの用途

・軽量ハードルアー。
・軽〜中重量のソフトルアー。
・パワーが必要になるベイトフィネス。

■軽量ハードルアー

バスロッドのmlパワーは、小型のスピナーベイトやクランクベイト、ペンシルベイトやポッパーなどの小型トップウォーターに使われることが多い。

クランクベイト

10〜16gくらいまでのクランクベイトは、(人にもよるが)ミディアムパワーのロッドが選ばれることが多い。

ラッキークラフトのRTO1.5や2.5、エバーグリーンのゼルクやシャローホグ、デュオのレアリスクランクなどのノーマルサイズのクランクにはM。

ディスタイルのクロールアップ、メガバスのグリフォン、ダイワのピーナッツ2などの小型クランクベイトにはML。

…といった具合に、クランクの重さによってMとMLを使い分けている人が多い。

僕個人としても11~17gくらいのクランクベイトはミディアムパワーを選ぶし、小型クランクはミディアムライトやベイトフィネスロッドを使って投げることが多い。

また、RTO1.5などを使うときに、意図的にMLクラスの柔らかいロッドを使ってカバーを舐めるようにガンガンぶつけていきたい…といった狙いがあるときにも、mlのようなやや柔らかいロッドを選んだりすることもある。

ミノー

また、8〜10cm程度のミノー(ジャークベイト)をジャーキングするようなときにもmlが選ばれることが多い。

メガバスのワンテン、ボーマーのロングA15A、ジャッカルのリレンジ110SPなど11cmくらいのミノーを使うときはM。
MLでもこのサイズのミノーをジャークすることは全く問題ないが、MLだとアクションするときに余計な力が必要になるため身体的な負担も大きくなる。

ボーマーのロングA14Aや、スミスウィックのラトリンログ、メガバスのX-80など8cmクラスのミノーを使うときはml。

小型のミノーをミディアムパワーでジャークすると移動距離が大きくなってしまうこともあるので、このサイズのミノーをジャークしたいときにはMLパワーでないとダメ…というこだわりを持っている人もいる(僕です)。

ルアーの重量が10gを切るようなものを使うときはMLの出番。

トップウォーター

ロッドワークが重要とされる軽量トップウォータープラグや、ミノーのジャーキングなどの釣りには、5.6〜6.3フィートクラスのmlパワーのロッドがベストマッチ。

ヘドンのザラスプークやクレイジークローラー、ジャッカルのポンパドールJrなどやや大きめのトップを投げるときはM。

メガバスのドッグx Jrコアユやドッグx、ポップxなどの小型トップはML。ジャイアントドッグxはどちらのパワーでも。

ボディサイズが小さいトップをMパワーで扱うと、移動距離が大きくなったりしてアクションが過剰になり、ボディが大きなトップをMLで扱おうとするとダルンダルンになってアクションさせにくい。

僕個人の体感的にも、5〜14gくらいまでのトップはML、14〜22gくらいまでのトップはM…といったようにパワーを使い分ける。

■重量のあるワームリグ

6インチ以上のやや大きいストレートワームを使ったネコリグや、ヘビーダウンショットなどの釣りにもmlパワーが使いやすい。

4.5〜5.5インチのネコリグなどを使うならベイトフィネスロッドでも構わないが、それ以上バルキーなワームを使うとするなら、キャスタビリティーとフッキングの面から見てもmlパワーが向いている。

スナッグレスネコリグのフックは、1/0〜2/0くらいまでならベイトフィネスロッドでもフッキングが可能だが、3/0くらいの太いマスバリになるとベイトフィネスロッドではバスの硬い上顎を貫通させるのには頼りない。

6インチ以上のストレートワーム+1.8g~3gくらいのネイルシンカーをセットしたネコリグ…みたいな大きめのリグを使うときはML。場合によってはM。

「Mパワーだとちょっと強すぎるけど、ベイトフィネスロッドだとフッキングパワーが弱すぎる…」といった悩みを解決するときにも、mlパワーを選ぶ。

【初心者向け】バスロッドのml(ミディアムライト)の用途|まとめ

今回は、バスロッドのmlパワーの用途について、個人的な主観も含めて書いてみた。

mlパワーはやや専門的な釣りに使われることが多いため敬遠されがちのパワーだが、1度使ってみると手放せなくなるくらい面白いパワーだと僕は思っている。

■バスロッドのmlの用途

・7〜9gの小型クランクベイトや小型スピナーベイト 、ポッパーやペンシルベイトなどを使うとき。

・8cmくらいの小ぶりなジャークベイトを使うとき。

・やや太いラインを使って、フィネスリグを使いたいとき。

・ベイトフィネスよりも少し強めのワームを使いたいとき(パワーベイトフィネス的な)。

バスロッドのmlパワーの用途はわりと限定的なので、イマイチ使いどころがわからないという人も多いかもしれないが、もし上記のまとめ内容にあるような釣りを快適に行いたいなら、バスロッドのmlパワーは持っていて損はないだろう。

【こちらも読んでいきませんか?】

    オカッパリで使いやすいクランクベイトロッド(クランキングロッド)を紹介します。 &…

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter