【初心者向け】バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途

今回は、「【初心者向け】バスロッドのヘビーパワーの用途」について書いていく。

バスフィッシングでは様々なロッドパワーは存在するが、その中でも「H(ヘビー)パワー」は、やや専門性のある分野で活躍するロッドパワーだ。

ヘビーパワーを使ったことがない人には、ややとっつきにくいと感じるロッドパワーかもしれない。

しかし、用途や目的を理解することで、ヘビーロッドはなくてはならないパワーバンドだとわかって頂けるハズ。

【関連記事】

【初心者向け】バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途・特徴とは

バスロッドのH(ヘビー)パワーの主な用途

バスロッドのヘビーパワーの用途は、以下のようなもの。

■バスロッドのヘビーパワーの用途

・濃い目のカバーを撃つ釣りに。

重いルアーを投げる釣りに。

太いフックを使うときに。

バスロッドのヘビーパワーは、「障害物が多い場所(ヘビーかバー)」や、「重量級のデカくて重いルアーを扱うとき」などに出番が多い。

カバーの「奥の奥」を攻略するには、ヘビーロッドが必要不可欠

ヘビーロッドを使った釣りの代表とも言える用途が、カバー打ちだ。

「おかっぱりの何でもロッド」にはM(ミディアム)〜MH(ミディアムヘビー)が多いが、そういったロッドで写真↑のような木々が生茂るポイントを攻めるには、やや頼りない。

バスは障害物の手前でなく「奥の奥」にいる。

ヘビーカバーの奥の奥を狙っていくカバー打ちには、ヘビーロッドは必要不可欠なアイテムなのだ。

「太いラインを使って、太いフックと重いシンカーをつけたワームを、障害物が多いスポットへブチ込む」といった豪快なスタイルは、ヘビーロッドの用途として最もポピュラーだと言える。

ヘビーカバーを撃つ釣りヘビーロッドを使う理由

↑写真のように、水中に沈んだ木々・覆いかぶさった木々などの障害物にルアーを投げるときには、ロッドにパワーが必要だ。

魚がかかったときに奥の奥から引っ張り出そうとするときや、障害物越しにフッキングをするときには、ロッドパワーがないと魚をキャッチできない

細いラインで弱いロッドを使って無理やり行おうとすると、ファイト中やフッキング時にラインが切れてしまったり、掛けれたとしてもバスをかバーからブチ抜いてこれないのだ。

なので、障害物が水中にたくさん沈んでいるようなスポットでは、バスロッドのヘビーパワーが必要になる。

カバーの釣りを成立させるためには、バスロッドのヘビーロッドが絶対に必要だ

【関連記事】

重いルアーを投げる釣りに

重いルアーを投げるときも、ロッドにパワーが必要。

一般的なルアー(写真下)と、ビッグベイト(写真上)を比べると、大きさも重量もかなり違う。

ライトやミディアムパワーのロッドだと、1オンスを超えるような重くてデカいルアーを投げるのが困難。

ミディアムパワーのロッドを使って2オンス近くのルアーをフルキャストするとロッドが破損するため、重くて大きいビッグベイトを使った釣りをするのにはヘビーロッドが必要になる。

補足:無理やり投げると折れることもあるので注意

ロッド表記以上のルアーを無理やり使ってロッドを破損させた場合、メーカー保証が無効になるで注意が必要。

最近は軽いルアーから重いルアーまで幅広く投げられるロッドが増えてきた。

しかし、適合ルアーウエイトの上限を上回る使い方をするとデメリットも出てくるので、重いルアーを投げるのには注意が必要。

重いルアーを安心・安全に投げるのなら、ヘビーロッドを使うのがオススメ。

【関連記事】

太いフックを使ったルアー使うときに

ルアーに太いフックが付いている場合も、ヘビーロッドの出番。

例えば、「フロッグ」がその代表とも言える。

フロッグフックはフック太く、バスが食ってきたときにロッドにパワーがないと、バスの口をフックが貫通しない。

フロッグにはとても太いフックが2本搭載されていることが多いため、ヘビーパワーのロッドが必要になるのだ。

また、3/8oz以上のラバージグには、写真のように太いフックが搭載されているため、ジグ用ロッドにもヘビーロッドが選ばれることがほとんど。

使うルアーのフックが太ければ太くなるほど、ロッドにもパワーが必要になってくる。

使うルアーのフックが太いフロッグやラバージグなどには、ヘビーロッドを選ぶのが一般的だ。

【関連記事】

ヘビーロッドの豆知識:フックの太さでロッドパワーを選ぼう

一般的なジグヘッドフック(写真上)と、カバーで使うことが想定された太いフック(写真下)。

カバー撃ち用のフックは太いフックであることが多いため、こういった太軸フックをバスの上顎に確実に貫通させるためにも、ヘビーパワーが必要。

1オンスくらいの重いシンカーを使ったテキサスリグで濃いカバーを撃つ「パンチング」などをする場合も、ヘビーロッドが必要不可欠。

【初心者向け】バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途|まとめ

今回は、バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途を書いてみた。

この記事で書かれていることをまとめると、以下のような感じになる。

■バスロッドのヘビーパワーの用途|まとめ

●濃い目のカバーを撃つ釣りに!
→細いラインでカバーの奥の奥からデカバスを引っ張り出すには、ヘビーロッド+太いラインで!

●重いルアーを投げる釣りに!
→1oz以上の大きくて重いルアーには、ヘビーロッドがマッチする。

●太いフックを使うときに!
→フロッグやラバージグ、大きいワームを使ったテキサスリグ、スイムジグなどにはヘビーロッドがマッチする。

ヘビーカバー打ち、ビッグベイト、フロッグやラバージグといったストロングな釣りをするなら、ヘビーロッドは必須アイテムだ。

以下の記事に使いやすくて人気なヘビーロッドをまとめてあるので、よかったらコチラモ参考にしてみてほしい↓