【初心者向け】バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途


スポンサーリンク


今回は「【初心者向け】バスロッドのヘビーパワーの用途」について書いていく。
バスフィッシングでは様々なロッドパワーは存在するが、その中でも「H(ヘビー)パワー」は、やや特殊で専門性のある分野で活躍するロッドパワー。

どんなところでバスロッドのヘビーパワーが活躍するかというと、その用途はこんな感じ。

■バスロッドのヘビーパワーの用途
・濃い目のカバーを撃つ釣りに。
・重いルアーを投げる釣りに。
・太いフックを使うときに。

基本的には「障害物が多い場所(ヘビーかバー)」や、「重量級のデカくて重いルアー」を扱うときなどに出番が多い。

【関連記事】

スポンサーリンク



【初心者向け】バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途

「おかっぱりの何でもロッド」にはM(ミディアム)〜MH(ミディアムヘビー)が多いが、そういったロッドで写真↑のような木々が生茂るポイントを攻めるには、やや頼りない。
バスは障害物の手前でなく「奥の奥」にいる。

バスロッドのヘビーロッドの基本的な用途は、「太いラインを使って、太いフックと重いシンカーをつけたワームを、障害物が多いスポットへブチ込む」といったもの。

濃い目のカバーを撃つ釣りに

先述したが、バスロッドのヘビーロッドの用途として最もポピュラーであると言える使い方が「カバー撃ち

↑写真のように、水中に沈んだ木々・覆いかぶさった木々などの障害物にルアーを投げるときには、バスロッドにパワーが必要。

魚がかかったときに奥の奥から引っ張り出そうとするときや、障害物越しにフッキングをするときにはロッドパワーがないと魚をキャッチできない。
細いラインで弱いロッドを使って無理やり行おうとすると、ファイト中やフッキング時にラインが切れてしまったり、掛けれたとしてもバスをかバーからブチ抜いてこれない。

なので、障害物が水中にたくさん沈んでいるようなスポットではバスロッドのヘビーパワーが必要になるのである。

また、そういったポイントを攻めるときは使用するルアーのフックも太くなる(詳しくは『太いフックを使う釣りに』の項目にて)
だから、カバーの釣りを成立させるためにはバスロッドのヘビーロッドが必要。

バスロッドのヘビーロッドの用途として最も有名なのは、ヘビーカバー撃ち。

[スポンサーリンク]


重いルアーを投げる釣りに

重いルアーを投げるときも、ロッドにパワーが必要。

一般的なルアー(写真下)と、ビッグベイト(写真上)を比べると、大きさも重量もかなり違う。
ライトやミディアムパワーのロッドだと、1オンスを超えるような重くてデカいルアーを投げるのが困難。

ミディアムパワーのロッドを使って2オンス近くのルアーをフルキャストするとロッドが破損するため、重くて大きいビッグベイトを使った釣りをするのにはヘビーロッドが必要になる。

補足:無理やり投げると折れることもあるので注意
ロッド表記以上のルアーを無理やり使ってロッドを破損させた場合、メーカー保証が無効になるで注意が必要。
最近は軽いルアーから重いルアーまで幅広く投げられるロッドが増えてきた。
しかし、適合ルアーウエイトの上限を上回る使い方をするとデメリットも出てくるので、重いルアーを投げるのには注意が必要。
重いルアーを安心・安全に投げるのなら、ヘビーロッドを使うのがオススメ。

太いフックを使ったルアー使うときに

ルアーに太いフックが付いている場合も、ヘビーロッドの出番。

この写真はフロッグというルアーのものだが、このルアーはフックが太く、バスが食ってきたときにロッドにパワーがないと、アワセせたとしてもバスの口をフックが貫通しない。

また、濃いカバーを撃つときは、奥の奥までルアーを送り込む必要があるため、シンカーも重くなる。
そういった場所を撃つ釣りには「太いフック」を使うことが多い。
ヘビーロッド&太いラインを使った釣りに耐えられるフックでないと、アワせたときにフックが曲がったり折れてしまうからだ。

一般的なジグヘッドフック(写真上)と、カバーで使うことが想定された太いフック(写真下)。
カバー撃ち用のフックは太いフックであることが多いため、こういった太軸フックをバスの上顎に確実に貫通させるためにもヘビーパワーが必要。

1オンスくらいの重いシンカーを使ったテキサスリグで濃いカバーを撃つ「パンチング」などをする場合も、ヘビーロッドが必要不可欠。

【初心者向け】バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途|まとめ

今回は、バスロッドのH(ヘビー)パワーの用途を書いてみた。

■バスロッドのヘビーパワーの用途
・濃い目のカバーを撃つ釣りに。
・重いルアーを投げる釣りに。
・太いフックを使うときに。

バスロッドのヘビーロッドの用途は、基本的にはこんな感じ。

もし自分が通うフィールドにヘビーなカバーがあったり、デカくて重いビッグベイトを投げてみたいなら、ヘビーロッドを使うと快適に楽しめると思う。

もしバスロッドのヘビーロッドが気になっている人は、ストロングでタフネス、豪快で爽快なヘビーロッドを使った釣りをぜひ楽しんでみてほしい。

【関連記事】この記事でもヘビーロッドについて書いているので、よかったら参考にしてみてほしい↓

[スポンサーリンク]



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter