【ゾディアス 1610H インプレ】シマノのヘビーロッドでおすすめ。1年間使い込み。3オンスまで投げられる怪力。

リーズナブルなヘビーロッドを探していたときに出会った、シマノの『ゾディアス 1610H』。

1万円ちょいで購入できるし、テキサスやジグ、ビッグベイトといったストロングな釣りが快適にできるので気に入っている。

実際に1年ほど使ってみたのでレビュー・インプレしてみる。

■シマノ『ゾディアス1610H』の良い部分
・安い。
・デザインが好み。
・剛性感(手荒く扱ってもビクともしない)
■シマノ『ゾディアス1610H』の残念な部分
・個性・味が薄い。
・所有感に欠ける

アマゾンで1610Hをチェックしてみる

【関連記事】

【ゾディアス 1610H インプレ】シマノのヘビーロッドでおすすめ。1年間使い込み。3オンスまで投げられる怪力。

これが今回インプレする、シマノの『ゾディアス1610H』

リーズナブルな価格、ラフに扱ってもビクともしない剛性感、しなやかで使いやすいブランクスが特徴。

スペック

シマノ『ゾディアス 1610H』

全長:2.08m
自重:122g
先径:2.2
適合ルアーウエイト:12-42g
適合ラインlb(ナイロン・フロロ):12-25lb
グリップ長:255mm
テーパー:F(ファースト)
カーボン含有率:98.4%
技術特性:ハイパワーX、タフテックα、CI4+
本体価格:18,000円

アマゾンで1610Hをチェックしてみる

●ガイド素材

ゾディアス1610にはSicガイドではなく『アルコナイトガイド』が使われている。

補足:アルコナイトとは?

アルコナイトガイドは、Sicガイドとハードガイドの中間に位置するようなガイド。
日本のロッドはSicガイドが採用されいているものが多いが、バスフィッシングの本場アメリカではアルコナイトはポピュラーなガイドリング素材として使用されている
日本では出回っていないガイドらしい。

●グリップ素材

サラサラ感が気持ちよく、疲れにくい『CI4+』グリップ。

補足:CI4+グリップとは?

従来の樹脂よりも軽量で高い強度を持つ、シマノ独自の素材『CI4』を更に進化させたもの。
リールシートにCI4+を使用することで、軽量化・感度アップ・操作性アップに繋がる。
 

”お値段以上”なコスパが嬉しいロッド

メーカー価格は18,00円だが、楽天などのネット通販サイトを利用すれば13,000円前後で購入できる。

釣具屋さんなどの店頭で直接買うより安く入手できるからネット通販で買うことをオススメする。

また、ゾディアスは2020年にニューモデルが発売されるので、旧モデルは値下げされる傾向がある。こまめに価格をチェックするのがお得に購入する方テクニック。

アマゾンで1610Hをチェックしてみる

シマノ『ゾディアス 1610H』の外観・デザインのインプレ

新品で購入すると付いてくるロッドケース。

グリップエンド。自分好みのバランスにしたかったので、板オモリを巻いて加工した。

色々なリールとのコーデ

■シマノ『メタニウムDC』

■シマノ『’07メタニウム』

■ダイワ『’17タトゥーラSV TW』

シマノ『ゾディアス 1610H』を実際に1年使い込んでみたインプレ

年間を通してシマノ『ゾディアス1610H』を使ってみたが、リーズナブルな価格を感じさせない扱いやすさとパワーを感じた。

ヘビーカバーからバスを引き抜いたり、重いルアーを快適に投げ切れたり、軽くて疲れにくかったりするなど他にも魅力的な面がたくさんあるが、価格から見ても必要十分(あるいはそれ以上)の能力を備えているロッドだと思う。

ボートデッキにブン投げても”コイツは絶対に折れない”というタフネス面での安心感もずば抜けている(※ロッドはブン投げないでください)。

●トルクフルなパワー感が病みつきになる

その他にゾディアス1610Hを使っていて興味深いと思った点には「ファイトの楽しさ」がある。

子バスを掛けたときは過剰なパワーで強引に引き寄せることもできるが、相手が小物でも気持ちよくロッドが曲ってくれるので、小さい魚でもファイトを楽しませてくれるのが印象的だった。

逆に、デカバスが相手になるとトルクフルに強引なファイトも可能なパワーも持ち合わせているため、大物が掛かったときでも安心してやりとりできる。

バスフィッシング初心者の人や、ヘビーロッドを使ったことのない人、ヘビータックルを新たに増やしたい人にはお勧めできるロッドだと感じた。

キャスト感はやや硬め

キャスト感は中弾性ということもあり、”そこそこ”しなやかに曲がる。

しかし思っていたよりも硬く感じるので、「ヘビーロッド1本でおかっぱりで何でも投げたい!」という考えで購入すると失敗するかもしれない。

店頭で触ってみるのと何にでも使えそうなしなやかさが目立つが、実際に使ってみるとかなり硬く感じる。

「中弾性だからしなやかで投げやすそう!」と期待していると期待外れに終わるかもしれないので、もし購入を考えているなら使用するルアーをハッキリ決めてから買うことを勧める。

10〜20gくらいまではピッチングは問題ないが、サイドキャストは投げにくい。20g以上のルアーはどんなキャストでも快適になってくる。

ビッグベイトなどの重量級ルアーはめちゃくちゃ快適に扱える。

対応ルアー

20gを超えるデカいハネモノやビッグベイト、マグナムクランク、7〜14gくらいのジグ&テキサス、5インチワームのシャッドテールをセットしたスイムジグ、1オンス前後のスピナーベイトに合う。

その他は硬すぎて使いにくいと感じる。

5g+3〜4インチのテキサスには硬く感じて投げにくい。が、ピッチングなどで使用するには全く問題ないし、バイトも取れる。

感度

感度は十分にある。正直使う前はナメていたが、テキサスリグなどでカバーを絡めた釣りにおいても必要十分な感度だと思った。

扱うルアーやラインの素材・太さによっても変わってくるが、障害物とバイトを間違えるくらいには感度はある。

一昔前の高級ロッド並みか、それ以上に感度はある。

握り心地

グリップが比較的小さめなので、かなりリールを握りやすい。

ゾディアスシリーズ全てに言えるが、パーミングのしやすさも『ゾディアス 1610H』の魅力。

CI4+グリップが非常に握りやすい。長時間握っていても疲れにくい。


シマノ・ダイワどちらのリールをつけても違和感なくパーミングできる。

シマノ『ゾディアス 1610H』の残念なところ

シマノ『ゾディアス 1610H』の残念な部分は、「先重り感」「所有感」。

先重り感が強い

多くのヘビーロッドは先重り感があって穂先が下を向く傾向があるが、それはゾディアス1610Hにも言える。

ロッドバランスは個人の好みがあるため個人差があるが、僕はグリップエンド部分に板オモリを巻いてバランスをとるようにカスタムして先重り感を解消した。めちゃくちゃ快適。

所有感に欠ける

コスパが良いので、高級タックルを所有している満足感・優越感は皆無と言える。

だが、意外とゾディアスを使用している人を釣り場で見かけないので、”レア感”はそこそこあると思っている(笑)

【ゾディアス 1610H インプレ】シマノのヘビーロッドでおすすめ。1年間使い込み。3オンスまで投げられる怪力。|まとめ

今回はシマノのヘビーロッド『ゾディアス 1610H』をインプレ・レビューしてみた

リーズナブルな価格、ラフに扱ってもビクともしない剛性感、しなやかで使いやすいブランクスが特徴の本ロッド。実はもう1本追加しようか検討している。それくらい使いやすくて楽しいロッド。

まだまだ全てを扱い切れていないため、底知れない力を感じているのが非常に興味深くて面白いロッドだと思う。

このロッドが気になっている人はぜひチェックしてみてほしい。

アマゾンで1610Hをチェックしてみる

【こちらもお役に立つかもしれません】