レイドジャパンのデカダッジを投げるのに適したロッドパワーとラインの太さは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


今回は、デカダッジみたいな大きい羽物ルアーを投げるのに適しているロッドとラインについてお話します。

デカダッジは重量がかなりあるルアーですから、もし適していないロッドで無理やり投げようとすると、最悪の場合、ロッドが折れてしまうこともあります。

デカダッジのようなビッグクローラーベイトを投げるには、それ相応のパワーを持ったタックルを用意する必要があるのです。

■レイドジャパン「デカダッジ」を投げるのに適したタックル
・ヘビーロッド。
・16ポンド以上のライン。

スポンサーリンク



レイドジャパンのデカダッジを投げるのに適したロッドパワーとラインの太さは?

レイトジャパンのデカダッジは人気の羽物ルアーですが、いかんせん”重い”と言うこともあって投げられるタックルが限定されてしまいがち。

陸っぱりでよく使われるミディアムパワーからミディアムヘビーくらいのロッドでデカダッチのような2オンスのルアーを投げる事は、まぁまぁ危険です。

ですから、デカダッジのような大きい羽物ルアーを投げるときには「ヘビークラスのロッド」が必要になります。

ルアーの表記で言うなら「14グラムから1と2分の1オンス」程度と表記されているようなヘビーロッドで投げるのが適切であり安心感も得られるでしょう。
もっと専門性を求めるのであれば、ビッグベイトやパンチングなどで使われるエクストラヘビーロッドを使うと更に快適に扱うことができます。

僕がデカダッジのような2オンス級ルアーを投げるときは、普通にヘビーロッドを使ってしまいます。
ゾディアスの1610Hとか、エクスプライドの169H、ワールドシャウラであれば1703みたいな、汎用性の高いヘビーロッドであれば問題なく投げれてしまいます。

【関連記事】ヘビーロッドについて書いた記事はコチラから読むことができます↓

適合ライン

ラインは、フロロカーボンであれば16ポンドから20ポンド
ナイロンラインであれば20ポンドから25ポンドあるとベスト。

僕ならフロロなら16、ナイロンなら20を使います。
フロロ16ならワームを使いたいときで多少のヘビーカバーの釣りにも使えますし、ナイロン20なら巻物にもライトカバーにも使えますから、汎用性が高いポンド数になると思ってますので^v^

デカダッジのような2オンス級ルアーを投げるなら、ヘビーからエクストラヘビーのロッドと、16ポンドから20ポンドのラインを使えば快適に羽もののトップウォーターフィッシングを楽しむことができるので、セッティングがわからなくて困っている方は参考にしてみてください。

【関連記事】

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする