バス釣り|2021年、買ってよかった釣具・タックルまとめ

2021年も残すところあとわずか…。

ということで、「2021年版:買ってよかったバス釣り用タックルまとめ」を紹介します。

バス釣り|2021年、買ってよかった釣具・タックルまとめ

ラバーグリップ

今年もっとも買ってよかったと思ったのは、「ラバーグリップ」。

ロッドグリップに着けることでグリップ性能があがる…というスグレモノなのですが、これがめちゃくちゃ良い!

キャストがブレにくくなり、魚とのファイトも安定します。

しかも、価格的にもリーズナブル(アマゾンだと1,000円以内で買える)なので、導入へのハードルが低いという点も◎

メインのロッドにはラバーグリップを巻きまき…完全にラバーグリップ中毒でございます( ^ω^ )

メーカーはどれでもいいと思いますが、購入前は”径(サイズ)”に気をつけたいところ。

サイズの選び方などは以下の記事で紹介しています↓

レイドジャパン「グラディエーターマキシマム “バルトロヒート2″」

レイドジャパンのミディアムヘビーバーロッド、「グラディエーターマキシマム ”バルトロ ヒート2”」。

汎用性のあるヘビーバーサタイルロッドで、巻物からワーミングまで幅広く対応する作り。

羽根モノ、1/2〜3/4ozのハードルアー、テキサスやラバージグに◎

とにかくバーサタイル性がいいので、オカッパリの便利な1本としてお気に入りです。

とにかくキャスト感がよく、曲げていて楽しい!それでいて高感度です。

ファイト中に手元を支えているだけで、デカバスが勝手に浮いてきます。

噂によるとデ○ーノブランクスらしく、なるほど納得の使用感。

「レイドジャパンのロッドは折れるw」とかいう迷信は、自分のなかから完全に消え失せました。

レイドジャパン「グラディエーターアンチ”キングヘビー”」

これまたレイドジャパンのロッド。

”キングヘビー”が7.2フィートのヘビーロッドで、汎用性のあるヘビーバーサタイル系ロッドとして人気があります。

1〜2ozのハードルアー、テキサス・ラバージグにGOOD。

しなやかでモチッとした弾力のあるブランクスとなっており、おそらく中弾性かなと。

このモチっとしたフィーリングが最高なんですわ…。

”キングヘビー”は、同シリーズの「ジョーカー」や「バルトロ」とは違うブランクスが搭載されているようです。

ジョーカーやバルトロは硬くてシャキっとした作りでしたが、キングヘビーはしなやかでよく曲がる。

キャスト・ファイトともに、気持ちよくブランクスを曲げて楽しむことができます。

感度こそマキシマムシリーズには劣るものの、トータルバランスが良いです。

スーペリオ「COフック」

JB TOP50プロの小森嗣彦氏が監修したオフセットフック。

アイの部分に溝が入っていて、ラインの結び目がズレにくい作りになっています。

実際に使ってみて、ライン結束部がズレたことは一度もなかったと思います。

針先(フックポイント)も非常に鋭いです。

アベレージサイズを2〜3本釣っても針先がなまりにくいので、コスパもいいですね。

アマゾンでいつでも買えて、しかも価格が変動しないという点も個人的にはうれしいポイントだったりします。

シマノ「20 ゾディアス 264L」

シマノ社の人気シリーズ「ゾディアス」のスピニングロッド。

6.4フィートのライトパワーで、ライトリグから小型ハードルアーまで幅広くこなすことができるロッドです。

一般的なライトパワーロッドは、適合ルアー ウエイトが1/4oz(7g)までのものが多いですが、当ロッドは上限が3/8oz(10g)。

ライトリグだけでなく、シャッドプラグやスモールクランク、コンパクトスピナーベイト などにも使えるので助かっています。

オカッパリ・レンタルボート とわず、とても使い勝手がいいです。

カーボンモノコックグリップ化されたので、旧モデルよりも感度がアップしたと思います。

折金一樹「オリキン式 バス釣りを能率化する68のメソッド」

バス釣りに対するマインドを学ぶことができる良書。

オリキン(折金一樹)式の確率論などが書かれていて、リスク・リターン、確率論などの思考法を学ぶことができます。

この本を読んで以降、バス釣りの内容がめちゃくちゃ安定してきました。

当書に書かれているマインド(確率論)は、ゲームや仕事などにも応用できるので助かっています。

「脱初心者したい」という熱心なアングラーにピッタリな内容です。

釣れる保証もない人気品薄ルアーを買うよりも、この本1冊を買ったほうが間違いなく上達します。

シマノ「SLX MGL」

シマノ「19 SLX MGL 」
created by Rinker

シマノ社の人気シリーズであり、超売れ線のベイトリール。

軽量でありながらもタフな作りで、バーサタイル系リールとして多くのアングラーに支持されています。

スプールの立ち上がりにもすぐれ、7gくらいの軽量なルアーにも対応。

めっちゃ汎用性があるので、巻き・撃ちどちらもこなせる超優秀なリールです。

個人的には、巻物系の釣りに合わせると気持ちいいと思っています。

ライバル機である20タトゥーラSV TWよりもキャストが伸びるので、ハードルアーを広範囲に投げてサーチ!みたいな釣りにマッチしやすいんですよね。

シンプルに、使っていて気持ちいいリールです。

ダイワ「20タトゥーラSV TW」

ダイワの売れ筋ベイトリール。通販サイト「アマゾン」でもトップセールスを誇る人気アイテムです。

軽量ルアーからビッグベイトまで幅広くこなせるマルチな作り。

カバーベイトフィネスからビッグベイト、カバー撃ち、巻物…などなど、釣りのスタイルを選ばないので使い勝手がめっちゃいい!

純正スプールからシャロースプールにカスタムを施すことで、より軽量ルアーが使いやすくなります。

「シャロースプール×Mパワーバーサタイル系ロッド」というセッティングは、オカッパリでの無敵タックル。

感覚的には、旧モデルのスティーズに近いといったところでしょうか。

数年前のフラッグシップ機の性能が1万円台で手に入るという現実…そりゃ売れるわけですわ。

【関連記事】

20タトゥーラSV TWのインプレ記事はこちらで読むことができます↓

2021年、買ってよかったバス釣り用タックル・釣具|まとめ

2021年、買ってよかったバス釣り用タックルをまとめました。

コロナウイルスもあって釣行数がガクンと減ったので、買ったアイテム自体もやや少なめでした(^ ^;)

2022年も自粛やらコロナやらで落ち着かない日々が続きそうですが、来年もバス釣りを楽しんでいきたいと思います。

こちらの記事もおすすめです↓