【インプレ】シマノ「ゾディアス166M」が3/8~1/2ozのスピナーベイトに最適すぎる。オカッパリでもレンタルボートでも便利に使えます。

最近はスピナーベイトを頻繁に使っているのですが、その際に使用するロッドがシマノ「ゾディアス166M」

適度な張りがありつつも、キャスト時にしなやかに曲がってくれる柔軟さがあるため、166Mはオカッパリ・レンタルボート問わず使用頻度が高いロッドです。

特に、3/8~1/2ozスピナーベイトの使用が非常に快適なので、僕がゾディアス166Mをスピナーベイトの釣りに愛用している理由について書いてみようと思います。

【関連動画】僕がゾディアス166Mでスピナーベイトを投げている動画です。以下の動画も合わせて観て頂けると、当記事のお話がより伝わるかと思います↓

【関連記事】

めっちゃ使いやすい!ゾディアス166Mが3/8~1/2ozのスピナーベイトに最適である理由

適度な張りがあるからフッキングが決まりやすい

ゾディアス166Mは、スピナーベイトのようなシングルフック系ルアーでも、フッキングが決まりやすいと感じます。

スピナーベイトにはやや太いシングルフックが載っていますが、このようなフックをしっかりバスの口に貫通させるには、ロッドにもそれ相応の硬さが必要。

ただ単にスピナーベイトを投げやすいロッドはいくらでも存在します。

しかし、柔らかすぎるロッドを使うと「なんかスピナベでバラシが多いんだよね」といったトラブルも発生しがち。

ゾディアス166Mの「張りすぎず、かといって柔らかすぎず」なブランクスは、シングルフックを搭載するスピナーベイトに最適なのです。

●3/8~1/2ozスピナーベイトが気持ちよく扱える

ゾディアス166Mは、3/8~1/2ozスピナーベイトが快適に扱えます。

やや張りがあるロッドなので、3/8ozだと少し投げにくいと感じることもありますが、1/2ozは最高にマッチ。

キャスティング時にもしっかりロッドが曲がってくれるので、ピンポイントへのキャストがビシバシ決まるんですよね。

ゾディアス166Mはクランクベイトにはちょい微妙ですが、スピナベやチャターベイトといったシングルフック系ルアーへの適性はかなり高いと感じます。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

掛けたらバラシにくい、しなやかなブランクス

シマノ「ゾディアス166M」は、バスのファイトに追従してくれる柔軟性もあるロッドです。

一般的に、スピナーベイトのようなシングルフック系ルアーは、一度しっかりフッキングしてしまえばバレる確率は低めだと言われています。

しかし、あまりにも硬くてキンキンなロッドでファイトすると、ロッドの復元率(元の形状に戻ろうとする力)が強すぎてしまい、ジャンプ一発でバラシたりすることも。

ゾディアス166Mのブランクスは、どこか”芯”を感じさせるような張り・シャキッと感があるロッドですが、同時に、キャスト時・ファイト時にしなやかに曲がってくれるような柔軟性も併せ持つロッドです。

スピナーベイトの太いシングルフックを確実にフッキングするパワーファイトを有しつつも、ファイトとキャストをしっかり行ってくれる、という優秀なロッド。

オカッパリ・レンタルボートともに使用頻度が高い、3/8~1/2ozスピナーベイトの扱いに関しては、非常に優れたロッドだという印象です。

ブレードの回転を感じられる感度も良好

ゾディアス166Mは、感度も良好なロッドだと感じます。

スピナーベイトを使用する際は、リーリング中にブレードの回転を感じられるかどうかがキモ。

ブレードの回転を通してアングラーが得られる情報は、思っている以上に多いんですよね。

ちょっとした水流の変化だとか、スピナベにゴミが付着しただとか、バスがブレードだけにバイトしてきただとか…こういった”目で見て確認できない情報”もある。

感度が低いロッドだと、リトリーブ中にスピナーベイトのブレードが回転しているのかどうかすらわからないこともありますが…ゾディアス166Mにはそのようなことがほぼありません。

ゾディアス166Mは、ブレードバイト、ショートバイトを感じやすい感度もあるロッドです。

流石に高価格の超ハイスペックな高感度ロッドよりは劣りますが、ブレードの回転を感じられる最低限の感度(あるいはそれ以上)があります。

一般アングラーの僕からすると、ゾディアスロッドの感度レベルは、必要最低限以上、あるいはそれ以上の十分な感度といった印象。

個人的には、これ以上の感度は逆に「ダメ…感じすぎちゃう…」と言った感じになるので、ゾディアスくらいの感度レベルで十分だと思っています。

ゾディアス166Mは、スピナーベイト用ロッドの必須事項である「ブレードの回転が伝わってくる感度レベル」をしっかり持っている優秀なロッドだと感じます。

キャストを決めやすい絶妙なレングス

近距離〜中距離の釣りがメインとなりやすい関東のメジャーフィールドにおいては、6.6フィートという中間的な長さのロッドが非常に便利です。

野池、霞ヶ浦などのマッディウォーター系フィールドから、房総リザーバーなど、近距離〜中距離くらいのキャスティング頻度が高い釣り場での使用に最適。

近年のオカッパリでは6.10フィートの長さが人気ですが、ピンスポットへのキャスト精度に関しては、6.6フィートくらいのロッドの方が優れていると感じます。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

まとめ:シマノ「ゾディアス166M」は、3/8~1/2ozのスピナーベイトを使うのに最適

ゾディアス166Mは、3/8~1/2ozのスピナーベイトを快適に扱えるので、めちゃくちゃ良いロッド。

オカッパリでもレンタルボートでも使用頻度が高いロッドなので、1本持っておくと非常に重宝します。

シマノ「ゾディアス166M」が気になっている人は、ぜひチェックしてみてください。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

【こちらもお役に立つかもしれません】