【インプレ】コスパ最強のベイトフィネス入門ロッド、シマノ「ゾディアス164L-BFS」

あまりコストをかけずに、手軽にベイトフィネスを楽しみたいと思って購入したシマノ「ゾディアス164L-BFS」。

安くてタフでありながらも、ベイトフィネスで扱うルアー全般をストレスなく扱えるので、とても重宝しています。

実際に1年以上使い込んでみたので、僕個人体験談を含めたインプレを書いていきます。

【インプレ】シマノ「ゾディアス164L-BFS」はコスパに優れたベイトフィネスロッドです。

シマノ「ゾディアス164L-BFS」

これが今回インプレする、シマノ「ゾディアス164l-bfs」

6.4フィートというやや短めのレングスなので、シングルハンドでキャストがビシバシ気持ちよく決まるので使っていて気持ちいいロッド。

自重も軽く細かい操作も快適で、手荒く扱ってもビクともしない剛性感の強さが魅力のベイトフィネスロッドです。

先調子(エクストラファーストテーパー)なので、ベイトフィネスリグを快適に扱うことに長けています。

●実は本命で買ったロッドではなかった

実はこのロッドを購入前に、フェンウィックの「エイシス」というクッソ高いフラッグシップロッドを買おうかと思っていました。

(画像:ティムコ公式

とりあえず”仮”でゾディアス164l-bfsを買っておいて、それからまたエイシスを再検討…といった感じで超適当に買ったロッドだったのですが…

思いの外使いやすくてコレといって不満もないし、むしろ”メインまである”くらいに愛用中なので、エイシスを買う気はどこかへ行ってしまった…という体験談でした。

ゾディアス164L-BFS(旧型)スペック

長さ:6.4フィート

テーパー:FF(エクストラファースト)

適合ルアーウエイト(g):4-12

適合ライン(ナイロン・フロロ/lb):6-12

自重(g):102

■1ピースはこちら

シマノ「 20 ゾディアス 164L-BFS」(1ピースモデル)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

→アマゾンでチェックしてみる

■2ピースはこちら

シマノ「20 ゾディアス 164L-BFS/2」(2ピースモデル)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

→アマゾンでチェックしてみる

【1年使用インプレ】実際にゾディアス164L-BFSを使ってみた体験談

実際にこのロッドを1年以上使い込んでみたのですが、まず最初に感じたことは、キャストのしやすさです。

6.4フィートということで、短距離〜中距離に対するキャストが行いやすく、同シリーズの168l-bfs(所有済み)よりキャスト精度を上げやすいと感じます。

フィネスリグをシングルハンドでバシバシ決めていくような使い方なら、168lより164lの方が快適です。

テーパーがFF(エキストラファーストテーパー)なので、ややキャストしにくいかと思っていましたが、全体的にしなやかな作りになっているため、キャスト時にブランク全体が追従してくれるような印象もあります。

ゾディアスシリーズは中弾性素材が使われているということで、とにかくキャストが行いやすいと感じます。

感度もしっかりあるので、一般的なベイトフィネスの釣りでの使用においては不足を感じません。

シングルハンドキャストでピンポイントにビシビシ決めていけるので、使っていて楽しいロッドです。

ベイトフィネス初心者の方でも、ルアーを楽しくキャストできるロッドです。

●軽くて疲れにくく、細かい操作も楽チン

自重の軽さも見逃せないポイントです。

自重が102gと非常に軽量なので、シングルハンドキャスト&シェイクといった動作を繰り返していても疲れにくいと感じます

個人的にはベイトフィネスロッドは6.2~6.3フィートくらいが好みですが、6.4フィートとは感じさせない取り回しの軽快さがあります。

コストパフォーマンス、キャストのしやすさ、疲れにくさ」の三拍子が揃った便利なロッドです

気になるポイントもあります

カバーの奥からバスを引きずり出す「カバーベイトフィネス」的な扱い方をすると、パワーに欠けるような印象があります。

人によって「ベイトフィネス」という言葉の定義は変わってきますが、僕はベイトフィネスリグをカバーの奥に入れることもあるため、そういったときにパワー感が足りないと感じます。

「カバーにフィネスリグを打っていく」というような使い方をするには、やや頼りない印象があります。

ちょっとした木々に絡めていったり、カバーの手前を打っていくような”ライトカバー打ち”なら問題はありません。

しかし、そこそこしっかりしたカバーにスモラバやスナッグレスネコリグといったカバーベイトフィネス的な使い方をすると、ややパワー不足。

大体フロロ8~10ポンドくらいを使って、アシや杭、ライトカバーなどの手前にポンポンと落としていくような釣りには最高です。

しかしフロロ12~14ポンドを使って、カバーの奥をスモラバやスナッグレスネコリグなどで打ち込んでいくような釣りだと、やや力不足だと感じます。

デカい魚をかけたときなどは、引きずり出すよりも先にカバーに巻かれてしまうといった現象もありました。

そのためゾディアス164l-bfsは、カバーの奥を”吊るし(中層シェイク)”などを使って行うカバーベイトフィネスのような使い方には向いていないと感じます。

使いやすいルアー

大体以下のような感じで、ライトリグ全般を幅広くこなせます。

●1.3~1.8gネイルシンカー+4~5.5インチストレートワームのネコリグ

●3.5~7gシンカーのヘビダン(ワームはレッグワーム2.5~2.9、HPシャッドテール3.1など)

●3.5~4.5gのスモラバ
●4~5インチワームのノーシンカー

●1.8g程度のジグヘッドワッキー

●5~7gの小型ハードルアー(シャッド、ポッパー、スモールクランク、小型スピナベなど)

ベイトフィネスタックルで扱うことが多いフィネスリグなら、大抵の場合は快適に扱えると感じます。

●10g以上のルアーは不得意

適合ルアーウエイトが〜12gとなっていますが、10g以上のハードルアーの扱いは不得意だと感じます。

3/8ozのスピナーベイトを使った場合はパワー不足なのか、フッキングし切れずにバラしてしまったりもしました。

そのため、ゾディアス164l-bfsで10g以上のハードルアー(クランクベイトやバイブレーション、スピナベやトップなど)を使うのはあまりおすすめできません。

フッキングパワーはやや低いロッドだと感じます。

ベイトフィネス入門におすすめ

カバーの奥を打っていくような使い方をしなければ、かなり万能なベイトフィネスロッドだと感じます。

5g前後のライトリグをサイドキャストしたり、ピッチングキャストも非常に気持ち良いです。

感度も必要十分にあるので、バスの繊細なバイトをしっかり拾うことが可能です。

価格的には¥10,000台ということで非常にリーズナブルな価格設定。

「これからベイトフィネスの釣りを始めたい!」

「お金をかけずにベイトフィネスを体験してみたい!」

こういった人には間違いなくおすすめできる便利なベイトフィネスロッドです。

■1ピースはこちら

シマノ「 20 ゾディアス 164L-BFS」(1ピースモデル)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

→アマゾンでチェックしてみる

■2ピースはこちら

シマノ「20 ゾディアス 164L-BFS/2」(2ピースモデル)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

→アマゾンでチェックしてみる

まとめ:シマノ「ゾディアス164l-bfs」は、超安いのに便利で使いやすい。ベイトフィネス初心者にもおすすめ。

安い、壊れにくい、手軽で便利なシマノ「ゾディアス164l-bfs」。

これからベイトフィネスを始めたいと考えている人に超おすすめの便利なロッドです。

■1ピースはこちら

シマノ「 20 ゾディアス 164L-BFS」(1ピースモデル)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

→アマゾンでチェックしてみる

■2ピースはこちら

シマノ「20 ゾディアス 164L-BFS/2」(2ピースモデル)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

→アマゾンでチェックしてみる

【おすすめ記事】こちらも参考になるかもしれません。

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter