【初心者向け】スピナーベイト用(ワイヤーベイト)ロッドの選び方

スピナーベイト用ロッドの選び方、ポイント」について解説していきます。

スピナーベイトやバズベイトなど、いわゆる”ワイヤーベイト”と呼ばれるルアーを扱うのに適しているロッドとはどんなものなのでしょうか?

【関連記事】もしロッドの基礎知識がない場合は、以下の記事を先に読んでいただくと、よりわかりやすいかと思います(テーパー、パワーなどの解説をしています)↓

●【初心者向け】バス釣りに使われる「バスロッド」の基礎知識(スピニングロッド・ベイトロッド両対応)解説

【初心者向け】スピナーベイト用(ワイヤーベイト)ロッドの選び方

スピナーベイトに使うロッドのパワー選択

スピナーベイトやバズベイトなど、ワイヤーベイトルアーには太いシングルフックがついています。

クランクベイトなどについているトレブルフック(3本針)よりも太くて大きいため、フッキングするのにパワーが必要になります。

もし「スピナーベイトを専門的に投げ込みたい!」と考えているなら、クランクやバイブレーションで使うロッドよりやや強めのロッドを選ぶといいでしょう。

スピナーベイトを使うときのロッドパワー選択の目安は、大まかに言うと以下のような感じです。

●ML(ミディアムライト)パワー

→~1/4ozまでの小型スピナーベイト

●M(ミディアム)パワー

→1/4~1/2ozくらいまで

●MH(ミディアムヘビー)パワー

→1/2~3/4ozくらいまで

●H(ヘビーパワー)

→1/2~1ozくらいまで

※あくまでも目安です。ロッドの素材や弾性、硬さによってもパワー選択は変わってきます※

ロッドパワーを選ぶときの基本は、ルアーの重さとフックの大きさ(太さ)

ルアーが軽くてフックが小さいなら、ロッドパワーは弱くても構いません。

ルアーが重くてフックが太い・大きいなら、ロッドパワーは強くしていきます。

こんな感じでスピナーベイト用ロッドのパワーを選ぶと、「バラシ・ノラない・ハジかれる」といったトラブルを抑えることができます。

●うんちく:ヘビーロッドでもスピナーベイトは扱える

Hパワーで扱える幅が広い理由は、フッキング自体は可能であることと、ロッドの弾性や素材、ルアーウエイトの違いによっては十分扱えるからです。

スピナーベイトで深場を攻める”スローロール”といったテクニックは、ヘビーロッドが使われます(それについては後述する”補足”にて)。

シングルフック系ルアーはフッキングさえ決まれば、あとはロッドのテーパーとラインの太さ・素材によってその後のやり取りの精度が変わってきます。

個人的な体験談を言うと、1/2ozのスピナーベイトを一般的なヘビーロッドで使っても、普通にバスは釣れます。

ですが、軽量スピナーベイトにヘビーロッドといった偏ったバランスだと、バレやすくなったりハジかれたりといったトラブルも増えていくように感じます。

極端な話、ヘビーロッドで1/4ozのスピナーベイトを使ってフッキングを決めること自体は可能です。

しかし前述したように、スピナーベイトの重さや、ロッドのテーパーや弾性、ラインの太さなどによってもバレやすさ・バレにくさは変わるため、一概にも「ヘビーロッドじゃスピナーベイトは扱えません!」とも言えません。

目的、用途、狙い、意図によって、選ぶべきロッドパワーは変わってきます。

スピナーベイト用ロッドのパワーを選ぶときは、「ルアーの重さ・フックの大きさ」を基準にするのがわかりやすいです。

スピナーベイトはウエイトが上がるにつれてフックサイズも変わってくるので、ルアーウエイトやフック軸の太さを基準に考えるのがシンプルです。

補足:ヘビーロッドを使った”スローロール”

深場をスピナーベイトでゆっくり巻く「スローロール」と呼ばれるテクニックは、ヘビーロッドが選ばれたりします。
深場だとフッキングするのによりパワーが必要になるからです。

スローロールを行うには、ロッドにある程度の強さがあり、フッキングストローク(アワセ幅)を稼ぎやすい長めのロッドが選ばれることが多いです。

【関連記事】巻物ロッドの硬さの選び方について詳しく解説した記事↓

ワイヤーベイト用ロッドのテーパーと素材の選び方

スピナーベイト用(ワイヤーベイト)ロッドに適しているテーパー

各ルアーに対するロッドテーパーの好みは個々人によって変わりますが、僕の場合、スピナーベイトに使いやすいと感じるロッドテーパーは【レギュラー〜ファースト】です。

バスロッドのテーパーについては、以下の記事で詳しく解説しています↓

ロッド自体の弾性や使われている素材、ガイド数や自重などでもスピナーベイトの扱いやすさは変わります。

近年ではスピナーベイトからワームまで幅広く扱える便利なロッドも出ていますが、そういったロッドには「ファースト〜レギュラーファースト」のテーパーが採用されていることが多いです。

ひと昔前だと「巻物にはレギュラーテーパー!」といった意見が多かったですが、バスロッドの進化によって、ファースト〜レギュラーファーストあたりのテーパーでも十分にワイヤーベイトを扱えるようになってきています。

●キャスト時にロッドをしっかり曲げて、ファイトも粘り強く行いたい→レギュラー

●ワイヤーベイトだけでなく、ワームの釣りも行いたい→レギュラーファースト〜ファースト

こんな感じでスピナーベイト用ロッドのテーパーを選んでいくとわかりやすいかと思います。

グラスロッドでスピナーベイトは?

スピナーベイト(ワイヤーベイト)にグラスロッドは不可!」と言うのが一般論かと思いますが、僕個人としては『ロッドパワーやテーパー次第』だと考えます。

ロッド自体にそこそこパワーが備わっているのであれば、スピナーベイトのようなシングルフック系ルアーをグラスロッドで扱うことは可能です。

例えば、アメリカで活躍中の大森貴洋氏は、スピナーベイトやクランクベイト、バイブレーションなどのハードルアー全般を、MHパワーのグラスコンポジットロッドで全てまかなうといったスタイルをとっています。

個人的な体験談としても、クランキングで使うMパワーのグラスコンポジットロッドでも、1/4~1/2ozくらいまでのスピナーベイトなら十分に扱えると感じています。

さすがに一昔前のグラスロッドにありがちだった、ベロンベロンのボヨンボヨンなものだと難しいかと思いますが(100%ピュアグラスロッドも同様です)…。

もしグラス・グラスコンポジットロッドでスピナーベイトを扱うのであれば、

●テーパーはファースト〜レギュラーファースト

●カーボンロッドより1ランク強いパワーを選ぶ

●ラインはフロロカーボン

こんな感じでチョイスしてみるといいでしょう。

出来るならクランクベイト用ロッドとは分けて選びたい

クランクベイトにはトレブルフックと呼ばれる三本針がついています。

対してスピナーベイト・バズベイトなどワイヤーベイトには、フックが1本しかついていません。

そのためスピナーベイトを使用したときのフッキングパワーは、クランクベイトを使用したときよりも強さが必要になります。

イメージ的には、クランクベイトにはワームフックの#1が三本載っていて、スピナーベイトには#3/0が一本…といった感じで僕は考えています。

クランクベイトなどトレブルフック系ルアーを使うときは、ロッドは柔らかくても構いません。

1本自体のフック軸が細いことと、その他のフックも絡めていくような感じで使うからです。

しかしスピナーベイト(ワイヤーベイト)は、太いシングルフックを確実にバスの上顎にフッキングしなければならないため、よりパワーが必要です。

スピナーベイトとクランクベイト、同じ”巻物”カテゴリーではあるものの、選ぶべきロッドのタイプは随分と違うのです。

「クランクベイトとスピナーベイトを100%パーフェクトに使えるロッドは存在しません」というお話に関しては、以下の記事でも語っているので、よかったらこちらもチェックしてみてください↓

ワイヤーベイトに適している弾性は?

バスロッドに使われる素材には、「高弾性・中弾性・低弾性」という3つの素材があります。

一般的に、スピナーベイトなどの巻物系ルアーに適しているのは、低弾性〜中弾性のロッドだと言われています。

しかし、シャキッとした高弾性のロッドを好んで使う人もいれば、しなやかで鞭のような低弾性ロッドを好む人もいるため、「コレが絶対的に良い!」と断言できないのが難しいところです。

弾性の違いについては、以下の記事が参考になるかと思います。

もし特にこだわりがないのであれば、「バレにくさ・キャストのしやすさ・扱いやすさ」の3点を兼ね備えた”中弾性”のロッドがおすすめです。

例えば最近のロッドで言うと、

●シマノ「バスワンXT、ゾディアス、スコーピオン」

●ダイワ「バスx、ブレイゾン、ブラックレーベルLG」

●アブガルシア「バスフィールド、ホーネットスティンガープラス」

このあたりが巻物ルアーを快適に扱えるロッドだと言えます。

これらのロッドを紹介した記事があるので、よかったら以下の記事も参考にしてみてください↓

まとめ:初心者向けスピナーベイト用ロッドは、中弾性のレギュラーファースト前後がおすすめ

バス釣り初心者の方に向けて、スピナーベイト(ワイヤーベイト)用ロッドの選び方について解説してみました。

スピナーベイトはやや太いシングルフックが搭載されているため、クランクなどを使うときより少し強めのロッドを選ぶのがおすすめです。

近年のバーサタイルロッドはその辺りのことも考慮して作られているので、まずはスピナーベイトのフックの大きさやウエイトに合わせて選ぶと失敗しにくいです。

【おすすめ記事】こちらも参考になるかもしれません。

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter