チャターベイトの新たな扉が開く!?レイドジャパン「マックスブレード」が発売!

(引用:レイドジャパンインスタグラム

「すでにこの世にあるルアーを作っても、意味がない」

ルアー開発に関して、上記のように語る金森隆志氏。

この夏、レイドジャパンから新しいチャターベイト、「マックスブレード」がリリースされます。

アクションの異なる2種類のランナップということで、チャターベイトの新たな扉を開くような使い方ができるのではないかと期待!

チャターベイトの新たな扉を開く、レイドジャパン 「マックスブレード」

(引用:レイドジャパンインスタグラム

これが今回新たに発売される、レイドジャパン 「マックスブレード」

ウエイト数は、8g/11g/14gの3種となっております。

(引用:レイドジャパンインスタグラム

カラーラインナップは、全部で9種

「#3 パールワカサギ」は、タイプ”スピード”のみ。

「#9 オレンジパンチ」は、タイプ”パワー”のみとなっています。

マックスブレード、パワー&スピード

(引用:レイドジャパンインスタグラム

レイドジャパン「マックスブレード」は、アクションの質が違う2種類のラインナップ

その違いは、以下のようなものです。

●【Type POWER】:強い波動を生み出す、ハイアピール仕様

●【Type SPEED】:波動が弱めで、速いリトリーブが可能

2種類のタイプを選べる

(引用:レイドジャパンインスタグラム

強波動の「タイプ”パワー”」、弱波動の「タイプ”スピード”」。

アピール力の違う2種類を上手に使い分けることによって、一般的なチャターベイトでは反応しなかった魚のバイトを引き出せそうな作りになっていると言えます。

状況の変化に対応しやすい、マックスブレード

●ハイアピールな、マックスブレード「タイプ パワー」

天候が荒れたときや、強い濁りが入ったときなどのタフコンディション時は、バスにルアーを発見させるのが難しくなります。

そういった状況下では、アピール力の高い「タイプ”パワー”」が有効になってきます。

一般的なチャターベイトだと、タフコン時においてはアピール不足になりがち。

しかし、マックスブレード”タイプ パワー”なら、「荒れすぎている・濁りすぎているから、チャターでは気づかせられない…でもスピナベやクランクじゃ食わない」といった悩みを解消してくれそうです。

●弱波動のマックスブレード「タイプ スピード」

クリアレイク、タフコンディション下では、過度にアピールしすぎるとバスに警戒心を与えてしまいがち。

水がクリアだったり、スレていたり、人的プレッシャーが高い状況では、ルアーを必要以上にアピールさせたくないこともあります。

そんなときは、弱波動&速巻きに対応する、マックスブレード「タイプ スピード」の出番だと言えます。

これまでのチャターベイトは高速巻きに対応したものが少なかったように思いますが、マックスブレード「タイプ スピード」なら、速巻きリアクションバイトを誘えるのではないかと期待。

波動が弱い作りになっているようなので、霞ヶ浦や野池などのスレたフィールドでも使いやすそうです。

他人とは異なるアプローチも可能に

(引用:レイドジャパンインスタグラム

スレた魚を狙うときや、人的プレッシャーが高いときは、他人と同じアプローチをとっていると釣果を得られにくかったりします。

そんなときは、マックスブレード”タイプ スピード”14gのような、やや重めのチャターをチョイスして、超高速巻きでリアクションバイトを誘う…というような使い方も有効。

また、タイプパワーをあえて”デッドスローリトリーブ”で使ってみたりするなども面白そうです。

こんな感じで、2種のタイプを使いこなせば、他のアングラーの釣りとの差別化にも繋がるのではないかと思います。

アクションの異なる2種を使い分けることは、以下のようなメリットも生まれるのでは?と考察。

●ハイプレッシャー対策

●他のアングラーとの差別化

●バスにとってのバージンインパクトを狙える

2種のタイプを使い分けることで、よりバリエーション豊富なアプローチが可能になるのでは、と期待が膨らみます。

(引用:レイドジャパンインスタグラム

早く巻きまくりてぇ…( ^ω^ )


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

レイドジャパンで今もなお品薄状態で超人気な「ダッジ」。 オリジナルサイズのダッジはなかなか入手できませんが、「…