【1年半使用インプレ】便利すぎて手放せない!シマノ「ゾディアス166M」が名作ロッドである理由・インプレ

先日、関東の某野池で57cmを釣ったのですが、そのときに使っていたのが、シマノ「ゾディアス166m 」。

50アップにも全く動じないトルクフルなパワーを体感した出来事だったのですが、それ以降、完全にメインタックルとして扱うようになりました。

以前はハイエンドモデルのロッドばかり使っていたのですが、ゾディアス166mを使うようになってからは、低価格帯タックルの魅力に取り憑かれてしまっています。

さて、このゾディアス166Mですが、購入してから約1年半ほど経ちました。

レンタルボートとオカッパリの両方で使い込んでみたので、改めてインプレしてみようと思います。

【関連記事】以前のインプレはこちらからもチェックできます↓

便利すぎて手放せない!シマノ「ゾディアス166M 」が名作ロッドである理由・インプレ

これが今回インプレする、シマノ「ゾディアス166m 」。

Amazonのバスロッドカテゴリーでトップクラスに売れまくっている名作ロッドです。

大まかにゾディアス166mの魅力を書くと、以下のような感じです。

★ゾディアス166Mの魅力

●トルクフルな作り。

●しなやかなので、ルアーが投げやすい。

●コスパが良い。

50アップの強い引きにも余裕で耐える、トルクフルな作り。

感度重視の金属的なキンキンロッドではないため、誰でも気持ち良くルアーを投げることができます。

また、価格的にも¥14,000程度で購入できるのも嬉しいポイントです。

デザインなどの外観は以下の記事にまとめてあるので、こちらもチェックしてみてください。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

シマノ「ゾディアス166M」のインプレ(オカッパリ)

ここでは、オカッパリで使ってみて感じたことをインプレしていきます。

シマノ「ゾディアス166m 」は、オカッパリで使用頻度の高い9〜28g程度のルアーが投げやすいロッドとして便利に使えます。

例えば以下のような感じです。

【ハードルアー】
●3/8〜5/8oz程度のスピナーベイト
●3/8〜1/2oz程度のクランクベイトやバイブレーション、チャターベイト、ミノー
●3/8〜1oz程度のトップ、羽モノなど
 
【ワーミング】
●5〜10g程度のシンカーを使ったテキサスリグ
●3/16〜3/8oz程度のラバージグ
●やや強めのベイトフィネス 、ワーミング

こんな感じで、オカッパリで使用頻度の高いルアーの多くを、快適に扱える器用さがあります。

飛距離も伸びるロッド

ロッドの自重が軽いので、シュパっと軽快に振り抜くことができます。
キャストしてて楽しいロッドだと感じます。

振り抜けが良いため、ルアーの飛距離も伸びやすい印象があります。

さすがに7フィートを超えるロングロッドには敵いませんが、それでもミドルレングスロッドの中では結構飛ぶ部類だと感じます。

ノリーズ「ロードランナー 」や、ノースフォークコンポジットブランクスを有したキスラーロッド、ファルコンなどの肉厚ブランクスなロッドと比較すると、ゾディアス166mの方が飛距離を出しやすいです。

ゾディアス166mは、振り抜け感、飛距離感に関しては、スコーピオンやバンタム、スーパーレッドのワールドシャウラ系だと感じます。

オカッパリにおいて、不満な点は?

個人的に気になるのが、先重り感。


しかし、ロッドの自重自体がめちゃくちゃ軽いので、実釣にはほぼ影響はありません。

それと、6.6フィートあるので、トップ系ルアーやミノーのジャーキングなどの操作をした際、穂先が水面を叩きやすいです。

ボートではそれほど気にならない点なのですが、オカッパリだと操作系ルアーの扱いにややストレスを感じます。

ただ、この点に関しては、ロッドを水平にさばいてあげるだけで解消してしまう部分なので、人によっては全く気にならない部分かもしれません。

その他、特にこれといって不満もないため、オカッパリの釣りにおいては非常に優秀なロッドだと感じます。

やや強めのベイトフィネスロッドとして

ゾディアス166mは、やや強めのワーミングも行いやすいロッドです。

例えば、以下のようなルアーを快適に扱えます。

●3.5〜5.5g程度のスモラバ
●5.5〜7インチ程度のワームを使ったネコリグ
●3.5〜7g程度のシンカーを使ったヘビダン
●4〜5インチ程度の高比重ストレートワームのノーシンカー

こんな感じで、やや重量のあるワーミング・パワーベイトフィネスな釣りも楽しめるロッドだと感じます。

●パワーベイトフィネス、カバーベイトフィネスにも

ゾディアス166mにベイトフィネスリールを載せるのも面白いです。

フロロ10〜14ポンド程度を巻いたベイトフィネスリールを載せれば、カバーベイトフィネスタックルとして使うこともできます。

霞ヶ浦などで消波ブロックの中を打つときや、アシ・浮きゴミなどで”吊るし”の釣りを行うのにも向いています。

ティップ(穂先)に繊細さがあるというわけではありませんが、ちょっとアピール力の強いライトリグ・ワーミング程度なら問題なくこなせるロッドだと感じます。

●あるときは便利なバーサタイルロッドとして。
●またあるときは、パワーベイトフィネスロッドとして。

こんな感じで、ゾディアス166mはオカッパリでも使いやすいロッドに作られているなと感じています。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

シマノ「ゾディアス 166M」のインプレ(レンタルボート )

レンタルボートの使用感も、かなり良いと感じます。

その理由は以下のようなものになります。

1:積むタックルを減らせる。

2:「とりあえずの1本」として積んでおける。

3:疲労感が少ない。

購入前、レンタルボートの釣りでは166mのようなバーサタイル系ロッドの出番は少ないのでは?と考えていました。

しかし実際にボートで使用してみると、意外と出番が多いロッドでした。

また、実釣面だけでなく、その他の点においても優れた効果を発揮するロッドだとも感じています。

1:積むタックルを減らせる

ゾディアス166mは投げられるルアーの幅が広いので、その分ボートに積み込むタックル数を減らすことにも貢献してくれます。

一般的に、ジャークベイトやトップ系ルアーを使うときは、5.8~6.3フィートくらいのショートロッドが便利だと言われています。

しかしゾディアス166mは、ボート上の釣りにおいては操作系ルアーの扱いも上々です。

ロッドの自重が軽いため、8〜11cm程度のミノーのジャーキングや、トップウォータープラグの操作も楽々。おまけに疲労感も感じにくいのです。

操作系に特化した専用タックルを積み込まなくて済むのは、かなり高ポイントです。
ボートデッキが散らばらなくて済むからです。

6.6フィートなので、巻物以外のルアーは扱いにくいのかと思っていましたが、操作系のルアーも結構イケます

ただ、一応ロッド長が6.6フィートあるので、油断しているとたま〜に水面を叩いてしまうときもあります

しかし、このロッドを一本積んでおくことで、スピナーベイトやクランクベイトなどの巻物から、トップやミノーなどの操作系の釣りまでこなせてしまうのは超便利です。

タックル本数を減らせるため、ボート上が散らばらなくて済みます。
この点は、レンタルボートアングラーにとって嬉しいポイントになると感じました。

2:「とりあえず、迷ったときの1本」として

「とりあえずゾディアス166m は積んでおこう」といった感じに、自分の釣りの起点的なタックルとして使いやすいので重宝しています。

「向かうフィールドの状況がわからない」「何を持っていくべきかわからない」といったときの救世主になってくれます。

「とりあえずゾディアス166mを積んでおけば、大抵の釣りはカバーできる」といった安心感があるので、メンタル面においても貢献してくれるのがありがたいです。

とりあえず・迷った時の1本として非常に重宝しています。

3:疲労感が少ない

これはゾディアスシリーズ全てに言えることですが、自重が軽いので疲労を感じにくいと感じます。

特にスピナーベイトやクランクなど、巻物ルアーを使った際にその傾向が顕著になります。

巻物の釣りはとにかく手数(キャスト数)が多いので、ロッドに重さがあると疲労を感じやすくなりがち。

しかしゾディアスロッドは軽量なので、キャスト数が多い巻物の釣りを長時間行なっていても、疲労感が少ないです。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

【インプレ】便利すぎて手放せない!シマノ「ゾディアス166M」が名作ロッドである理由・インプレ|まとめ

今回は、シマノ「ゾディアス166m」のインプレを書いてみました。

約1年半ほど使い込んでみましたが、オカッパリ・レンタルボート選ばず使いやすい便利なロッドだと感じています。

50アップにも負けないトルクフルなパワー、投げやすいブランクス、コスパの良さなどなど、多くの魅力が詰まっているゾディアス166M。

気になった人はチェックしてみてください。

●1ピースはコチラ(2020年モデル)

Amazonでチェックしてみる

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●2ピースはコチラ(2020年モデル)

Amazonでチェックしてみる

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 166M-2
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●今なら旧型がお買い得!旧型ゾディアス166Mの2ピースはコチラ

Amazonでチェックしてみる

シマノ ゾディアス 166M-2 (旧型)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?  

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter