【ロッドインプレ】バーサタイルに使いやすい!ノリーズ ロードランナーLTT680MH


スポンサーリンク



巻物と打ち物をバーサタイルにこなせるロッドを探しているときに出会ったのが、ノリーズ「ロードランナーLTT 680MH」

オカッパリとレンタルボート、共にバーサタイルに使えるので使い勝手がいいロッドだ。

今回は、ノリーズ ロードランナーLTT 680MHのインプレをしてみる。

■ノリーズ ロードランナーLTT680MHのココが良い!
・しなやかでキャスト感が良い。
・6.8フィートという絶妙な長さ。
・微調節ができるバランサーがある。
・使えるルアーが多い(バーサタイル性が高い)。
■ノリーズ ロードランナーLTT680MHのココが残念;
・やや重い。
・感度レベルは並。
・値段が高い。

楽天市場でチェックしてみる

スポンサーリンク


【関連記事】MHロッドの用途はこの記事でチェックできます↓

【ロッドインプレ】バーサタイルに使いやすい!ノリーズ ロードランナーLTT680MH

ノリーズ ロードランナーLTT680MHのココが良い!

しなやかでキャスト感が良い

これはノリーズのロードランナーシリーズ全てに共通することでもあるが、ブランクがしなやかで弾力があるので、キャストが気持ち良く感じる

テイクバック時にルアーウエイトがロッドに乗りやすく、軽く後ろに振っただけでもロッドが気持ちよく曲がってくれる。
ロッドを曲げることができると、その分リリースポイントが増え、キャスト精度も高まる。ロードランナーブランクスは、それを誰でも簡単に可能にする優れたアイテムだ。

補足:リリースポイントとは?
ベイトリールなら、親指を離す瞬間のタイミングのことを指す。
スピニングなら、人差し指に引っかけたラインを離す瞬間のことを指す。
このタイミングの時間が短ければ短いほど、キャスト精度を上げるのが難しくなり、長くなるほどキャストが決まりやすい。
金属的でシャキっとしているロッドはブランクスを曲げにくい分、リリースポイントの幅が短くなる傾向にある。
逆に、ロードランナーなどの弾力のあるブランクスを有しているロッドは、リリースポイントの幅が広くなるので、キャスト精度が上がりやすい。

「まずはキャスティングを決めなきゃ話にならない。キャストが決められるロッドを選ぶことが大事」と田辺氏は言っているが、LTT680MHも、しっかりキャストを決めることができる優れたセッティングとなっている。

6.8フィートという絶妙な長さ。

ロードランナーLTT680MHは、6.8フィートという長さ。この長さが絶妙で、非常に使い勝手が良い長さなのだ。

オカッパリのバーサタイルなロッドとして使うには、ちょうど良い長さであり、ボートの釣りでも巻き・打ちの両方をこなすことができるという、絶妙な長さになっている。

LTT680MHは、ブランクスにトルクがあるので、トルクフルな特性を利用することでオカッパリの遠投もこなすことができる。
6.8フィートという「ちょっと長い」設定は、オカッパリならやや濃いめのカバー打ちにも使えたり、巻物ルアーを遠投してテンポよくサーチしたり…といった感じで、オカッパリバーサタイルロッドとしても使いやすい。

レンタルボートの釣りでは、5g~10gくらいのテキサスやラバージグをカバーに打ち込んだりする”打ち物”の釣りに使いやすい。
もちろん、1/2~3/4オンス程度のスピナーベイトやチャターベイトなどの巻物ルアーも、快適に扱うことができる。

3/8~1/2オンス程度のバズベイトの使い心地が絶品で、6.8フィートあるレングスのおかげでコース取りもしやすく、フッキングもしっかり決まる。
個人的に、ジャッカルの「ポンパドール」や、へドンの「クレイジークローラー」などの羽ものを使うのにも向いていると感じる。

バズベイトなどのトップ系ルアーのコース取りがしやすく、それでいてカバーフィッシングもこなせるロッド長のLTT680MH。

オカッパリ・ボート共にバサーサタイルに釣りができる絶妙な長さ設定である。

微調節ができるバランサーがある。

ロードランナーロッドに共通していることだが、グリップエンドに調節可能なバランサーがついているので、ロッドバランスを簡単に選べるのが嬉しい。

僕はロッドとリールの組み合わせを頻繁に変えるタイプ。
そんな僕でも、調節可能なバランサーがあるおかげで、軽量リールを使うときはバランサーを外し、重いリールを使うときはバランサーを増やす…といった感じで調整している。

バランサーのおかげで、タックルバランスを手軽に調整できるのが本当にありがたい。

バランサーのカラーリングを変えることができるのも、ちょっとした嬉しいポイント(別売り)。

使えるルアーが多い(バーサタイル性が高い)。

ノリーズ ロードランナーLTT680MHは、使えるルアーの幅が広いのも特徴。

下は10g程度の軽量テキサスや小型スピナーベイト、上は2オンス程度のビッグベイト…といった感じで、投げられるルアーの幅が広い。

そのため、オカッパリのバーサタイルなロッドとしても使いやすく、「何を持っていくか迷ったときの1本」としてもおすすめできるロッドに仕上がっている。

使いやすいルアーは、以下のような感じ。

■LTT680MHで使いやすいルアー
・1/2~3/4オンス程度のスピナーベイト、チャターベイト。
・20~40g程度の大きいハードルアー。
・5~10gのシンカーを使ったテキサスリグ(ワームは3~4.5インチ)。
※エスケープビッグツイン+5gシンカーのテキサスも良い※
・7~11gくらいのラバージグ(トレーラーは3~4.5インチ)。

ワイヤーベイト、テキサスやジグなど、主にシングルフック系ルアーとの相性が良い。
ただ、クランクベイトやバイブレーションなどのトレブルフック系ルアーとの相性は微妙。

ロッド自体にそこそこパワー感・トルク感があるので、もしトレブルフック系ルアーを使うなら、20〜30g程度のやや大きめのハードプラグだと、ロッドパワーとの釣り合いがとれるだろう。

ロードランナーLTT680MHは、使えるルアーの幅が広いので、オカッパリ・ボート共に「迷ったときの1本」としてもおすすめのロッドだ。

■ノリーズ ロードランナーLTT680MHのココが残念;

やや重い

LTT680MHの残念なところとして挙げられるのが、その自重だ。

これはストラクチャー系を除く、ロードランナー系ロッド全てに言えることでもあるのだが、近年発売されている他メーカーのロッドと比べると、LTT680MHはやや重いと感じる。

ロッドの重さの体感に関しては、個人の筋肉量など含めた体格差によっても大きく変わるところだが、やはり他メーカーの軽量化されたロッドと比べると、ロードランナーロッドは重く感じる。

しかし、調節可能なバランサーを搭載しているので、自分に合ったロッドバランスを設定できるのもロードランナーの強み。
筋力量をアップさせたり、「このロッドはこういうものだ」というような、ある種の”慣れ”を身体に染み込ませたりするなどして対応していけば、LTT680MHのロッド重はそこまで気にならない。

「ロッドが重くて辛い」と感じるときは、そのタックルのバランスが自分に合っていないだけの場合もあるので、グリップエンドにバランサーをつけるなどして、微調節すれば簡単に解消できる。

【関連記事】

感度レベルは並。

ロードランナーLTT680MHは、感度レベル自体はそれほど高くはない
しかし、オリジナルの前ロードランナーと比べると、感度は間違いなくアップしていると感じる。それと同時にブランクスもややシャッキリ感が出ているので、その辺りは好みで選びたい。

前ロドランと現ロドランの感度感の違いは、具体的には前ロードランナーでボトムをズル引きしているときに「あれ、何か障害物があるな…大きさは20cmくらいかな…」といった印象が、LTT680MHだと「ここに枝が2本入っていて、幹の太さは大体5cm程度かな??」くらいの差。

ボトム感知能力については個人の力量もあるが、一般の素人アングラーの僕でも、前ロドランとのレベルアップの差は明確に感じ取ることができた。

シマノやダイワ系の高感度なロッドと比べると、感度面に関しては見劣りしがちなロードランナーロッド。
しかし、一般的な僕レベルのアングラーなら、実際の使用に関しては、感度レベルはさほどデメリットとは感じられなかった。「普通に底物にも使えるし、良い感じじゃん」という印象。

値段が高い。

ロードランナーLTTシリーズは、価格が40,000円を超えるということもあり、なかなか手が出しにくいのがデメリット。

しかし、価格に関しては個人の資金力によって差があるので、「私は金があるから、ロドランくらいなら普通に買えます」という人には全くデメリットにならない部分である。…羨ましい。

スポンサーリンク


【ロッドインプレ】バーサタイルに使いやすい!ノリーズ ロードランナーLTT680MHのインプレ|まとめ

今回は、ノリーズ ロードランナーLTT680MHのインプレを書いてみた。

ノリーズ ロードランナーLTT680MHのインプレまとめ
【ココが良い】
・しなやかでキャスト感が良い。
・6.8フィートという絶妙な長さ。
・微調節ができるバランサーがある。
・使えるルアーが多い(バーサタイル性が高い)。
【ココが残念】
・やや重い。
・感度レベルは並。
・値段が高い。

しなやかで弾力があって投げやすいブランク特性と、トルクフルで力強いファイトを可能にするパワーが魅力のLTT680MH。
デメリットもいくつかあるものの、ソレを感じさせないほどの魅力がたくさん詰まっているバーサタイル性が高い名作ロッド。

もし気になっているなら、ぜひ手にとってみて欲しいロッドだ

楽天市場でチェックしてみる


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

スポンサーリンク