超使いやすい!食わせる力が強いラバージグ、ノリーズ「ガンタージグライト」がよく釣れるのでお気に入り

スポンサードリンク


先日、千葉県の某有名リザーバーで釣りをしてきた。

ジャークベイトでも釣れたが、その日はラバージグに反応する魚が多い日だった。
他のアングラーの多くが0〜1本という釣果だったにも関わらず、とあるラバージグのおかげで4本ほど釣ることができた。

その日は雨が降っていたので、ドライブクローをセットしたノリーズのガンタージグライト9gを、カエルやザリガニっぽくフワッフワっとスイムさせると40cm弱が食ってきた。

スピナベやクランクなど巻物には反応しないけど、ジグのスイミングには反応する…というコンディション。

千葉県のリザーバーはこの時期になるとアカガエルの産卵が始まるが、o.s.pのドライブクロー4インチ+ガンタージグライトという組み合わせが、魚にとってカエルのシルエットを連想させたのかもしれない。

それにしてもノリーズのガンタージグライトは、非常に使い勝手が良いと感じている。

数年前まではラバージグが苦手で釣れる気がしなかったが、そんな僕でもこのルアーのおかげでラバージグに対する苦手意識を払拭することができた。

今回は、オカッパリでもレンタルボートでも使いやすい、ノリーズのラバージグ「ガンタージグライト」を紹介したい。

ガンタージグライトは、ラバージグが苦手な人や、ラバージグで釣ったことがない人におすすめのジグだ。

ノリーズ(Nories) ラバージグ ガンタージグライト
created by Rinker
ノリーズ(Nories)

【関連記事】おすすめのラバージグについて書いた記事はコチラにもあります↓

スポンサードリンク


超使いやすい。食わせる力が強いラバージグ、ノリーズ「ガンタージグライト」がよく釣れるのでお気に入り

適度なボリューム感が良い

ノリーズ「ガンタージグライト」は、ボリューム感がちょうど良くて非常に使いやすい。

適度な量のシリコンラバーが良い。

ファインラバーを使った一般的なラバージグよりボリューム感が控えめで、3.5〜4インチクラスのホッグワームとセットしたときの全体的なバランスが良いと感じる。

エスケープツインなどやや強めなトレーラーにセットして強気な釣りをするのも良いし、3.5インチクラスのホッグワームを使って控えめにアクションさせるのにも丁度良い。

個人的に、ドライブクロー4インチ+ラバージグという組み合わせはとてもバランスが良いと思っており、サーチルアー ・パイロットルアーとして活用している。

補足:オカッパリのプリンス愛用セッティング
そういえばこの組み合わせは、かつて川村光大郎氏がフィールドの下見をするときに使うものであったセッティングに似ている。
過去に川村氏は、5gジグにドラクロ3インチというルアーで現場の下見をしていた。
(最近はダイワのSSカバージグ+3.6インチのホッグワーム)
「やや強いけど、食わせる力もそこそこある」という理由でこのセットを愛用していたと読んだが、確かにその通りであると僕も思う。
バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。
川村光大郎が語る「釣り場捜しで使う、本気ルア-3

「ジグ+ドラクロ4インチ」は、魚にそこそこやる気があれば30cm台のバスでも食ってきてくれるし、40cmくらいのデカい魚を食わせるボリューム感もある。
「ドライブクロー4インチ+ラバージグ」は、パイロットルアーとしても食わせるルアーとしても非常に優秀であると感じている。

ノリーズ「ガンタージグライト」は、フィールドやバスのコンディションを選ばずどんなときでも使いやすいので愛用している。

ノリーズ(Nories) ラバージグ ガンタージグライト
created by Rinker
ノリーズ(Nories)

専用ジグロッドじゃなくても使いやすい

ノリーズ「ガンタージグライト」はフック軸がやや細いので、一般的なM~MHクラスのベイトロッドでも使える。

オカッパリではM~MHくらいのロッドを使う人が多いが、そういったバーサタイルなロッドでもしっかりとバスの口にフッキングできるフック軸(とブラシガード)になっている。

カバー用のヘビーロッドに使っても良いし、ミディアムクラスのロッドでライトカバーに打つような使い方もできるため、ノリーズ「ガンタージグライト」が使い勝手が良い。

すり抜けがめちゃくちゃ良い

ガンタージグライトは、障害物に対してのすり抜け能力が抜群に良い。

僕はガンタージグの他にオーエスピーのゼロワンジグも愛用しているが、ゼロワンジグよりもすり抜け能力が高い。

ガンタージグ”ライト”という名ではあるが、ヘビーカバーにぶち込んでいくような釣りにも回収時に引っかかり難くいので使いやすい。

ヘッド裏に書かれているグラム表記が地味にありがたい。

サーチルアー・パイロットルアーとして活用できる

個人的に、ガンタージグライトは「テキサスリグよりちょい強いというイメージ」で使うと丁度良いと感じている。

シリコンラバー自体の量が少ないということ、ワームをセットしたときの全体的なシルエットのコンパクトさなどから、ガンタージグライトは「やや食わせ寄りなラバージグ」という印象を受ける。

水が濁っていたり、「テキサスリグ じゃちょっとアピール力足りないかな?」というようなときに、ワンアクセントとしてガンタージグライトを使うのも良い。

・弱いわけではなく、かといって強いわけでもない程よいアピール力。
・全体的なシルエット、ボリューム感のバランスの良さ。

こういったことが、ガンタージグライトがタフな状況でも釣果をあげられる理由なのではないかと考察。

スポンサーリンク



超使いやすい。食わせる力が強いラバージグ、ノリーズ「ガンタージグライト」がよく釣れるのでお気に入り|まとめ

今回は、汎用性が高く、オカッパリやボート問わずどんな状況でも使いやすい、ノリーズ「ガンタージグライト」を紹介してみた。

■ノリーズ「ガンタージグライト」が釣れる理由
・適度なボリューム感で、スレた魚でも食わせやすい。
・根がからない、引っかからない→効率アップ。

ノリーズのガンタージグライトは「ラバージグってあんまり使ったことない」という人や、「ラバージグが苦手」という人に使ってもらいたいラバージグだ。

ノリーズ(Nories) ラバージグ ガンタージグライト
created by Rinker
ノリーズ(Nories)

【関連記事】おすすめのラバージグについて書いた記事はコチラにもあります↓

■ラバージグロッドについて書いた記事↓

スポンサードリンク


 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter