【初心者向け】1万円台で買える、オカッパリで使いやすいおすすめベイトリール6選

今回は「バス釣りをやってみたい」という人や、「ルアーフィッシングに興味があるけど、どんなリールを選べばいいかわからない」という人に向けて、比較的リーズナブルで使いやすいベイトリールを紹介していこうと思う。

僕個人の独断と偏見で、各メーカーのエントリーモデル・安めのモデルを中心に選んでみた。

どのリールもバス釣りのオカッパリでよく使う10〜20g程度のルアーが使いやすいので、オカッパリのベイトリール選びの参考にしてみてほしい。

[スポンサーリンク]



【初心者向け】1万円台で買える、オカッパリで使いやすいおすすめベイトリール6選

ピシファン「SAEX ELITE」

タフなボディ、バックラッシュしにくいブレーキシステム、1万円前後で買えるリーズナブルな価格が魅力のピシファン「SAEX ELITE」。

国内メーカーではないため有名ではないベイトリールだが、その使い心地がはっきり言って価格以上の代物。
遠心ブレーキとマグネットのダブルブレーキシステムのおかげで非常にバックラッシュしにくく、安定したキャストを続けられる。

国内産のリールに比べると、ブレーキメモリがガタつくいたり、メカニカルブレーキがガタつくなど、外装がややチープで作りが甘い部分もある。

しかし、1万円以下で買えるリーズナブルな価格であることと、別売のシャロースプールを使えばベイトフィネスなどの軽量なルアーを使えることを考慮すれば、外装のチープさはマイナス面だと感じられない。
使用感がネガを圧倒的に上回るからだ。

別売のシャロースプール(浅い溝のスプール)を使うと、5g〜10gくらいの軽量ルアーの投げ心地が飛躍的に向上する。
そのため、オカッパリで巻物からワームまで何でも投げたいという人におすすめできる、バーサタイルなベイトリールである。

このリールについては↓コチラの記事でも書いているので、よかったら参考にしてみてほしい。
【関連記事】

シマノ「SLX」


強い作りのボディ、快適なキャストを可能にするNEWマグナムライトスプール、幅広いルアーが扱えるのが魅力のシマノ「SLX」。

ブレーキ設定が「内部ブレーキと外部ブレーキ」の2つを微調整しなければならないため、ブレーキ調整にやや慣れが必要だが、慣れてしまえば快適にキャストできる。

軽いルアーも投げやすいスプールなので、オカッパリで軽いルアーから重いルアーまで幅広く投げたい人におすすめできるベイトリール。

小型のクランクベイト、ミノー、スピナーベイトやバイブレーションといった巻物から、テキサスリグやラバージグ、ネコリグなどといった打ち物など、オカッパリの釣りで使用頻度の高いルアーを扱うことができる。
おかっぱりでよく使うルアーを快適に扱うことができるため、バス釣り初心者におすすめできるベイトリールとなっている。

本場アメリカの超有名フィッシング通販サイトでもベストセラー商品となっているリール
なので、その性能は世界も認めるものであることがわかる。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥14,500 2020/3/5 20:53:36

シマノ「スコーピオンMGL」


巻き心地が極上のマイクロモジュールギア、堅牢なハガネボディ、紅に染まった独自のカラーリングが魅力のスコーピオンMGL。

ナイロンライン16ポンドを100m巻けるため、オカッパリの巻物やビッグベイト、テキサスリグやラバージグなど色んな釣りを楽しめる1台となっている。

近年のベイトリールとしては自重が210gとやや重めになっているが、オカッパリで人気のロッド長である「6.10フィート」に載せると非常にバランスが良い。

6.10フィートのロッドを使ってオカッパリで遠投するようなときは、リールに重量があるとバランスがとれて遠投しやすい。
SLXと迷っている人は、自分が使いたいロッドの長さが長い場合はスコーピオンMGL、6〜6.5フィートくらいのロッドを使うならSLX…という選び方をするのも良い。

■シマノのSLXとスコーピオンMGLで迷ったときは?
・軽量ルアー重視ならSLX。
・やや重いルアーも使いたいならスコーピオンMGL。
・太いラインを使ってワイルドな釣りをしたいならスコーピオンMGL。
・疲労感を抑えて身体への負担を減らしたいならSLX。
・ミラクルジム、村田基ファンならスコーピオンMGL。
・とにかくコストを抑えるならSLX。
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥18,287 2020/3/5 20:53:54

[スポンサーリンク]



ダイワ「17タトゥーラSVTW」

バックラッシュしにくいSV(ストレスフリー)スプール、堅牢な作りのボディ、1万ちょいで買える安さが魅力のタトゥーラSVTW。

今年発売された20タトゥーラSVTWよりやや重い200gとなっている17タトゥーラSVTWだが、その使用感は素晴らしいものがある。

安定したブレーキ、バックラッシュしにくいSVスプール、重いルアーからやや軽量なルアーまで幅広く扱える汎用性の高さなど、初心者がバス釣りのオカッパリを楽しむ上で欠かせない要素がこれでもかと詰まっている優秀なベイトリール。それが17タトゥーラSVTWなのである。

20タトゥーラが軽量ルアーの扱いに優れた小径スプールであるのに対し、17タトゥーラは最も汎用性が高いと言われている34mmというスプール径。
スプールの大きさ的に、ビッグベイトやヘビーカバーなどに使用するヘビーロッドと合わせても相性が良いため、使い回しのしやすさもGood。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥14,100 2020/3/5 20:54:23

【関連記事】20タトゥーラと17タトゥーラを比較した記事を書いたので、よかったらコチラも参考にしてみてほしい。

ダイワ「20タトゥーラSVTW」

こちらは17タトゥーラのバージョンアップ版とも言える、20タトゥーラ。
17タトゥーラより10g軽く、そしてより軽量ルアーの投げ心地が向上している。

オカッパリでワームを使った釣りをする頻度が高い場合、20タトゥーラのほうが使いやすいだろう。

ボディサイズも小さくなったので、子供や女性などでも扱いやすいサイズ感となっている。

アブガルシア「レボx」

漆黒に染まったクールなデザイン、堅牢でタフな作りのメタルボディ、1万円を切る格安感が魅力のアブ「レボx」。

とにかくキャスト感が爽快で、スーっとどこまでも飛んでいきそうな抜ける様なキャストフィールが癖になるリール。

ブレーキにややクセがあり、慣れないとバックラッシュがしやすい。
が、別売の格安マグネットを追加すればかなり使いやすくなる。

僕個人としては、今回紹介したベイトリールの中で最も気持ち良いキャスト感であると感じるのがアブ「レボx」。

外部ブレーキ設定は3/4くらいはほとんど使用できないレベル(使うとバックラッシュする)なので、実際に使うブレーキの目盛りは1/4くらい。
そのため、ある意味初心者にも使いやすいリールでもある。

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥9,100 2020/3/5 20:55:08

【関連記事】レボxについてインプレした記事はコチラ↓

[スポンサーリンク]