【アブ レボx インプレ】これが8,000円台で買えるなんて…。巻き心地・剛性感が良い、バス釣り初心者にもおすすめなベイトリール。


スポンサーリンク


先日、200g以上の重量で6.3くらいのギア比のベイトリールを探していたのですが、かなり良いリールと出会うことができたので、その喜びをインプレ記事として書いてみたいと思います。

・クランキング、巻物専用に使える
・ギア比が6.2くらい
・絶対条件は重量200〜230g

アブガルシア「レボx」は、こういった条件に当てはまるものを探していたときに出会ったリールです。

アブレボxは僕が条件として掲げていた要素を十分満たしていたのですが、何よりも購入の決め手となったのは「8,000円台(アマゾン)」という格安さでした。

以前は格安ベイトリールに対しては「安かろう、悪かろう」という固定観念があったのですが、いざ実際に使ってみると価格以上の性能を感じることができ、「高級リール・ミドルクラスリールにこだわる意味」を完全に見失ってしまいました(笑)

では、その嬉しい驚きを感じた格安ベイトリール「アブレボx」のインプレをしていきたいと思います。

■アブレボxのココが良い!
・クールなデザイン
・剛性感
・独特なキャストフィール
・重量感
・安い
■アブレボxのココが残念;
・ブレーキ設定がピーキー
・(人によっては)やや重い

スポンサーリンク



アブレボxインプレ 1万円以下なのに巻き心地よし、タフネスな作りに感動

こちらが今回紹介するアブレボx。

10,000円を切るコスパの良さ、巻き心地がよいブラスギア、メタルフレームのブラックボディなどなど、たくさんの魅力が詰まっているベイトリールです。

スペック

自重(g):224g
ギア比:6.6:1
最大ライン巻取(cm):68
最大ドラグ力(Kg):8.1
ラインキャパシティ/約0.31mm/約14lb:130m
ボール/ローラーベアリング:7/1
メーカー希望本体価格(税抜):15,000円

■お得に買うなら…

メーカー希望価格は15,000円ですが、アマゾンなら8,000円台で購入できるので、買うならネット通販が断然お得です。

アマゾンはちょいちょい価格の変動がありますので、もしアブレボxが気になっているならチェックしてみてください。

付属品

付属品は取扱説明書とパーツリストと品質保証書、袋とメンテナンス用オイル。

品質保証書。

デザイン・外観

アブレボxの外観はこんな感じ。

個人的にはめちゃくちゃカッコイイと感じており、ブラックで統一されたクールなデザインに心惹かれます。

デザイン、質感ともにとても8,000円台で購入できるリールとは感じさせません。

メタルフレームが採用されたメタルボディで、剛性面も安心です。
手触りの良いサラサラなボディになっていて、パーミング時に心地よい触感を楽しめます。

大きめで握りやすいグリップもアブレボxの特徴。

「90mmハンドル+触り心地のよいやや大きめのグリップ」の組み合わせのおかげで、抵抗の強いハードルアーを1日中巻き続けていても疲労を感じにくい仕様になっています。

抵抗の強い巻物でも楽々な90mmハンドル。

サイドカバーを開けるとこんな感じになっています。

アブレボxにはマグネットブレーキが採用されているのですが、ややピーキーな印象があります。
しかし追加でマグネットを足すことによって簡単にブレーキ力を調整できるのが嬉しいポイント。

カッコいいメカニカルブレーキのロゴ。

アブガルシアはスウェーデン王室御用達。

補足:王室御用達のアブガルシア
エンブレムは「スウェーデン王室御用達」のマークであり、1951年からリールをはじめとした製品に付けられており、現在では同社のロゴと同等にシンボルマークとして認知されている。
引用:wikipedia


アマゾンでアブレボxをチェックしてみる

スプール重量

PEライン下巻+フロロライン14lbで約33g。

近年の最新ベイトリールに比べると、アブレボxのスプールはラインキャパの影響もあってかなり重め。

軽量のルアーよりは、やや重めのルアーを投げるのに適しているスプールであると言えます。ルアーの投げ心地については後述します。

重量感があるのが良い。その理由。

アブレボxの重量は224g。

写真はカスタム済みのものの重量ですが(90mm→80mmハンドルへ)、それでも近年発売されているベイトリールとしてはやや重ため。

アブレボxは近年の「いかに軽量化させるか?」というベイトリールの流れを逆行しているかのような重量ですが、僕としてはどうしてもこの重量のリールが必要だと感じています。

7フィートを超えるような、長くて重いロッドに合わせるとバランスが良いと感じます。

また、巻物専用に使うことを想定していたため、あえて224gという重さのアブレボxを選びました。

巻物のリール重量に関して、プロアングラーのレジェンド・田辺哲男氏はこう語っています。

”ロッドもリールも軽けりゃいいってもんじゃない。使うルアーとの相性を考えようぜ、バランスがとれたタックルを組もうよ、と。

たとえば車だ。超軽量な車がどんなときも操しやすいのか?ってことだよ。

逆に軽い車はケツを振っちゃってハンドリングが忙しい。巻き物のタックルにはそれと同じことが言えるんだよ。手もとの安定が〝巻き〞の安定にも〝投げ〞の安定にも繋がる。 ”

Basser「田辺哲男のスピナーベイト道場」より

僕は「アンチ軽量タックル派」ではありませんが、上記のような理由もあって「巻物・長くて重いロッドにはやや重いリールが良い」と考えています。

インプレ。アブレボxを実際に使用してみた感想

ここからは、実際にアブレボxをフィールドで使ってみた感想を述べていきます。

■今回インプレするのに使用したタックル
ロッド:ファルコン「CLC-4-17(7フィートのMグラコンロッド)」
ライン:フロロマイスター14lb
ルアー:6gクランクベイト、8gクランクベイト、10gクランクベイト、ディープダイバークランク、マグナムクランク
1/4・3/8・1/2・5/8・3/4オンススピナーベイト
1オンスのスイムベイト
天候:晴れ、風速5m

握りやすいサイズ感が良い

アブレボxを実際にロッドに載せてみて握ってみると、とても握りやすいと感じます。

サイズ感としては「大きくもなく小さくもなく」という至って普通な印象ですが、近年はロープロ・コンパクト化されたリールが目立つので、アブレボxのような「普通のサイズ感」のベイトリールの存在は貴重になりつつあると感じます。

ダイワ「タトゥーラSVTW」などに比べるとやや小さいかな?と思うサイズ感。僕が使用したことのあるベイトリールの中では、メタニウムDCくらいのサイズ感だと感じます。

アブレボxはややコンパクト〜普通サイズなので、手の小さな人でも十分に扱えるでしょう。

ブレーキはピーキー

メカニカル設定はゼロポジション(スプールのガタつきが無くなったポジション)でテストしてみましたが、マグブレーキ設定を間違えるとバックラッシュしやすいように感じました。

調子に乗ってブレーキを半分くらいの目盛りまで落とすと、余裕で大バックラッシュします。「サミングの技術でなんとかしろ」というレベルではないように思います。

実質、写真にある目盛りの位置くらいまでのブレーキしか使用しません。しかしこの目盛りなら10g〜2オンスくらいまでなら十分投げることができるので、マグブレーキの使用感はややピーキーであると感じました。

また、風速5mの逆風の中でフルキャストすると、ブレーキを強めに設定しておかなければかなりの確率でバックラッシュしました。


僕個人としては、アブレボxはマグネットを追加する「ネオジムチューン」が必須であると感じています。

補足:アブリールのマグチューン
チューニングは簡単で、アマゾンなどで安売りされているネオジム磁石を追加するだけです。300円ちょいで追加できるので、もしアブレボxを買うならネオジム磁石も同時購入するとブレーキ調整しやすいリールに変貌するでしょう。
アマゾンでネオジム磁石をチェックしてみる

【関連記事】

ブラスギアだから巻き心地が良い


アブレボxの巻き心地は非常に良いと感じます。

その巻き心地は「他社のミドルクラスのリールと遜色ないんじゃないか」と思ってしまうほど、価格に見合わない上品な巻き心地です。

それもそのはず。アブレボxには巻き心地を向上させるために「デュラギアブラスギア」が使われているからです。

ベイトリールには軽量化のために「ジュラルミン製ギア」が使われている場合がありますが、アブレボxには巻き心地が良いとされている「ブラスギア」が採用されています。

アブレボxはブラスギアのおかげで、とても巻き心地が良いのが特徴となっています。
実際にフィールドで巻き物を使用してみると「この巻き心地が格安リールで再現できるなんて…」と非常に驚かされたのが印象に残っています。

飛距離は並み

アブレボxは飛距離は「並み」です。

ここでの「並み」とは、「実際の使用に問題ないレベル」というものになります。

オープンエリアで巻き物を遠投するときや、中距離くらいのポイントにサイドキャストで狙ったりするときなど、飛距離にするとおよそ30〜50mくらいのポイントへのキャスト感は全く問題ないと感じます。

逆風時にはバックラッシュのリスクは増えますが、飛距離は一般的なリールと遜色ないと思いました。

逆風時の飛距離低下は他のベイトリールにも言えることですので、アブレボxの逆風時の飛距離に関しても普通の使用には全く問題ないレベルだと感じました。

■キャストフィール

キャスト感に関しては、少し特徴があるように思います。

ダイワなどのマグネットブレーキ搭載リールは、キャスト時にブレーキが一定にかかり続けるようなフィーリングを感じるのですが、アブレボxに搭載されたマグブレーキにはそう言った特徴は感じられず。非常に気持ち良いです。

アブレボxのマグブレーキフィーリングは、「極めてナチュラルに、そして抵抗なく伸びやかにスポットへ飛んでいく」といった印象です。
無重力感と言いますか、まるでブレーキがかかっていないような感覚があるのですが、バックラッシュはしていない…といった不思議な感覚。

スーっと飛んで、小気味良く爽快感のある「カチッ」と鳴るクラッチを戻すときのサウンド…。

10,000円を切る価格にも関わらずこういった爽快感を得られるのは、アブレボxを選ぶ大きなメリットであると感じました。

各ルアー重量の投げ心地

インプレッションのテストでは、主に6g〜2オンスのルアーを投げてみました。

8gがギリギリ快適に投げれる範囲です。
6gのクランクも投げられることは投げられますが、サイドキャストだとピンポイントに決めるのは困難であると感じました。

10gくらいのクランクベイトは問題なくキャストできます。快適に投げられるのは3/8ozくらいからであると感じます。
10gのクランクは可もなく不可もなくといった感じで、キャスト感に不満を感じるようなことはありません。

15gくらいのハードルアーはとても気持ち良いです。
この辺りからキャストが気持ちよくなり、ルアー重量が20g前後のものになると非常に快適にキャスティングを楽しむことができました。

1オンスくらいのスイムベイトも問題なく遠投することができ、重ためのマグナムクランクの遠投&リーリングもとても快適。

このことから、アブレボxは「10g〜2オンスくらいのルアー」を扱うのに適しているリールだと感じました。

・オカッパリでやや重ためのルアーを快適に投げたい。
・マグナムクランクなど、大きめのハードルアーをゴリゴリ巻く釣りに使いたい。
・MH〜Hクラスのロッドを使ったストロングな釣りで使えるリールを探している。

アブレボxはこういった用途でベイトリールを探している人におすすめのリールだと感じています。

アブレボxインプレ 1万円以下なのに巻き心地よし、タフネスな作りに感動|まとめ

今回は、アブレボxのインプレッションをしてみました。

ブレーキのピーキーさに慣れてしまえば、ほとんどミドルクラスと変わらないような使い心地の優秀なベイトリール「アブレボx」。

巻き心地や剛性感など魅力的なポイントはたくさんありますが、このリールの一番凄いと感じるポイントは「普通に問題なく使えるリールが10,000円を切る価格である」というところにあると思っています。

・オカッパリでやや重ためのルアーを快適に投げたい。
・マグナムクランクなど、大きめのハードルアーをゴリゴリ巻く釣りに使いたい。
・MH〜Hクラスのロッドを使ったストロングな釣りで使えるリールを探している。

こういった人以外にも、アブレボxのデザイン性が気になる人や、何となくアブリール使ってみたいんだよな〜と思っている人は買ってみて損はないと思います。

カスタムリールのベースとしても良し。
ロングロッド、ヘビーロッドにつける追加リールとして。
初心者の最初の1台として(マグチューン必須)。

などなど、使う用途は様々ですが、もしアブレボxが気になる人はぜひチェックしてみてください。


【関連記事】コチラも読んでいきませんか?

スポンサーリンク