ジャークベイトが得意なアメリカンロッド、クアンタム『グラフェックス561M』のレビュー・インプレ。


スポンサーリンク


いつも使っているロッド…ロッドアクションさせるのに長すぎるから、ショートロッドが欲しい。
でもそういった特化型ロッドを買うにはあまりお金をかけたくない。

こんな動機で購入した、クアンタムのベイトロッド『グラフェックス』。
しなやかで投げやすく、ピンポイントにもバシバシ決まるキャスト感、ルアーのロッド操作のしやすさがお気に入り。

なんといっても激安なのが最高。

■クアンタム『グラフェックス』の気に入っている点
・モチモチでしなやかなブランクス
・短くて操作しやすい
・キャストが決まる
・激安なのにしっかり使える
■クアンタム『グラフェックス』の残念な点
・トリガーが痛い
・全体的に安っぽい作り
・遠投性能は低い

スポンサーリンク


ジャークベイトが得意なアメリカンロッド、クアンタム『グラフェックス561M』のレビュー・インプレ。

こちらが今回インプレ・レビューする、クアンタム『グラフェックス』。

アメリカンロッドらしいモチモチとした粘り強さ、しなやかでキャストがしやすく、短いロッドのため操作しやすいのが特徴となっている。

クアンタム社とは?
「QUANTUM(クアンタム」は、1984年にアメリカで創業したメーカー。
ケビン・バンダムなど、海外で活躍するトーナメントプロが使用しているメーカー。

スペック

クアンタム 『グラフェックス GXC561M』

長さ:5フィート6インチ(約168cm)
適合ライン:4〜8ポンド
適合ルアーウエイト:1.8g〜10g
価格:9,690円(税込)※ABSショップ価格※

『アメリカンバスショップ』のクアンタム561Mの販売ページをチェックする

クアンタム「グラフェックス」のデザイン

バット付近。ロゴデザインはいかにもアメリカンな印象。

便利なルアーフックキーパーがついている。

コルクグリップ。トリガーの位置に少しクセを感じる。詳細は下記にて。

ミディアムパワー。適正ルアーウエイトは1.8〜10gだが、20gくらいまで投げられる。

ガイド素材は不明。ステンレス??

クアンタム「グラフェックス」を1年間使ってみて感じたこと

クアンタムの『グラフェックス』を1年ほど使ってみて感じたことは「ショートロッドはバスフィッシングには必要不可欠」というもの。

ミノーのジャーキングやトップウォーターの釣りをするのには、ロッドが長すぎると、ロッドワークでアクションさせにくいだけでなく、手首への負担も大きくなる。

冬の時期のジャーキングや夏のトップゲームでは、ロッドワークを必要に迫れれるときがある、そういったシーンでグラフェクスのショートレングスが非常に役に立った。

シングルハンドでキャストすることが前提のため、グリップ長は短め。短いからジャーキングなどのロッドワークをしているときにグリップ先が邪魔にならず、長時間ロッドワークを繰り返していても苦にならないのが便利。

対応ルアー

クアンタムの『グラフェックス』の対応ルアーウエイトは1.8〜10gとなっている。


しかし上限の10gを超えるザラスプーク(17g)などもしっかり投げられるので、扱えるルアーの幅は広い。

トップ以外だと、上記にも挙げたがジャークベイト(ミノー)にも適正がある。


ボーマーの『ロングA(14A)』やスミスウィック『ラトリンログ』などのジャークベイトの使用感はピカイチ。
『ロングA(15A)』も投げられるが、15Aのような大きめのミノーは使うのにはロッドパワーがもうちょっと欲しいと感じる。

1/4〜3/8オンス前後のスピナーベイト、小型〜中型クランクベイト、小型バイブレーションなどよく使われるルアーもしっかり投げられる。
小さい野池などで遊ぶときなどには、クアンタム『グラフェックス』は強い味方になってくれるだろう。

下限が1.8gとなっているので、ベイトフィネスなどにも扱えるかというと、僕個人としては微妙だと思った。
穂先(ロッドティップ)の繊細さ、シェイクなどの細かい操作には少々荒削りな感じも見受けられ、軽量ルアーを使ったワーミングにおいては向いていない印象がある。

ただ、ワーミング以外の軽量プラグの扱いは良いので、ベイトフィネスリールを使ったシャッド、小型クランクなどには適正がある。
しなやかでモチモチとしたブランクスなので、ハードプラグの扱える範囲は広い。

キャスト感が気持ちよい

ショートロッドの特徴を楽しく味わえるクアンタム『グラフェックス』だが、キャスティングの質の面においてもグッドな特徴を感じた。

アメリカのロッドにはしなやかでモチモチな作りのものが多いが、それはグラフェックスにおいても同じようなことが言える。

気持ち良く曲がるブランクスが非常に気持ち良い。小型のバスでもファイトを楽しめる。

『ルアーの重さをしっかりと感じながら、ロッドを曲げ、その反発を利用して狙ったスポットへ投げる』といったキャスティングの一連の動作を気持ちよく行うことができるため、『グラフェックス』はルアーフィッシングのキャストを存分に楽しませてくれるロッドだと感じることができた。

また、グラフェックスは5.6フィート(約168cm)という短めのロッドなので、ピンポイントに向かってルアーを投げやすいのもグッドポイント。

ショートグリップ

クアンタム『グラフェックス』はグリップが短め。写真一番上から『ゾディアス158ML-2』、『ゾディアス166M』、『グラフェックス』。

昨今のロッドはグリップが長いものが多く、ショートグリップ+ショートレングスのロッドは少ない。そのためシングルハンドキャストをやったことがない人もいると思うが、そういった人こそグラフェックス561Mを使ってみてほしい。

クアンタム『グラフェックス』は、「ビシバシ決まるピンポイントキャスト!ルアーの重さをしっかりロッドに乗せ、気持ちよくキャストを決めていく」というルアーフィッシングの醍醐味を感じさせてくれるだろう。

クアンタム「グラフェックス」の残念なところ

個人的に『グラフェックス』を使っていて思った残念な点は「グリップトリガーの位置」だ。

手が大きいアメリカ人向けに作られているからなのか、トリガーの位置に少し違和感を感じる。


ジャーキングなどでついつい力んでしまうと、リールを握る手の小指と薬指の付け根あたりが痛く感じることがあった。

僕は175cm、中肉中背という体格だが、グラフェックスのトリガーの位置は少し気になる点。
ただし、女性や子供、手の小さい方だと使用感は変わるだろうから、トリガーの位置に関しては個人差があるのかもしれない。
トリガーの位置による手の痛みは、グローブをつけたり、リールを握る手をフォーフィンガーグリップにするなどして対応できるので、人によっては気にならないポイントだと思う。

常に品薄

その他の残念な点としては、クアンタム『グラフェックス』は、知る人ぞ知る隠れた人気商品なので入手しにくいというところだ。

僕が知る限り『グラフェックス』の入手方法は、ヒロ内藤さんも携わっているアメリカンルアー専門店『アメリカンバスショップ』か、ネットオークション、中古釣具(ベリーネットなど)くらいしか見当たらない。

僕は運良く『アメリカンバスショップ』で購入することができたが、クアンタムの『グラフェックス』はここ日本では入手しにくいのが現状。
購入のし難さは『グラフェックス』の残念なポイントとして挙げられる。

ジャークベイトが得意なアメリカンロッド、クアンタム『グラフェックス561M』のレビュー・インプレ。|まとめ

クアンタム『グラフェックス』は、ライトなワーミングにおいては少々扱い辛い印象が見受けれれるものの、最もよく使われる10g前後のルアーに対しての適正はかなり高い。

軽快なロッドワークで10g前後のルアーを操作したいと考えているアングラーにはまさにピッタリなロッドと言えるだろう。

入手し辛いのがネックではあるが、クアンタム『グラフェックス』が気になる方はこまめにネットサイトをチェックするなどして使ってみてほしい。
「えっ!?アメリカのロッドってこんなに使いやすかったの?」と新たな体験ができること間違いなしだろう。

『アメリカンバスショップ』のクアンタム561Mの販売ページをチェックする

 【関連記事】アメリカンロッド好きなら、こちらの記事もいかがですか?↓

スポンサーリンク


 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter