スピニングでもベイトフィネスでも!ボトムアップ「コスモ」発売!「エグダマ」とも比較してみる。

ボトムアップから、新作のスモラバ「コスモ」が発売されます。

スピニングタックルとベイトタックル、どちらでも対応の「オールインワン」仕様とのことで、オカッパリでマルチに使えるスモラバとなっているようです。

「中層もボトムも、カバーも、ひとつで満足にこなせること」

開発者であり”ボトムアップ”主宰の川村光大郎氏は、『コスモ』について上記のように語っています。

2016年頃から開発を続けていたとのことですが、オカッパリの究極的スモラバが満を持してのリリースとなりました。

これを持って霞ヶ浦でオカッパリやりてぇ…。

→アマゾンでチェックしてみる

ボトムアップ 「コスモ」
created by Rinker
Bottomup

コータローが求めた「オールインワン」とは?

オカッパリは様々なポイントで、たくさんのアプローチを行わなければならない釣りスタイル。

しかしオカッパリでは、持ち歩けるタックル本数にも限りがあります。

ベイトフィネス専用ロッドや、食わせ特化した専用スピニングタックルを数多く持ち歩くのは、正直難しい…。

そこで川村氏は、スピニングでもベイトフィネスでも、高次元で使える「オールインワン」のスモラバを開発。

「コスモ」は、超細かい中層シェイク『マイクロピッチシェイク』はもちろん、ボトムの変化やカバーに対しても使いやすいのが特徴です。

タックル本数を減らし、それでいてタックルの変化に対しての使用感を損なわない。

新作スモラバ「コスモ」は、正しく『オカッパリにおいてのオールインワン』なスモラバに仕上がっていると言えます。

スピニングでも、ベイトフィネスでもOK

ボトムアップ「コスモ」には、滑りが良くてフッキング性能に優れるフックが採用されています。

そのため、スピニングタックルからベイトタックルに持ち替えたときでも、フッキングミスを減らしてくれるような作りになっています。

フック軸も細すぎず、かといって太すぎず…という絶妙な太さに設定。

そのため、一般的なスピニングタックルやベイトフィネスタックル、ミディアムライト〜ミディアムパワーのベイトタックルでも使っていけるような作りになっています。

しかし、パワーベイトフィネスなどでヘビーカバーからデカバスをブチ抜いたりする使い方をすると、さすがにフックが少し伸びるそうです。

「コスモ」を使用するなら、スピニングタックルからベイトフィネスタックル程度を使った、ややライトなカバー狙いに留めておいたほうがよさそうです。

水平姿勢&スリ抜けの良さ

川村氏の十八番「マイクロピッチシェイク」のクオリティを極限まで高めるため、コスモは中層でも水平姿勢を保つように作られています。

また、一般的なスモラバだとラインアイが障害物に引っかかりやすく、スリ抜けしにくい傾向がありますが、その点においてもボトムアップ「コスモ」は一味違うようです。

ヘッド部とラインアイが一体化されたデザインになっているため、「カバーに対するスリ抜けの良さも抜群!」と川村氏は語っています。

近年ではベイトタックルを使ってスモラバをカバーに入れ込む、「吊るし・中層シェイク」が主流になりつつあります。

そういったシーンにおいても、スリ抜け能力が高い「コスモ」なら、ストレスの少ない釣りが可能になると言えます。

→アマゾンでチェックしてみる

ボトムアップ 「コスモ」
created by Rinker
Bottomup

人気スモラバ「エグダマ Type-LEVEL」と比較してみる

個人的な話ですが、僕はレイドジャパンの「エグダマ」シリーズを愛用しています。

そこで、やや用途が被りそうなレイドジャパン「エグダマ Type-LEVEL」と、コスモを比較してみることにします。

「エグダマType-LEVEL」「コスモ」スペック比較

製品名 ウエイトの種類 カラー数 価格(税別)
コスモ 1.3g/1.8g/2.5g/3.3g 9種 ¥500
エグダマType-LEVEL 2.5g/3.5g/4.5g  8種 ¥600

スペックの違いはこんな感じ。

どちらかというと、エグダマType-LEVELはベイトフィネス寄りの作りであるため、比較対象として適正かどうかは置いておいて…

コスモは、スピニング・ベイトフィネスどちらでも対応できるような作りになっているのが特徴です。

そのため、軽量な1.3gから、ベイトフィネスでも扱いやすい3.3gまで、ラインナップがやや豊富。

エグダマType-LEVELはどちらかというとベイトフィネス寄りなので、下限は2.5g。
ウエイトラインナップも3種類と少なめ。

「オールインワン」or「使い分け」

しかし、エグダマにはスピニングタックルでの扱いに特化した「タイプ極(キワミ)」と、カバーベイトフィネスに特化した「タイプカバー」もラインナップされています。

そのため、どっちが良いか…というわけでもなく、スタイルによって使い分けるのが理想的なのかな、と。

●1種のスモラバで多くのシチュエーションで使えるように作られた、ボトムアップの「コスモ」。

●様々なシチュエーションで使い分けられる、レイドジャパン「エグダマ」シリーズ。

「とりあえず1つのスモラバで色んな状況に対応したいんだよね」

「いやいや、オレは状況に合わせて細かくセッティングを変えていきたい」

…などなど、2種のスモラバを上手に使い分けることで、より自分のゲームを完成に近づけていけるのではないかと思います。

価格は「コスモ」の方が安め

製品名 ウエイトの種類 カラー数 価格(税別)
コスモ 1.3g/1.8g/2.5g/3.3g 9種 ¥500
エグダマType-LEVEL 2.5g/3.5g/4.5g  8種 ¥600

ボトムアップ「コスモ」は、価格が¥500

レイドジャパン「エグダマ Type-LEVEL」は、価格が¥600

近年のスモラバは¥600を超えるものも出てきており、やや割高感も感じていたのが本音。

コスモは¥500ということで、少しリーズナブルなのも好印象です。

個人的に、ジグ系にはあまりコストをかけたくないと思っているので、地味に安めな価格設定はグっときます(笑)

→アマゾンでチェックしてみる

ボトムアップ 「コスモ」
created by Rinker
Bottomup

スピニングでもベイトフィネスでも!ボトムアップ「コスモ」発売!「エグダマ」とも比較してみる|まとめ

今回は、川村光大郎氏が主宰するボトムアップの新作スモラバ、「コスモ」について書いてみました。

スピニングでもベイトフィネスでも使える「オールインワン」とのことで、オカッパリでも便利に使えそうな予感がします。

ボトムアップ「コスモ」が気になった人は、チェックしてみてください。

→アマゾンでチェックしてみる

ボトムアップ 「コスモ」
created by Rinker
Bottomup

とりあえずコレ持って、マイクロピッチシェイクでもしに行こ!( ^ω^ )


【関連動画】

【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter