夏のバックスライド系(高比重)ワームにおすすめの、レイドジャパン「バギークロー」。



夏のバックスライド系(高比重)ワームで人気の、レイドジャパン「バギークロー」

バギークローのようなバックスライドワーム・高比重ワームは様々な使い方がある。

今回は、レイドジャパン「バギークロー」の一般的な使い方や、セッティングなどを書いていく。

夏のバックスライド系(高比重)ワームにおすすめの、レイドジャパン「バギークロー」。

こちらが今回紹介する、レイドジャパン「バギークロー」。

バックスライド系(高比重)ワームとしては新しいルアーだが、陸っぱりアングラーなどから絶大な支持を得ている、夏の定番ワームだ。

●他のバックスライドワームとの比較

(写真上から、ジャッカル「RVドリフトくろー」、ゲーリーヤマモト「ファットイカ」、レイドジャパン「バギークロー」)

人気のバックスライド系ワームと比較すると、バギークローはアーム・触手などのパーツが少なめであることがわかる。

ファットイカとバギークロー。

ファットイカよりボディが少しだけ太い印象で、全体的なボリューム感はバギークローの方がある。

素材もわりとしっかりしていて、針持ちも良い。

バギークローのカラーラインナップ

カラーは全部で14種。

(画像引用:レイドジャパン公式

かなり豊富。

霞ヶ浦のようなマッディフィールドから、クリアなリザーバーなどにも幅広く対応できるのが嬉しい。

バギークローの重さ

レイドジャパン「バギークロー」の重さは、約12g

ゲーリーヤマモト「ファットイカ」(写真左)や、ジャッカル「RVドリフトクロー」(写真右)なども12g前後であることを考えると、この重さはバックスライドワームとして一般的なものだと言える。

12gあれば、MH~Hパワークラスのロッドでも快適に扱える。

ピッチングからロングキャストまで、幅広いキャスティングに対応してくれる重量なのがありがたい。




バギークローのセッティング

●フックサイズ

レイドジャパン「バギークロー」のフックサイズは、#4/0~#5/0

根掛かりが多い場所では#4/0、フッキングを重視するときは#5/0…といった感じで使い分けるのがベスト。

参考資料:岡友成のブログ記事「BUGGY CRAW Hook Setting!!」

●リグ

レイドジャパン「バギークロー」で主に使われるリグは、ノーシンカーリグ

ノーシンカーにすることで、フワーっとスローに落とすことができる。

また、フックを刺す方向の違いによっても、動き方が変わる点にも注目したい。

●ボトムでズル引きする場合などは、お尻側からフックを装着。
バックスライドさせる場合は、逆付け。頭からフックを装着。

フックを刺す場所によって、まっすぐフォールさせたり、バックスライドフォールをさせたり…といった2通りの使い方も可能になる。

●ネイルシンカーもアリ

(写真はファットイカです)

ボディにネイルシンカーを挿入して、更に自重をアップさせると、超遠投が可能になる。

また、バックスライドセッティング時は、お尻側にネイルシンカーを入れることで、よりバックスライド幅が大きくなる。

フォール速度やバックスライド幅は、ネイルシンカーの重さによっても変わる。

素早く落としたいならネイルシンカー1.3~1.8g、ゆっくり落としたいなら1.3g以下…といった感じで、目的によってネイルシンカーの重さを使い分けていきたい。

バギークローの主な使い方

レイドジャパン「バギークロー」のようなバックスライド系(高比重)ワームは、ノーシンカーリグでバックスライドフォールさせるのが人気。

美味しそうなスポットに投入して、カバーの奥の奥にバックスライドさせてワームを送り込む。

そうすることで、他のアングラーが攻めきれなかったポイントまでルアーを届けることが可能。

水温が上昇するような梅雨〜初秋頃までは、バギークローのようなスローフォールする物体にバイトが多発する。

●ズル引き

ノーシンカーリグや、ネイルシンカーを挿入した状態で、ボトム付近をズル引きする使い方も面白い。

他のアングラーが皆バックスライドワームを使っていると、同じようなパターンではスレたバスに口を使わせることが難しくなる。

そういったシーンなどは、シンプルにボトムをズルズルと引いてくる”ズル引き”も有効になってくる。

有名どころでは、奥田学氏などがバックスライドワームであるゲーリーヤマモト「ファットイカ」で、『ボトコン(ボトムコンタクト)』というテクニックを使って、有名フィールドを攻略している。

ハイプレッシャーなフィールドほど、超シンプルで単純な”ズル引き”が効くこともあるので、ズル引きは覚えておいて損はないテクニックだ。

●テキサスリグなどの打ち物系リグ

意外と思われるかもしれないが、バックスライドワームのようなファットなワームは、テキサスリグとも相性が良い。

レイドジャパン「バギークロー」は、カバーに入れ込む際に邪魔となるような余計なパーツがない。

そのため、テキサスリグなど、打ち物系リグを使ったカバー打ちとも相性が良い。

同系統のワームである、ガンクラフト「ボムスライド」を使ったチェリーリグに関する考察を以下の記事でお話しているので、よかったらコチラもチェックしてみて欲しい↓↓

夏のバックスライド系(高比重)ワームにおすすめの、レイドジャパン「バギークロー」|まとめ

今回は、陸っぱりアングラーに人気のメーカー、レイドジャパンから発売されているバックスライド(高比重)ワーム「バギークロー」について書いてみた。

夏の暑い時期に出番が多いバギークロー。

このワームを使えば、暑すぎて口を使わなかったスレたバスのバイトを誘えるかも…!?

アマゾンでチェックしてみる

レイドジャパン バギークロー(BUGGY CRAW)4inch class BC033
created by Rinker
レイドジャパン



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter