1万円台で買える!オカッパリのベイトフィネスで人気のロッド10選

オカッパリで行うベイトフィネスにおすすめのバスロッドをまとめてみた。

■この記事で紹介されているロッドの選考理由
・オカッパリで使いやすい6.3~6.6フィートのレングス。
・ベイトフィネス特化ではなく、小型プラグなども扱えるもの。
・ネット通販で1万円台で購入できるモデル。
・万人向けのもの。

[スポンサーリンク]



1万円台で買える、オカッパリのベイトフィネスにおすすめのロッド

シマノ「ゾディアス164L-BFS」

安い、壊れにくい、使いやすいの三拍子が揃った優秀なベイトフィネスロッド。

6.4フィートという長さなので取り回しもよく、野池などの小規模フィールドから、霞ヶ浦などの大規模なフィールドのオカッパリでも扱いやすい。

ロッドブランクの特性も僕的には気に入っている。
適度に弾力があってキャストしやすく、ライトリグをボトムで使っても、スタックさせずに操作することが可能なティップの強さもある。

5g〜10gくらいのライトワーミング、シャッドや小型クランクなどの軽量ハードプラグが扱いやすい。

・シングルハンドのサイドキャストで、テンポよくピンを狙う。
・近距離のピンにピッチングを決めていく。
・シャッドを軽快に投げる。
・ヘビダン、ネコリグなどのライトリグの繊細な操作性を重視する。

こういった用途を求めるなら、168より164をおすすめする。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

シマノ「ゾディアス168L-BFS」

やや遠いポイントへのピッチング、カバー越しのフッキングが多い、遠投して遠くでフッキングしなきゃならないフィールドでベイトフィネスを使いたいなら、ゾディアス168がおすすめ。
ゾディアス164より長くなったレングスが特徴で、実際の使用感は164とほぼ同等。やや168のほうが柔らかいかな?という微妙な違い。

・ピッチングを多用する
・遠投するときもある
・やや離れたカバー越しでフッキングを決めたい

こういったときには164ではなく168がおすすめ。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

シマノ「ゾディアス166ML」

やや強めのベイトフィネス(パワーベイトフィネス)におすすめのロッドがゾディアス166ML。

ティップの繊細さは164と168には劣るが、ロッドパワーはその2種よりも優れている。
ティップにも強さがあるので、濃い目のカバーにスモラバやカバーネコ(スナッグレスネコリグ)などをブチ込んでいくような釣りにおすすめ。

強めのベイトフィネスだけでなく、小型〜中型のクランクベイトやトップウォータープラグ、ミノーのジャーキングにも使えるので、おかっぱりでフィネスからプラッキングまで1本でこなしたいという人にもおすすめできるベイトフィネスロッド。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

[スポンサーリンク]



シマノ「エクスプライド 164L-BFS」

高い感度、軽快な振り抜け感が特徴のエクスプライド164L-BFS。

ブランクの印象としては、ゾディアス164L-BFSと比べるとやや硬めで張りがある。
そのためボトム感知能力が優れており、繊細なアプローチが必要になるライトリグの釣りに向いている。

感度もゾディアスよりやや優れている、というのが僕個人の感想。

・スイングスピードが速い。
・感度を大切にしたい。
・エントリーモデルは使いたくない(ステップアップしたい)。
・とりあえず無難なベイトフィネスロッドが欲しい。
・ミドルクラスのベイトフィネスロッドを探している。

こういった人にはゾディアス164ではなくエクスプライド164をおすすめする。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

ダイワ「ブレイゾン 651LB」

しなやかで粘り強い高密度HVFカーボンと、軽量でキャストしやすいブレーディングXが特徴の、ブレイゾンロッドのベイトフィネスモデル「651LB」。

スモラバやネコリグなどのライトリグ全般、シャッドや小型クランクなどの軽量プラグまで幅広く扱えるため、ベイトフィネスバーサタイルロッドとして使いやすいと言える。

93gという軽量ロッドなのでシングルハンドしやすく、フィールドタイプを選ばない6.5フィートなので、オカッパリのベイトフィネスの釣りにおすすめできる。

僕的に、ダイワのブレイゾンは全体的にしなやかで投げやすいロッドブランクだと感じる。
ブレイゾンは、ベイトフィネスによくある「金属的でしゃっきり」という感じではなく、バス釣り初心者の人などキャストに不慣れの人でも使いやすいロッドだと思う。

シマノのゾディアスよりブランクがしなやか(弾力がある)ので、「ロッドを曲げてキャストを楽しみたい」という人にもおすすめできるロッド。

■ブレイゾン651LBがおすすめな理由
・クセがなく、人を選ばないブランク特性。
・リーズナブルな価格。
・力強いブランクなので破損しにくい。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

ダイワ「エアエッジシリーズ」

ブレイゾンに採用されているダイワの最新テクノロジー「高密度HVFカーボン」と「ブレーディングx」に加え、更に技術特性としてキャストとファイト時のロッドのねじれを抑える「x45」が採用されているダイワの中級機種『エアエッジ』。

そんなエアエッジの中でもオカッパリのベイトフィネスの釣りにおすすめなのが「631LB」と「641LB-ST」、そしてパワーベイトフィネスとして使える「661MLB」の3機種。

631MLB

631MLBは6.3フィートというレングスのおかげで非常に取り回しがしやすいモデル。
小規模の野池や、周囲に木々が生い茂っていてロッドを振りにくい環境、ショートディスタンスでテンポよくピッチングを繰り返していくようなシーンで使いやすいベイトフィネスロッドとなっている。

オカッパリでは足場が高い位置で釣りをすることもあるが、平地のエリアで釣りをすることが多い人などにも631MLBはおすすめできると言える。

ライトリグを使う機会が多いベイトフィネスだが、6.3フィートというショートレングスは繊細な操作も行いやすい。

適合ルアーウエイトが3.5〜14gと幅広いので、「オカッパリでベイトフィネスも巻物もやりたい!」という人にもおすすめ。

楽天でチェックしてみる

641LB-ST

こちらはソリッドティップのベイトフィネスロッド。
「631MLBだと繊細さに欠けるっぽい」と考えている人は、より専門的にライトリグの扱いに特化された641LB-STも検討してみてはいかがか。

ボトムストラクチャー、ウィードに繊細にライトリグを這わせるには631MLBだとちょっと大雑把。もう少しゆっくり丁寧に、そんでもってスタックさせないために穂先に張りもあると良い…という場合は641LB-STがおすすめ。

・ハードルアーの使用はせいぜいシャッドか小型クランクくらい。
・ライトリグの操作性を重視したい

こういった場合は631MLBではなく641LB-ST…という選び方をしてもいいと思う。

661MLB

「631MLB」「641LB-ST」はベイトフィネスの扱いに長けているモデルだが、661MLBはオカッパリのベイトフィネスロッドとしてはややバーサタイル寄り。

パワー的にも「強めのベイトフィネスロッド」といった感じで、ネコリグやスモラバなどのライトリグだけでなく、10g前後のクランクベイトや9cm程度のジャークベイト、3/8オンスくらいのスピナーベイトなど、おかっぱりで使用頻度の高いルアーまでこなせる器用さを持つモデル。

「オカッパリでベイトフィネスをやりたいけど、ライトリグはたまにって感じで、基本は10g前後のハードルアーが多い」という人には661MLBがおすすめ。

6.6フィートという長さがあるので、おかっぱりで遠投が必要になったときや、「ちょい遠めにあるカバーにスモラバ4gやスナッグレスネコリグをブチ込んでフッキング!」…といった使い方もできる。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

[スポンサーリンク]



リベリオン「661M/MLFB」

2020年に発売されたダイワの新シリーズ「リベリオン」。
そのラインナップの中でもオカッパリのベイトフィネスにおすすめなのが「661M/MLFB」。

661M/MLFBは穂先はミディアムパワー、バットはミディアムライトという変則的な構成になっているので、幅広い使い方に対応する器用なモデル。

適合ルアーウエイトが4g〜18gという、今回この記事で紹介している全アイテムの中で最も使用ウエイトの幅が広いのがリベリオンの特徴を物語っている。

オカッパリのベイトフィネスの釣りで出番の多いスナッグレスネコリグやスモラバなどのライトリグはもちろん、小〜中型のクランクベイトやバイブレーション、3/8オンスのスピナーベイトやチャターベイト、トップウォーターやミノーのジャーキング…などなど、おかっぱりで必要な要素はほとんど全て詰まっているんじゃないか?と思わせてくれるような万能モデルとなっている。

バットがミディアムライトということで全体的にパラボリックな調子になっているので、キャストしやすいのも特徴。

グリップのEVAの質も良く、握っていて心地よい肌触り。
ブラックベースでオレンジカラーが要所に入っているデザインも目新しさがあり、「ロッドはオシャレ感があるものが好き」という人にもおすすめできる。

価格的には2万円前後となっているロッドだが、アマゾンでは19,000円台まで値下がりすることもある。
楽天やアマゾンの価格はこまめにチェックしておくのが、最安値で入手するコツ。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

アブガルシア「ホーネットスティンガープラス651ML-BF」


「ダイワやシマノはみんな使っているから、人とは違ったベイトフィネスロッドがいい」という人には、アブガルシア「ホーネットスティンガープラス651ML-BF」がおすすめ。

6.5フィートのミディアムライトパワーという本ロッド。
おかっぱりで使いやすい6.5フィートというレングスと、ライトリグだけでなく軽量ハードプラグまで使えるので、おかっぱりのベイトフィネスとして使いやすいと言える。

高感度をアングラーの手元まで伝達させる「マイクロガイドセッティング」、タフネスで耐久性に優れたナノカーボン素材が使用されたブランクなど、リーズナブルな価格でありながらもその中身は中級機種にも匹敵するロッドに仕上がっている。

また「X-ラッピングカーボン」という、ねじれに強い製法が採用されているため、キャスト精度のアップと、魚とのファイト時にロッドがねじれることを防ぐ特性も持ち合わせている。

・使用している人が少ないロッドがいい。
・オカッパリで使いやすい長さがいい。
・感度が良いロッドがいい。

「ホーネットスティンガープラス651ML-BF」は、こういった要望を叶えてくれるベイトフィネスロッドだ。

アマゾンでチェックしてみる

[スポンサーリンク]



【関連記事】こちらも読んでいきませんか?