【初心者向け】おかっぱりのロッドの長さは、6.5フィートが使いやすい。その理由

バス釣りのおかっぱりをする際のロッド選びで悩ましいポイントになるのが「長さとパワー」。

どちらも用途とフィートの特徴によって回答が変わってしまうが、一般的に言われるのはこんな感じ↓

■おかっぱりのおすすめロッドの一般論
・6.5フィート前後
・ベイトロッドならM(ミディアムパワー)
・スピニングロッドならL(ライト)パワー

[スポンサーリンク]



【初心者向け】おかっぱりのロッドの長さは、6.5フィートが使いやすい。その理由

6.5フィートが最も良いとされている理由としては、そこそこ飛距離を稼げるレングスであることと、周囲の状況(草木があるかないか、など)が変化しやすいおかっぱりの釣りでも、取り回しがしやすいかどうか、というもの。

7フィートあると遠投がしやすいし、遠くで魚からアタリがあったときにフッキングしやすなったりするなどのメリットがあるが、弱点もある。
ロングロッドのデメリットには「取り回しのしにくさ」や「ロッドワーク(ルアーの細かい操作)のしにくさ」、「キャスト精度の難易度が上がる」などが挙げられる。

逆に、5.5〜6フィートくらいの短いロッドだと、そのメリット・デメリットがロングロッドと真逆になる。
「取り回しがしやすい」「ジャークアクションなどのロッドワークがしやすい」「キャスト精度が上がる」といった感じ。

じゃあ6.5フィートっていう中途半端なレングスの特性って何なの?ってことになるが、6.5フィートは「ショートロッドとロングロッドの良いとこ取り」なのである。

良いところ取りというとちょっと言葉が過ぎるかもしれないけれど、6.5フィートはおかっぱりの釣りにおいて非常に使いやすい長さである。

■6.5フィートロッドがおかっぱりに優れている理由
・遠投もイケる。
・小技も行える。
・取り回しも良い。

【関連記事】6.5フィートロッドのことについては、この記事↓でも書いているのでよかったら参考にしてみてほしい。

遠投もそこそこイケる

7フィートを超える長いロッドの飛距離には敵わないが、一般的なおかっぱりに必要になる20〜50mくらいの飛距離を出しやすいのは6.5フィートの魅力。

↑写真は霞ヶ浦のとあるポイントだが、こういった広々としたエリアでは中〜遠距離をこなせるロッドが1本あると便利。

体感、35m以上の飛距離を連続して行うキャスティングをショートロッドで行うと、体力的にも筋力的にもまぁまぁしんどさを感じる。

10〜20mくらいまでのショートディスタンスで快適に投げていくならショートロッドが優勢だが、「そこそこ遠投したいし、そこそこ短い距離にも投げ込みたい」といったワガママを叶えてくれるのが、6.5フィートロッドの魅力。

小技も行える

例えば、トップウォーターをアクションさせるときとか、ミノーのジャーキングをするときには自らの手でロッドを操作させる必要がある。


そういったシーンでも6.5フィートロッドなら、まぁそこそこロッドワーク性能が良いので、そこそこイケる。

この点に関しては自身の身長によって変わる部分。
低身長の人は長くてロッドワークさせ難く感じるだろうし、高身長の人は快適に扱えると感じるだろうし…人による部分ではある。

僕は175cmなので、6.5フィートのロッドを使ったロッドワーク快適指数は「そこそこ」。

穂先を下に向けてジャークさせたりするときには水面にティップが当たったりすることもあるので、そこそこ…といった感じ。

ロッドワークの快適さに関しては、6.5フィートよりも6.3が良いし、6.3よりも5.8の方が行いやすい。

もし「私はトップウォーター とかジャーキングしないから平気」
というのであれば、7フィートでも良い。
ただ7フィートだとキャスト難易度は上がるので、自分の技術と用途によってロッド長を選びたい。

取り回しが良い

6.5フィートのロッドは、野池など自分の周囲に木々が生い茂っているようなフィールドでも使いやすい。
キャストするときに長さが邪魔にならないし、少々足場の高いような場所からの釣りでも使いやすい。

写真のような木々が生い茂っている釣り場でルアーを投げるときには、ロッドが長すぎると邪魔になる。
しかし短すぎるとフッキング性能も落ちる…といった悩みが生まれやすい。それを解消してくれるのが6.5フィート。

取り回しのしやすさ自体はショートロッドには敵わないが、遠投性能や取り回しのしやすさのバランスを考慮すると、おかっぱりでは6.5フィートが最も安定していると僕は思う。

6.5フィートのデメリット

じゃあおかっぱりだと6.5フィート1択じゃね?って感じになるが、6.5フィートにもデメリットは存在する。

■6.5フィートロッドのデメリット
・ロッドティップを下げたロッドワークがし難い。
・色々と中途半端。

これらは先述したことでもあるが、身長によってはロッドティップを下げてアクションさせるときに、やや長さを感じる人もいる。

僕自身、トップウォーター やミノーのジャーキングをするようなときは6.5フィートだとやや長すぎると感じ、ロッドワークの快適さにおいてはショートロッドより劣っていると感じる。

また、ロングキャスト性能も7フィートを超える長いロッドよりも劣る。
だだっ広いフィールドでは6.5フィートの(良い意味での)中途半端さが生きず、切ない思いをすることもある。

6.5フィートは、遠投性能・取り回しのしやすさという点において、おかっぱりの釣りに優れているレングス。
しかし、ショートロッドの「キャスト精度・ロッドワーク性能」と、ロングロッドの「遠投性能・ラインメンディング」という特化された能力がない中途半端さは、使う人とフィールド次第では弱点になってしまうかもしれない。

【初心者向け】おかっぱりのロッドの長さは、6.5フィートが使いやすい。その理由|まとめ

今回は、おかっぱりのロッドの長さは6.5フィートが優れている理由について書いてみた。

■6.5フィートがおかっぱりに優れている理由
・遠投性能もそこそこある。
・操作性もそこそこある。
・色んなフィールドでもそこそこ使いやすい。
・安定の中間レングス

個人的に、おかっぱりのロッドを選ぶときの基準になるのが6.5フィートだと思っていて、この長さを基準にしてフィールドの特徴と照らし合わせてロッド選びをするようにしている。

初めて行くフィールド、何をすればいいかわからないようなときは6.5ftロッドのMパワーを1本持っていくと、色んな釣り(遠投、ロッドワーク、取り回しが大切になるシーンなど)に使えるから非常に便利。

遠投性能、取り回しのしやすさが魅力の6.5フィートだが、自分の体格や釣りをするフィールドによっては合う合わないがあるので、「おかっぱりの釣りは6.5フィート1択!!」などと盲目的にならないように注意したい。

おかっぱりのロッドの長さを決めるときには、どんなフィールドでどんな釣りをするのかを明確にすることが、ロッド選びで失敗しないコツだと僕は思っている。

【関連記事】もしおかっぱりのロッド選びで困っているのなら、この記事が役に立つかもしれないので、よかったら参考にしてみてほしい。

[スポンサーリンク]



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter