【初心者向け】ワームの釣りについて。ワームの種類とリグ解説。繊細で技巧的なフィネスの世界。

いきなり残念なお知らせになりますが、バス釣りをしている人の中には「ワームの釣りはダサい、セコい」と考えている人がおり、ワームを使っているだけで「セコい、弱気だ」と批判する人も少なくないです。

実は僕自身も、過去には「ワーム=セコい」というような固定観念がありました。

しかし実際に取り組んでいくとフィネス(技巧的)なワームの釣りは難しくて苦労しました。特にダムや湖などの規模が大きいフィールドになると、魚の目の前に落とすことができないと魚に気づいてもらえないため、かなり苦戦しました。

以前、ノリーズのプロスタッフの伊藤巧さんに、ライトリグの入門に関してこんなアドバイスを頂いたことがあります。

”やってみればわかりますけど、ダウンショットリグも真剣に取り組んでみるとめちゃくちゃ難しいですよ。ライトリグって馬鹿にされがちですけど、真面目にやってみると凄く難しいです”

経験を重ねていくにつれて少しずつ釣れるようになってきましたが、「魚がいる場所を明確に見極められる技量を身に着けていなければ、いくらワームの釣りと言えども余裕でボウズを食らう」…というのがフィネスの世界の難しいところでもあり、また魅力でもあるのかなと思っています。

こういった経験もあり、僕個人としてはワームを単なる「ボウズ回避の道具」として見るのはいささか安直すぎるのではないか、と僕は考えるようになりました。

また、とあるアングラーの著書に、ワームの釣りについて印象的なフレーズが書かれていました。

”ライトリグを侮ってはいけない。小バスを釣るためのボウズ逃れアイテムなんかじゃない。あのキッカーフィッシュを獲るために。ライバルより一歩先んじるために。常に更新されるジャパニーズ・フィネスの潮流は、いまやアメリカのトーナメントシーンにも影響を与えている。”

これは人気アングラーの並木敏成さんの著書「並木敏成のThis in バスルアー」の一節ですが、実際にワームを使ったライトリグをやってみると、そのフィネス(技巧的)な世界観はとても奥深いことがわかります。

ワームは緻密な戦略の元に使うのであればセコくないですし、卑怯でもありません。

ワームもルアーであることには変わりありませんから、ワームの使い方をしっかりと身に着けていくことは、バス釣りを上達させる上では大切な要素であると僕は考えています。

【引用書籍】

[スポンサードリンク]



■「当たれば連発。外せば無」のワームフィッシング

ワームの釣りは追求すればするほど奥深く、「投げれば簡単に釣れる」というものでもないところが面白いです。

アピール力が低い分、遠くから魚を引き寄せるパワーがなく、一歩場所を間違えればアタリすらないことなど日常茶飯事。

ですが、ココだというピンスポットを導き出すことができれば、爆発的な釣果を生み出すことができるのもワームの釣りの魅力です。釣り場の規模が大きくなればなるほどこの傾向は強まっていきます。

「使いこなせないうちはじゃじゃ馬で扱いにくいが、乗りこなせれば百人力」というフィネスの世界観…ワクワクします。

今回はそんな「戦略的なワームの釣り」に使う、『ワームの種類とリグ』を紹介していきます。

※「ワーム」と「リグ」の解説はわけているので、『もくじ』から見たい項目を選んでもらえればすぐに読むことができます※

【初心者向け】ワームの釣りについて。ワームの種類とリグ解説。繊細で技巧的なフィネスの世界。

「ワーム」には様々な種類があり、ワームを使うための方法である「リグ」も数多く存在します。

ワームは各社からたくさんの種類が発売されていますから、ワーム選びは迷ってしまいがちです。
初めてバス釣りに取り組んだ人は、メーカーが発売してるワームの種類の豊富さに驚いてしまうかもしれません。

そこで今回は、現代のバスフィッシングで使われているポピュラーなワームと、それを使用するためのリグの解説をしたいと思います。

まずは、日本で使われている一般的なワームの種類から。

■ワームの種類
・ストレートワーム
・ホッグ
・クロー
・シャッドテール
・ギル型
・虫型

ワームの種類は6種類に分類することができます。「グラブ」や「チューブ」などのワームジャンルもあるのですが、現在の日本ではあまり使われなくなったため、この記事では割愛します。

そして次は「リグ」の種類。

■リグの種類
・ノーシンカー(ワッキー)
・ネコリグ
・ダウンショット
・ジグヘッドワッキー
・テキサスリグ

ワームを使用するための「リグ」は、現在の日本ではこの5種類がよく使われています。

この他にも「スプリットショットリグ」や「キャロライナリグ」というものもあるのですが、やや扱いにくいリグなので初心者のうちは手を出さなくても良いでしょう。

ワーム6種類の解説

まず最初はワームの種類から解説していきます。

ワームには様々な種類があり、そしてそれを「どう使うか?」を決めるのがリグ選択。

基本的には組み合わせは自由なのですが、バスフィッシングを始めたての内はオーソドックスな使い方をすると迷わなくて良いでしょう。

■ワームの種類
・ストレートワーム
・ホッグ
・クロー
・シャッドテール
・ギル型
・虫型

ストレートワーム

ストレートワームは、存在するワーム の中で最も応用が効く便利なワームです。
近年の日本ではネコリグ、ジグヘッドワッキー、ノーシンカーで使われることが多くなっています。

サイズは2〜10インチと様々ですが、よく使われるのは4〜5インチ程度のものになります。

ストレートワームは多くのリグと相性が良いので、1つ持っておくと非常に便利です。ワーム選びに迷ってしまったら、まずはストレートワームを購入してみることをおすすめします。

■適正リグ
ノーシンカー
ノーシンカーワッキー
ネコリグ
ダウンショット
ジグヘッドワッキー
テキサス、ライトテキサス

【関連記事】

ホッグ・クローワーム

エビのような形をしたワームがホッグ・クローワームです。

写真上がホッグ、下がクロー。両者ともエビのような形状をしていますが、一番の違いは「手の形状」です。

クローワームの手がヒラヒラしていて落とし込む際にアピールされるような作りになっているのに対し、ホッグワームにはそういったパーツは付いていないことが多いです。

■ホッグとクローの主な使い分け
ホッグ→底で動かす
クロー→落とし込みでアピールしたいときに使う

メディアでも大人気のバスアングラー「金森隆志」さんは、自身の著書「金森隆志の岸釣りQ&A50」で、クローとホッグワームの使い分けについてこう語っています。

“ホッグワームは、僕の中の捉え方として、ボトムをズルズルと引いてくるための形状やパーツを持ったルアーです。
撃ち込んでフォールで獲っていくのがクローワームで、ズルズルと引いて誘うのがホッグワーム。”

このように、底で使うならホッグ、落とし込みで誘うならクロー…という使い分けをしていくと良い結果に繋がりやすいです。

ホッグワームが使われる際に用いられるリグは、テキサスリグ、ラバージグのトレーラーが主となります。
多くの場合、ホッグワームは障害物周りで使うことが多いので、テキサスリグ のような根掛かりしにくいリグを選ぶのがポピュラーな使い方になります。

小型のホッグを使った「ヘビーダウンショット」のような使い方もありますが、最初のうちはシンプルに「テキサスリグ・ジグのトレーラー」に使うと良いでしょう。

■適正リグ
テキサスリグ
ラバージグのトレーラー

【引用書籍】

シャッドテール

シャッドテールはグラブと同じように尻尾部分にテールが付いており、巻いてくるとピラピラと尾っぽを振ってる泳ぐのが特徴です。

主な使い方としては、ノーシンカーリグなどになります。


近年の日本ではシャッドテールをノーシンカーリグで扱うことが多く、小型のシャッドテールはダウンショットでよく使われています。

応用的にはテキサスリグ やラバージグのトレーラー、スピナーベイトのトレーラーなどにも使われることのあるシャッドテールですが、基本的にはノーシンカーリグの使用が主と思ってもらって構いません。

■適正リグ
ノーシンカー
テキサスリグ
ジグやスピナベなどのトレーラー

ギル型ワーム

ブルーギルの形を模したワームがギル型ワームです。


平たいため、落とし込む際に水の抵抗を受けやすく、円を描くように落ちていくのが特徴のワームになります。

使われるリグはテキサスリグ やノーシンカーリグ。
ギル型ワームは落とし込むアクションが優秀であるため、テキサスリグは軽いウエイトの物を選ぶのがベストになります。

イロモノ的な使い方としては、チャターベイトのトレーラーやラバージグのトレーラー、ネコリグなどがあります。

■適正リグ
ライトテキサス(オモリが軽いテキサスリグ)
テキサスリグ
ネコリグ
チャターのトレーラーなど

虫系

虫系ワームはその名の通り、虫に模したワームです。

虫系ワームには様々な形状のものがあり、モジャモジャとしたパーツが付いているものや、クモみたいなものや毛が付いてるワームなどバラエティに富んでいます。

虫系ワームには水面に浮くタイプと沈むタイプの2種類があり、状況に応じて使い分けていくのが基本になります。

水面に浮くタイプの虫ワームはこのように中空になっているものもあり、フッキング率が良いのも魅力です。

使用されるリグとしては、水面に浮くタイプの虫系ワームは、マスバリを使ったノーシンカー、オフセットフックのノーシンカー。

沈む虫系ワームの場合は、ノーシンカーやダウンショットリグなどが一般的です。

他のワーム類が様々なリグに使われているのに対し、(浮くタイプの虫ワームの場合は)ノーシンカーリグ一択であるのも虫ワームの特徴と言えるでしょう。

■適正リグ
ノーシンカー
ダウンショット

[スポンサードリンク]



リグの解説

ここからは、実際にワームを使用するための方法である「リグ」の種類を紹介していきます。

■リグの種類
・ノーシンカー(ワッキー)
・ネコリグ
・ダウンショット
・ジグヘッドワッキー
・テキサスリグ

・ノーシンカー

その名の通り、シンカー(重り)が無いリグがノーシンカーリグ。


ワームにフックを刺しただけのシンプルなリグですが、オモリがないため、ワームを水中で最も自然に漂わすことができる優れたリグです。

フックの大きさ・太さによっても沈むスピードが変わるので、簡単なようでいて実は奥深いのがノーシンカーリグ。

落とし込みに使っても良し、底をズルズルと引いてきても良しです。

■適正ワーム
ストレートワーム
シャッドテール
虫系ワーム

・テキサスリグ

ワームの先端に中通しオモリをつけたものがテキサスリグ です。

テキサスリグは先端が尖っているため障害物のすり抜けがよく、根掛かりしにくいのが特徴です。

オモリの重さを変えることによってワームのアクションの動き方が変わったり、障害物のすり抜けの良さが変わったりするのもテキサスリグの特徴です。

軽いウエイトを使ったものは「ライトテキサス」と呼ばれており、1.8〜3.5gくらいの軽いオモリを使うのが特徴です。

■適正ワーム
ホッグ・クローワーム
ギル型ワーム
ストレートワーム
シャッドテール

・ネコリグ

ワームの先端にオモリを挿入し、ワームの中央部にフックを刺して扱うのがネコリグです。

オモリが先端にあるためワームの尻尾が持ち上がりやすく、竿を細かく動かすシェイクアクションをさせるとウネウネと艶かしい動きをしながら底を這ってくるのが特徴のリグです。

考案者である人気アングラーの村上晴彦さんの「バスが根こそぎ釣れるから、ネコリグ」が名前の由来。

■適正ワーム
ストレートワーム
ギル型ワーム

・ダウンショット

ダウンショットリグの一番の特徴は、「ワームの下にオモリが付いている」という部分です。

そのため、障害物にわざとオモリを引っ掛けて、同じ場所でずっとアクションさせられるのがダウンショットリグの優れた特徴です。別名で”アンカーショットリグ・ドロップショットリグ”と呼ばれることもあります。

また、オモリより上にワームがあるので底から少しワームを浮かすことができるため、より自然に漂わしながら操作できるのもダウンショットリグの良い部分です。

考案者である村上晴彦さんはこのリグのことを「常に吉が出るから『常吉リグ』」と呼んでいます。アメリカではドロップショット、日本ではダウンショットと呼ばれることが多いです。

■適正ワーム
ストレートワーム
小型シャッドテールワーム
沈む虫系ワーム

・ジグヘッドワッキー

ワームの中央部分にジグヘッドを刺したのがジグヘッドワッキーです。

穂先を細かく動かすシェイクをすると、ジグヘッドがその場でパタパタと動き、移動距離を抑えつつアクションさせることができるのがジグヘッドワッキーの利点です。

真ん中にフックを刺すためワームが水の抵抗を受けやすく、水を強くかき回す力が強いため、アピール力も高いのがジグヘッドワッキーの魅力。
水中でウネウネと漂うその姿は、まるでミミズさながら。

■適正ワーム
ストレートワーム

【初心者向け】ワームの釣りについて。ワームの種類とリグ解説。繊細で技巧的なフィネスの世界。|まとめ

今回はワームの種類とリグの解説をしました。
ワームもリグも種類が多いため迷ってしまいがちですが、もしわからない場合は「ストレートワームを使ったノーシンカーリグとテキサスリグ」の2種類から始めてみるのが良いでしょう。

ノーシンカーリグは自然に漂わせることを学ぶことができ、テキサスリグは障害物に絡めた使い方・底を取る技術を学べるリグだからです。
この二つのリグが派生したのがジグヘッドワッキーやネコリグ…と覚えると混乱しなくて済むと思います。

【関連記事】こちらもいかがですか?

[スポンサードリンク]



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter