【ゾディアス264ul-sインプレ】シマノのおすすめのスピニングロッド。ライトリグに最適。


スポンサーリンク



ストロングな釣りを押し通すだけでは、スレた魚にルアーを食わせきれなくて辛い。
だからダウンショットリグでタフでスレッスレな魚を釣れるようになりたい…。

そんな動機の元で購入したゾディアスのスピニングロッド『ゾディアス 264ul-s』

実際に1年ほど使ってみたので、「ゾディアス264ul-s」のインプレをしてみる。

■ゾディアス『264ul-s』のココが良い!
・安い。
・軽くて疲れにくい。
・頑丈。
・専門性が高い(ほぼダウンショット専用機)
■ゾディアス『264ul-s』のココが残念;
・所有感が薄い
・汎用性が低い

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる


【関連記事】

スポンサーリンク



【ゾディアス264ul-sインプレ】シマノのおすすめのスピニングロッド。ライトリグに最適。

安くてタフな、シマノのスピニングロッド『ゾディアス 264ul-s』

これが今回レビューする、シマノの『ゾディアス264ul-s』
安くて頑丈でありながらも、ダークで落ち着いたデザインが特徴。

ソリッドティップ、ハイパワーX、CI4+のグリップなど、価格的に見ても十分な機能を持っている良ロッド。

スペック

『ゾディアス 264ul-s』

全長(m) :1.93
自重(g):90
先径(mm):0.8
適合ルアーウェイト(g):2〜6
適合ライン(ナイロン・フロロ)Ib:3〜5
グリップ長(mm) :203
テーパー: FF(ソリッドティップ)
カーボン含有率(%):91.5
本体価格(円):17,300

ソリッドティップ仕様なので、ダウンショットリグなどの食わせのライトリグに向いている。

補足:ソリッドティップとは?
ソリッドティップとは『中身が詰まっている穂先』のこと。穂先が中空のもは”チューブラーティップ”と呼ぶ。
ソリッドティップのメリットとしては「食い込みのよさ・繊細な操作がしやすい」などがある。
デメリットは「感度が低い・食い込みが良すぎて根掛かりが増える」など。

価格的には17,300円だが、アマゾンでは12,000円ちょいで買える。アマゾンはちょこちょこ価格が変わるのでこまめにチェックしておきたい。運がいいと思わぬ激安時に買えることもある。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

ゾディアス264ul-sの外観

握りやすく、長時間握っていても疲れにくい『CI4+』素材のグリップ。ライトリグを長い時間シェイクし続けても手首への負担が少なくて非常に楽。

補足:CI4+グリップとは?
従来の樹脂よりも軽量で高い強度を持つ、シマノ独自の素材『CI4』を更に進化させたもの。
リールシートにCI4+を使用することで、軽量化・感度アップ・操作性アップに繋がる。

アルコナイトのガイド。コストダウン優先のためなのか、ガイドにはアルコナイトが使われている。

補足:アルコナイトとは?
アルコナイトガイドは、Sicガイドとハードガイドの中間に位置するようなガイド。
日本のロッドはSicガイドが採用されいているものが多いが、バスフィッシングの本場アメリカではアルコナイトはポピュラーなガイドリング素材として使用されている

トップガイドのみSicガイド。

バットロゴ部分。

ブランクスには、キャストのときや魚とのファイト中にブランクスがネジれてしまうのを抑える『ハイパワーX』素材が使われている。

個人的主観:カーボンテープをクロス状に締め上げていくロッド製法『ハイパワーX』のおかげで、キャスト精度もアップしているように感じる。
昔の一般的なバスロッドよりもシャープに振り抜くことができて、キャストのときにロッドがブレにくい。キャストがよく決まるようになった気がする。

スピニングリール『ストラディック』シリーズと合わせてみる

ストラディック C2000SHGと。

ストラディックCI4+ 2500HGSと。

ストラディックシリーズとゾディアスのコーデはこんな感じ。

ゾディアス264ul-sを実際に1年間使ってみたインプレ

安くて頑丈だから、気軽に使える」というのが印象に残るロッド。

僕は釣りの最中はつい夢中になり、道具の扱いがラフになりがち。
タックルチェンジの際にはガチャガチャと荒く扱ったりするタイプなのだが、ゾディアス264ul-sはまるで折れる気配がないため気に入っている。

購入前は「ソリッドティップだから丁寧に扱わなきゃな」と心がけていたのだが、手荒く扱ってもビクともしない剛性感に驚いた。
しかも、剛性感がありつつルアーの繊細な操作もしっかり行えるから、買ってよかったロッドだと思っている。

ガイドにはアルコナイトが使われているが、正直僕のレベルではSicガイドとアルコナイトの違いを体感で感じることはできなかった。感度などは中級バスロッドと大差ないと感じている

ただソリッドティップのため、チューブラーティップのロッドと比べると感度は落ちる。
その分、ボーッとしててもオートマチックに魚の口にフッキングしてしまうような食い込みの良さもあるので、ダウンショットリグなどの繊細な釣りには向いているロッドだと思っている。

価格的にはリーズナブルなお値段だが、必要最低限、あるいはそれ以上の機能・スペックは兼ね備えていると思えた良ロッド。
ライトリグ初心者、スピニングの練習、ダウンショットリグに特化したタックルを増やしたい人などに向いていると感じた。

実際に使ってみて、快適に感じたルアー

●1.3〜1.8gくらいのシンカーを使った、レッグワーム2.5インチのダウンショットリグ。
●小型ワームのスプリットショットリグ。
●3〜4インチワームのノーシンカーやネコリグ。
●0.9〜1.8gくらいのスモラバ。
●5g程度のシャッド。

シマノの『ゾディアス 264ul-s』は、上記のような一般的なライトリグを扱うのに適したロッド。良作ロッドだと思う。

特にダウンショットはリグの食い込み力が高く、バスのバイトに素直にロッド先が反応して食い込んでくれるので、ダウンショットリグがめちゃくちゃ扱いやすい。

ただ、ネコリグやジグヘッドワッキーなどは連続シェイクなどでボトムを引きずってアクションさせるのには少しティップが入りすぎるかなぁと感じた。

ちなみに、僕は以前シマノの『エクスプライド 264L』を使用していたことがある。あのロッドも良かったが、ゾディアス264UL-sのほうが更に扱いやすく感じる。剛性感、しなやかさ、価格的を考慮すると、僕はゾディアス推し。
ゾディアス264ul-sは、ミドルクラスのロッドが不要になる時代が訪れて始めているんじゃないかと錯覚させてくれた。

ゾディアス264ulと264ul-sの使い分け

この2本のうちどちらを購入しようか迷ったが、ダウンショットリグをメインに練習したかったこともあり、ソリッドティップである264ul-sを選んだ。

264ulは所有していないが、店頭で振ってみるかぎりだと264ulのほうが汎用性に長けていると思う。264ul-sはソリッドティップなのもあって、食わせに特化しているロッドだと感じているから。

264ul-sはダウンショットなどの超小型ワームを食い込ませる釣りや、3〜4インチくらいの小型ワームのノーシンカーなどで食わせを狙う釣りに合っているように思う。
2~3.5インチくらいまでのワームを使い、深場にいるバスをダウンショットなどで狙い撃ちするのにはもってこいなロッド。

ネコリグやスモラバ、ジグヘッドワッキーなどもガンガン使っていきたいなら、ソリッドティップではない264ulが合うと思う。

使用するワームの大きさや、シンカーの重さによっては264Lの方が合うこともあるので、使うルアーに合わせたロッド選びをしていくと良いと思う。

【ゾディアス264ul-sインプレ】シマノのおすすめのスピニングロッド。ライトリグに最適。|まとめ

今回はライトリグ用に購入した、シマノのスピニングロッド『ゾディアス 264ul-s』をインプレ・レビューしてみた。

ライトリグの中でも特にダウンショットに使いやすいソリッドティップのロッドだが、その他の軽量ルアーも十分に扱えるので、もし気になった方はチェックしてみてほしい。

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

【関連記事】

[スポンサーリンク]



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter