【冬の野池対策】冬はスモラバが効果的。レイドジャパン「エグダマ タイプ極(キワミ)」の使い方と、向いているトレーラー

<画像:レイドジャパン公式>

冬はバスの食い気が低下するので、ライトリグの出番が多い季節。

中でもスモラバはラバーの存在もあって、移動距離を少なく保ちながら誘い続けることができるため、冬場のバス釣りにおいて有効なルアーとなり得ます。

そこで今回は、個人的に大好きなレイドジャパン「エグダマ タイプ極(キワミ)」について、個人的な体験談を含めた解説をしていきます。

【冬の野池対策】レイドジャパン「エグダマ タイプ極(キワミ)」の使い方と、向いているトレーラー

冬の繊細な釣りにはスモラバが向いている

冬になり水がクリアになってくるとバスをルアーで騙しにくくなるため、繊細な釣りが必要不可欠になってきます。

そこで、シャッドではまるで反応しないような、シビアな魚を狙って釣るための手段の1つとして有効になってくるのが、ボトムの釣りです。

そういったアプローチを行うときのメインウエポンとなるのが”ライトリグ”ですが、中でもスモラバのようなフワフワ系ルアーは冬の野池バスを狙うのに適していると言えます。

エグダマタイプキワミのような、ラバーがあるスモラバをボトムで使うと、ラバーが水の抵抗を受けるストッパーの役割を果たしてくれるため、移動距離を抑えて誘い続けることができます。

ですから冬場においてのバス釣りでは、スモラバがスローダウンのメインウエポンとなってくれます。

●僕の体験談

これは僕個人の体験談ですが、冬場や春先、あるいはバスが全然釣れないときに、僕はスモラバに何度も助けられたことがあります。

魚の動きがスローになる時期は、スモラバのような「一箇所でフワフワ誘い続ける系」のルアーは非常に効果的だと感じます。

また、スモラバはラバーの存在も影響しているのか、同じ場所で長時間、誘い続けていてもスレにくいルアーです。

カバーに引っ掛けて”吊るし”状態で使うことも多いため、長く誘っていてもバスに警戒心を与えにくいルアーは、冬の野池を攻略する上では大切な要素だと感じました。

冬の野池バスをスモラバで攻略する方法、使い方とトレーラーについて

<画像:金森氏インスタ>

さて、今回の記事では、レイドジャパン「エグダマ タイプ極(キワミ)」などの小型スモラバの使い方とについて、僕個人の体験談を交えつつ解説していきます。

冬場のバス(特に野池)をどうしても釣りたい!という方の参考になれば幸いです。

冬の野池攻略における、スモラバ(エグダマ極)の使い方

冬のスモラバを使った釣りとして最もオーソドックスなのが「ボトムシェイクとズル引き」です。

■ロッドの先を細かくシェイクさせつつ、少しずつ移動させていくボトムシェイク

■ただ底をゆっくりズル引く

冬の野池を攻略するためのスモラバをの使い方は、「ボトムシェイク・ズル引き」が基本。

また、カバーにちょうちん状態に吊るして、一箇所で30〜1分ほどシェイクし続ける”吊るし”の釣りも効果的です。

カバーが入っている場所は、バスが冬場に身を隠しやすいポイントなので、時間をかけてじっくり攻めるのがコツです。

冬の野池は、とにかくスローに

冬のバスは低活性なので、最低でもハイシーズンの倍くらいは時間をかけて誘いたいです。

バスの活性が高い時期はルアーの移動スピードは速くてもよいのですが、魚の活性が低くなる冬には、出来る限り移動距離を少なくアクションさせるのがコツになります。

・スモラバをボトムでシェイクさせながら、じわじわと移動させる。

・出来る限り移動距離&スピードを少なく、とにかくスローに。

ボトムのズル引き

冬の野池でバス釣りを行うときは、こんな感じでエグダマタイプ極(KIWAMI)のようなスモラバを使っていくのが効果的です。

補足:落ち葉が体積しているスポットは必ず狙う

秋〜冬、冬〜春の季節の移り変わりのタイミングは、落ち葉が積もっている場所にエビなどの甲殻類がひそんでいます。

落ち葉が溜まるであろうスポットでボトムシェイクを行うことで、水温が下がって元気がなくなった小さいエビを演出していくイメージです。

あるいは、水底に溜まった落ち葉の中で、甲殻類がモゾモゾと動いている光景を演出していく。

「冬眠に向けて準備中ですよ〜今が狙いどきですよ〜今なら捕食できますよ〜」という接待をバスにしてあげるイメージを持つと、より効果的だと言えます。

エグダマタイプキワミ(スモラバ)に向いているトレーラー

ボトムを利用した冬の釣りにおいて、エグダマタイプ極のトレーラーとしてベストなのは、バトルホッグ2.6インチのような小型のホッグワームです。

<画像:レイドジャパン公式>

エグバグでもいいとは思いますが、個人的にはエグバグはカバーを利用した「吊るし」の釣りで使うことが多いです。

ですから、ボトムを利用した今回紹介しているメソッドでは、バトルホッグの方が生きると考えています。

監修者である金森隆志氏は、著書「金森隆志の岸釣りQ&Aパート2」にで、ホッグワームを使用するにあたっての注意点として、以下のように語っています。

“ホッグワームは、僕の中の捉え方として、ボトムをズルズルと引いてくるための形状やパーツを持ったルアーです。

撃ち込んでフォールで獲っていくのがクローワームで、ズルズルと引いて誘うのがホッグワーム。”

ということで、レイドジャパンからはスモラバのトレーラーにも使えるオカエビやエグバグも発売されていますが、金森流的にはボトムを利用する使い方に一番マッチしているバトルホッグ2.6インチを使うのがベストであると言えるでしょう。

【冬の野池対策】冬はスモラバが効果的。レイドジャパン「エグダマ タイプ極(キワミ)」の使い方と、向いているトレーラー|まとめ

<画像:レイドジャパン公式>

以上、レイドジャパンの「エグダマ タイプキワミ極(KIWAMI)」と、そのトレーラーとして扱う「バトルホッグ2.6インチ」についての解説でした。

このルアーを使って、極めてナーバスなバスを、エグダマキワミを使って、極めてナイスなバスを釣っちゃってください!


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter