釣れる・良い動きをするホッグワームをムダに買わなくて済む動画をアップしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[スポンサードリンク]


14種類の人気ワームの水中アクション動画

家にある水槽で、リーダーレスダウンショットによく使われる人気のワーム14種類の水中アクションを撮影してみました。

使用ワームリスト
0:00〜ジャッカル ファイボス
0:51〜ノリーズ エスケープツイン
2:30〜レイドジャパン バトルホッグ3.8
4:34〜レイドジャパン バトルホッグ4.4
7:04〜エバーグリーン フラップクロー
8:32〜エバーグリーン キッカーバグ4
9:48〜ボトムアップ ハリーシュリンプ4
11:09〜ディスタイル ウイニングクロー
12:42〜オーエスピー ドライブクロー4
13:51〜ゲーリーヤマモト モコリークロー
14:58〜デプス ブルフラット3.8
16:48〜ズーム ブラッシュホッグ
18:21〜ベイトブレス バイズクロー
19:44〜ゲーリーヤマモト ミディアムクロー

自分が想像しているようなアクションが出ていないワームがあったり、想定外の良い動きが出ているワームを発見したりと、撮影していて勉強になりました。

ー個人的な発見リストー

・ハリーシュリンプは釣れるワームではあるが、思っていたよりも水中で動いていなかった。

・モコリークローは動きが速い。ノーアクションのスイミングでもよく釣れるワームだが、リアクション的な使い方でも効果の出るワームかもしれないなと感じた。

・フラップクローは水押しは強いが、アクション自体は硬く、ワーム自体もそんなに動く方ではない。

・バイズクローは良いアクションで釣れそうだと感じたが、毛の存在理由がイマイチわからず。

・エスケープツインは水押しも強くて、しっかりワームも動く。こりゃ釣れるわけだ…と思った。

・14種のワームの中で最も釣れそうな(うまそう、艶かしい)アクションをしていたのはドライブクロー4インチ。

・ブルフラットの水中アクションもまぁまぁヤバイなと思った。ギルが死にかけてもがいているようなアクション。

・ワームがボトムにあるとき、必ずしも停止姿勢が水平になっているわけではないことに気づく。カバーに寄りかかっていたり、引っかかっている場合がほとんどであることに気づく。

・ブラッシュホッグの威圧感、存在感が圧倒的。デカいワームは食性だけで食わすワームではないことを知った。

[スポンサードリンク]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする