【3度目のインプレ】ダウンショットリグ練習するならシマノ「ゾディアス264UL-S」がマジでおすすめ

「ダウンショットリグを練習したい!」

でしたら、このロッド使ったほうがいいですよ。

ソリッドティップなのに根がかりしにくく、なおかつショートバイトもばっちり食わせ込めるロッドでなので、ダウンショットリグ初心者にも超おすすめです。

シマノ「ゾディアス264UL-S」はダウンショットリグ専用ロッドにおすすめです

シマノ「ゾディアス 264UL-S」は、ダウンショットリグ専用ロッドとしておすすめです。

”ソリッドティップ”が搭載されているので、ちょっとしたショートバイトでもしっかり拾ってくれます。

軽量リグの喰わせ込みに有利になるロッドです。

1.8gシンカーを使ったレッグワーム2.5インチや、3インチ前後の小型ワームのダウンショットリグに最高です。

【関連記事】

操作性に優れ、なぜか”飽きにくい”ロッド

ちょっと前までライトリグは吐き気と頭痛を催すほど苦手だったんですけど、このゾディアス264UL-Sを使い始めることで、かなり楽しめるようになってきました。

ゾディアスは中弾性カーボンを使用しているとのことで、とにかくキャスティングが気持ち良い。

ライトリグに不慣れな僕でも、ビシバシとピンスポットにキャストを決めることができるので、自分が上手くなったんじゃないかと錯覚させてくれます(笑)

さらに、キンキンで硬すぎないから感度と操作性もマイルド。

必要以上に情報を伝えない絶妙なバランスが施されているため、使っていて気持ち良いというか、いろいろと”楽”なロッドだと言えます。

根がかり少なめなロッド。ソフトタッチだが、スタックしすぎない

他メーカーのソリッドティップが搭載されたULパワーロッドを使っていたときは、根がかりに悩まされたことがあります。

ダウンショットリグはカバーに引っ掛かりすぎてしまい、そのまま根がかり…というパターンが多い釣りだと思いますが、ゾディアス264UL-Sは根がかりが少なめ。

ティップに適度な張りが持たされているため、スタックしにくい。かといってスタックしにくいというわけでもない。

「ライトリグやってると根がかり多いんだけど…」とお悩みの人にもおすすめしたいロッドですね。

”粘る”ファイト感が病みつきになる

筆者のYouTubeちゃんねるより)

価格的には¥10,000台とリーズナブルなロッドではありますが、キャスト時だけでなくファイト時にもしっかりとブランクスが曲がってくれます。

ファイトが楽しいロッドです。

この感覚は、他メーカーの高感度・高弾性なキンキンロッドでは味わえません。

20~30cm台のアベレージサイズでも楽しくファイトできるので、バス釣り初心者の人からエキスパートの人まで、多くの人に楽しんでもらえるロッドかと思います。

●バラシが少ないロッド

キンキンな高感度ロッドだとバラしやすかったりしますが、ゾディアス264UL-Sはなぜかバラしが少ないですね。

ファイト中に受ける衝撃を上手にいなしてくれる柔軟な作りになっています。

よく曲がるけど、曲がりすぎない。

かといって、キンキンに硬いわけでもない。

購入してからかれこれ1年半以上ほど経っていますが、使うたびに「よくできているロッドだなぁ」と感心してしまいます。

まとめ:バス釣りでダウンショットリグを練習したいなら、ゾディアス264UL-Sがおすすめです

めっちゃお気に入りのスピニングロッドなので、3回もインプレ記事を書いてしまいました。

高級感はありませんが、実釣性能はマジで最高なロッドです。

「ダウンショットリグ用のおすすめロッドない?」と検討しているなら、ぜひゾディアス264UL-Sを使ってみてもらいたいです。

【関連記事】

【こちらもお役に立つかもしれません】

●ダウンショットリグに関する記事はこちら

●おすすめタックルまとめ記事はこちら