ワームで釣れない?動かすな、止めてみろ。ワームの操作はステイさせるのも大事【初心者向け】

「ワームは動かしてナンボ!」

「しっかりシェイクしてバスを寄せる」

僕が初心者だった頃、上記のようなことをひたすら行ったが、良い思いをしたことがなかった。

しかし、ステイ(ストップさせる)時間をかなり丁寧にとってみたところ、バイトを得られるようになった。

【初心者向け】ワームで釣れない人へ。ワームの操作はステイさせるのがキモ

ダウンショットやネコリグといったワームの釣りには、「シェイキング(シェイク)」という呼ばれるテクニックが使われることが多い。

ワームのようなアピール力の低いルアーを使うときは、シェイクしてバスに気づかせる…というのが主な目的だが、僕の経験上、ワームを”ステイ(停止)”させる時間をとった方がより釣れると感じる。

「ワームはシェイク!とにかくシェイクしてバスに気付かせろ!誘って食わせろ!」

コレは半分合っていて、半分違う。

ダウンショットリグ、ネコリグ、ノーシンカー、テキサスリグ、ラバージグなどなど、ワーム系の釣りをするなら、ストップさせることも大事なテクニックの1つである。

動かせばいいってもんでもない

ライトリグはシェイク動作が基本。

がしかし、シェイク信者に陥ると抜け出せなくなるので注意が必要だ。

水が濁っているなら強くシェイクして気付かせたほうがいいし、ワームとバスの距離が近いのであれば、ステイさせて放置プレイするのも有効な手段。

シェイクさせたほうがバイトを得られやすくなるときもあるし、シンプルに「ズル引き&ポーズ」の繰り返しのほうが良いときもある。

時と場合による。

ワームの釣りは、シェイクしてひたすりゃ動かせばいいってもんでもないというのが難しいトコロだ。

ワーム操作は状況に合わせて、臨機応変に変えていくことが大事である。

シェイク以外のアプローチもやってみる

ズル引きでも食ってくるし、放置プレイでも食う時は食う。

それはシェイクの釣りにも言えることだ。

もし「ライトリグ(ワーム操作)=シェイク」と思い込んでいるのなら、まずはその呪いを解くことが大事だと僕は考える。

もちろん、シェイク動作でワームを強く動かして、バスを遠くから引っ張る…という意識は大切。

ただ、時と場合によってはシェイクが障害になることだってある、と覚えておくといいだろう。

シェイクさせて食わないなら、ステイさせる間を設けること

動かし続ければ良いかと言うと、そうでもなかったりするのだ。

打ち物・底物はステイさせる時間を設けよ

テキサスやジグ、リーダーレスダウンショットリグなどの打ち物・底物系ルアーは、着底後にストップさせる”間”をとるのも大事。

リグ着底後、すぐにティップを動かすのではなく、3~5秒はストップさせること。

リグを停止させるのには、いくつかの理由がある。

例えば、

●着底後、バスが寄ってくる時間をとる

●ワームを倒れ込ませる時間を与える(ワームそのものの能動的なアクションを引き出す)

●「ストップ→急にアクション」というリアクション要素

などなど、ステイ・ストップさせることによって得られるメリットはたくさんある。

動かせば釣れるというものでもない。

ラインのテンションを張り続けていると釣れないこともあるので、釣れないときはワームをステイさせる時間をとってみよう。

ズル引きでもしっかりストップさせる

たとえズル引きであろうと、1ストローク動かしたらストップさせる時間をとること。

だいたい3~5秒くらいは停止させると、安定した動作を行えるかと思う。

ワームをポーズさせておくのが苦手な人は、ラインを巻き取るハンドルをゆっくり巻いて対処しよう。

スラックラインを巻き取るスピードを遅くすれば、ワームを停止させる時間を伸ばせる。

リールのハンドルをゆっくり巻いているうちに3~5秒くらいはステイさせられるので、ステイが苦手な人はハンドリングを意識しよう。

一分間放置してても食う

これは僕の体験談だが、釣り人が立ち並ぶ超ハイプレッシャーな釣り場で、ワームを一分間放置させて食わした…という経験がある。

一分間ほど放置して、チョンっと動かして、また一分間…

これを繰り返す。

地面に座り込んで休憩がてらやっていたアクションだが、ハイプレッシャーな場所ほどワームを動かさない方がいいこともあるのだと痛感させられた出来事だった。

ワームは動かせば良いってもんでもない。

動かすにしても、ステイさせる間(ラインテンションを抜く時間)を設けることが大切である。

まとめ:ワームを動かすのは大事だが、ストップも大事

ワームは波動が弱いルアーなので、ついシェイクしたり穂先を使って操作したくなっちゃう。

シェイクしたりティップでちょんちょん動かしていると、「オレ、バス釣りやってるわ感」が楽しめるため、つい動かしがちになってしまう。楽しいものね。

しかし、時と場合によっては釣り人の操作そのものが障害となることもあるのだ。

シェイクしているのに釣れない」 

「テキサスやリーダーレスダウンショット、フリーリグで釣れない

上記のようなことでお困りなら、ポーズさせる時間をしっかりとってみてはいかがだろうか。

【こちらもお役に立つかもしれません】

●ワームに関する豆知識・テクニックなど

●おすすめタックルまとめ記事はこちら