秋の野池パターン戦略。野池のバス釣りでやりがちな勘違いと、秋の野池バスの行動と傾向。

秋の野池パターン攻略について、僕の体験談を含めて書いていく。

【関連記事】秋の野池攻略に関する記事は、こちらにもあります↓

バス釣り 秋の野池パターン戦略の基本と、勘違いされやすいポイント。

秋の野池は、バスの食い気が落ちていく最中のタイミング。

また、「冬に向けて水温が下降していく」という時期でもあるので、夏場のように積極的には捕食しなくなる。

さらに、秋雨や台風などの影響で、水が動きやすい時期でもあるため、釣果も日によって大きく変わりやすい。

【水質の良し悪しを見極めつつ、適材適所にアプローチしていくことを心がける】

というのが秋の野池の基本戦略となる。

また、「秋は巻物」と呼ばれる定説が目立つ時期でもあるが、野池のバス釣りには、そういったメジャーパターンが通用しにくいので注意。

通用するときもあるし、全くダメなときもある。日によって違う。

「秋は巻物」なんじゃないの?

この時期になると、いろんな場所で「秋だから巻き物が良い!」という言葉を目にする。

「秋は巻物」と呼ばれる理由の一般論としては、

●広いエリアに散ってしまったバスを、効率よく探っていける。

●散ったベイトに合わせてバスも追っていくから、効率よくバスの近くにルアーを通すために。

●巻物ルアーが威力を発揮しやすいエリア(フラット、ゴロタ周り、岬など)にベイトが付きやすい時期だから。

●バスがいるかどうかわからないスポットでネチネチとワームで時間をかけるより、巻物を使った方が効率が良い時期だから。

●バス自体が中層にサスペンドしている傾向が強くなる時期なので、巻物ルアーでリアクションを誘発させる

といったものだと思うが…コレ、ほぼ野池の釣りには通用しなかったりする

そもそも、野池にはワカサギやオイカワ、ハスなんて野池にいないし、ベイト自体がめちゃくちゃ少なかったりする。

小バスと小ギル、たまに落ちてくる虫だけで、なんとかギリギリの生活を賄っていたり。

野池にはフラットなんて無い、というか、野池そのものがフラットだし。

しかも、上記のような要素は他の時期にも言えるため、ちょっと一般人の僕からすると、ヨクワカラナイです。

「メディアで〇〇プロがこうやって釣っていたから、自分が通っている野池でも釣れるかも!」と思い込んじゃったりすると、負のループに陥る(体験済み)。

横方向の釣りが威力を発揮しやすいという傾向は高まるものの、必ずしも「秋だから絶対に巻物!」というわけでもない点には注意したい。

【関連記事】スレた小規模の野池で、「秋は巻物!」が通用しにくい理由について書いた記事↓

秋の野池バスは、巻物ルアーじゃなくても釣れます

野池のバス釣りは、「管理釣り場」と同じようなものだ。

【閉鎖された狭い水域内で、いかに魚に口を使わせるか?】

というのは、管理釣り場と同じような条件である。

さらに野池の場合、放流タイムや餌やりの時間なども皆無なので、余計に難しい。

誰もやってこない秘境の野池ならまだしも、ある程度の人の出入りがあるスレた野池の場合は
メジャーパターンなどほぼ通用しない。

なので、必然的にルアーチョイスや攻め方が「食わせ」寄りになっていく。

僕は20年以上、スレまくりの野池に通っているが、少なくとも「秋は巻物!秋は荒食い!」と感じるようなシーンに出会ったことは無い。

「閉鎖された水域にいるバスを、どう釣るか?」という野池の基本的な攻め方は、秋の野池攻略パターンにおいても、他の時期と何ら変わらない。

「どうやって出会うか?どう探すか?」の過程は、野池のバス釣りにおいてはほとんど存在しない。

だって、そこにいるのがわかっているのが前提だから。

【関連記事】野池のバス釣りでは、メジャーフィールドで釣りをするときと「釣り方」を変える必要がある、ということについて書いた記事↓

秋の野池バスの行動パターン、傾向の変化

水温によって、バスの動きはだいぶ変わってくる。

が、「限られたエリアで、そこに潜んでいるバスをどう釣るか?どうやって口を使わせるか?」という野池攻略の基本は変わらない。

しかし、秋は水温が下降していく段階なので、水温の変化に伴ったバスの行動が変わる点には注意したい。

秋の野池バスの行動を、僕個人の体験談から挙げるとするなら、例えば以下のようなものになる。

●水温が20℃を切り始めたら、バスの視線が変わる。

●捕食をするタイミングが見極めにくくなる。

●食いが日によって変わる。

●回遊する傾向が高まる。

こんな感じ。

「カバーに着いたり、朝・夕マズメが良かったり、天候が変わった瞬間が狙い目だったり」という要素は、他の時期と変わりがない。

だが、上記のような要素を意識する必要があるため、秋の野池バスを狙うときは、アングラー側が引きずりがちな”夏の意識”を、ガラっと変えていく必要がある。

次は、上記の各項目について、もう少し詳しく書いてみようと思う。

水温が20℃を切り始めたら、バスの視線が変わる

水温が20℃を下回ったら、野池のバスは完全に秋パターンに入っていると思っていいだろう。

1日の水温が平均して20℃を下回り始めると、バスは夏の時期のように活発には動かなくなっていく。

夏のバスの傾向に見られた、

●視線が上に向いている

●落下物(着水、フォール中など)に興味を示す傾向が高い

といった、「上」の意識が、秋が深まるにつれて「中層・横」の意識に変わってくる。

ノーシンカーのフォールや虫パターンといった、夏の釣りが効力を弱め、スピナベやクランク、シャッドやジグのスイミングといった、「中層・横」の意識に切り替わっている感じ。

ただ、状況次第では表層から中層といった”上”を見ていることもあるので、臨機応変に対応していきたい。

「秋は巻物」というよりも、「横方向のリアクション系の釣りが効きやすいから、巻物が有効」といったところ。

●季節が移り変わると、バスの目線・意識が変わる

(↑晩秋、シャッドに引っかかってきた稚ギル。僕が通っている野池バスは、ギル食いバスが多い)

秋が深まると、野池のバスは表層やボトムに執着する傾向が弱まる。

バスの捕食対象が、虫や甲殻類から、魚類(小バスや小ギルなど)に切り替わる時期でもあるからだ。

なので、小型のバイブレーションやシャッドなども有効になってくる。もちろん巻き物もアリ。

ただ、表層やボトムが全くダメというわけでもないので、その日のバスの意識がどこに向いているかを探るのが重要。

日によってはトップで出たり、ボトムのズル引きで出ることもある。

晩秋のマズメ時に表層でボイルしたりすることもあるので、躊躇せずにトップ系ルアーを投げてみると、面白い結果に繋がることも。

アプローチを定めにくいのも、秋の特徴と言える。

捕食をするタイミングが見極めにくくなる。

秋の野池バスは、ダラダラと捕食するような傾向があると思っている。

春〜夏は、「ココ!」というタイミングを狙えばよかったが、秋はココ!というタイミングがなかなかなく、バスの生活もややダラダラ〜っというような印象。

秋雨もダラダラと連日続いたりするので、釣行のタイミングを見定めにくいと感じることも。

朝マズメはそこそこ良いし、日中でも天候次第では良かったりするし、夕マズメは水温上昇がキッカケで良かったりするし…

こんな感じで、秋の野池のバス釣りは、狙うべき時間帯・タイミングを見定めにくい時期だと言える。

個人的な体験談としては、水温が上昇仕切った後(〜夕マズメ)にチャンスタイムが訪れると思っている。

なので、もし短時間しか釣行できないのなら、15:00〜17:30くらいに足を運んでみてもらいたい。

食いが日によって変わる。

秋は天候がコロコロと変わりやすい。

加えて、気温の変化が大きい時期なので、バスのコンディションも変化しやすい。

「この間までは結構食っていたのに、今週はまるっきりダメ」

「昨日はスピナベやシャッドにガンガン食ってきたのに、今日はフィネスさえ食わない」

みたいな現象は、日常茶飯事。

秋の野池バスは、食いが日によって違うので、

●ポカポカ陽気が3日間続くなら、3日目に行く。

●雨が降り続いているなら、降り始めと中間、止んだ後。

こんな感じで、釣行するタイミングを見定めていきたい。

回遊する傾向が高まる。

「バスは適水温が20~25℃」と言われているが、野池のバスにとっても20℃くらいの水温はそこそこ快適のようだ。

正確に言うと、「回遊はするが、その行動は水質によってかなり変わる」になる。

さらに、秋の野池バスは他の時期に比べ、泳力が高い。というか速い?といった感じ。

秋の水温はバスにとってそれほど不快ではないようなので、かなり泳力が高い、速い。

小規模の野池だとしても、「さっきまでこのワンドにいたのに、10分後にはあっちの流れ込みにいる」みたいな現象も起こる。

水質がステイン〜クリアになると、上記のような傾向が強まるため、回遊性も高まる。

ランガンして色んなスポットを回ってバスを追いかけるよりも、1つのスポットで回遊待ちをしてみるのも有効。

しかし、水が濁り始めると、カバーなどの障害物に寄り添って行動するようになる。

が、野池バスの場合は、水が多少濁っていても、そこそこ動く。
「濁ったらカバー打ち!」もそこそこやりつつ、回遊するバスを意識してみるのも良いと思う。

捕食するタイミングでは、水が濁っていてもカバーから抜けていたりするので、「バスが今どこに向かっているのか、どこに泳いでいるのか」の意識が大事になってくる。

まとめ:秋の野池バスの攻略パターンは、「バスの視線(意識)の移り変わり」と、「行動の変化」がキーとなる

秋の野池攻略のパターンは、日によってまちまち。

「巻物の秋!」が通用するときもあったりするし、フィネスの釣りしか食わないときもある。

「濁ったらカバー」が良いときもあるし、濁っているのになぜか沖のトップで食った…みたいなこともあったりする。

秋の野池バスは、日によって変わりやすい。

なので、釣行時には以下のポイントを意識したい。

●バスの視線は、今どこに向かっているのか?
→表層・中層・ボトム?
→縦(フォール)か横(スイミング、巻き物など)か?
●水質の変化に対して、どう動いているのか?
→濁っているから、カバーについているのか?関係ないのか?
→澄んでいるから、回遊性が高くなっているか?カバーに入っているか?

…まぁどの項目も他の時期となんら変わらないのだが、上記のようなポイントを意識すると、秋のバス釣りを楽しめるんじゃないかと思う。

【関連記事】秋の野池攻略に関する記事は、こちらにもあります↓