【買ってみた】ガンクラフトの「ボムスライド」。吉田撃氏が愛用するチェリーリグのセッティングが良さそうなので考察してみる。

■ガンクラフト「ボムスライド」のチェリーリグが良さそう■

釣りビジョン「ランガンパニック」にハマっている。
見た目や言動とは裏腹に、吉田撃氏の強気・オーソドックスなスタイルのギャップが興味深くて面白い。

数年前に見たときはややフィネス寄りの釣りをする印象があった吉田氏だが、最近は田辺哲男氏とも親交があるということで、「やる気のある魚を引っ張って釣る」という強気なバスフィッシングスタイルになっていっているのかな?…と超勝手に推測。

そんな吉田撃氏だが、「ランガンパニック」の番組内(桑野川のおかっぱり釣行の回)で、彼が使っていたルアーがちょっと気になった。
それが、ガンクラフト「ボムスライド」。

吉田氏がチェリーリグやフットボールジグでバックスライドワームの「ボムスライド」を使用していたので、私気になります。

(画像出典:釣りビジョン「ランガンパニック」公式ページ。コチラからチェックできます

「なぜバックスライドワームをチェリーリグ・フットボールに使うのだろう?」と疑問に思ったので、実際に買ってみて考察することにした。

アマゾンでボムスラをチェックしてみる

楽天市場でボムスラをチェックしてみる

[スポンサーリンク]



【買ってみた】ガンクラフトの「ボムスライド」。吉田撃氏が愛用するチェリーリグのセッティングが良さそう。

これが今回紹介する、ガンクラフトの「ボムスライド」。

ノーシンカーのバックスライド系ワームという使い方が基本のワームだが、吉田撃氏はチェリーリグやフットボールジグにも使用している。

アマゾンでボムスラをチェックしてみる

楽天市場でボムスラをチェックしてみる

デザイン

ガンクラフト「ボムスライド」のデザインはこんな感じ。


バックスライド系ワームということでエビっぽい印象があるが、吉田氏はこのワームをチェリーリグに使ったり、フットボールジグのトレーラーに使用していた。

ボディがやや扁平。

同じバックスライド系ワームの、ゲーリーヤマモト「ファットイカ」(写真左)と比べると、ボムスライドはボディがやや平たいのがわかる。

ボディの感じはファイボス系?

写真上がジャッカルの「ファイボス4.5」。下がガンクラフト「ボムスライド」。

ボディの印象はどちらかというと、ファットイカよりもファイボスのボディに近い雰囲気。

エビっぽいアームが付いている。
ゲーリーのハガーとかもそうだが、後発のバックスライドワームはエビっぽいパーツも付いていることが多い。

個人的に、アームの印象はレイドジャパンのバトルホッグ(写真左)を想起させる。
パドルっていうより、アーム。


付け根部分が細くなっているので、水中でいい感じに動きそうな作りになっている。

■ガンクラフト「ボムスライド」がバックスライド以外で使えそうな理由
・アームなどのパーツがよく動く。
・ボディが扁平気味なので、水押しが強い。
・そもそも「バックスライドワーム=バックスライドのみに使用」という思い込みが邪魔をしているだけかも。

アマゾンでボムスラをチェックしてみる

楽天市場でボムスラをチェックしてみる

[スポンサーリンク]



チェリーリグにつけてみた。

バランス的にはこんな感じ。

ワームだけがデカすぎるということもなく、かといってシンカーだけが目立つということもなく、バランスの良いボリューム感。

全体的にはややバルキーというか、「おぉ、良い感じでストロングやんけ」という感じ。ちょい強め。

やる気のあるエネルギッシュな魚を狙ったり、濁りが入ったポイントや、普通のルアーにスレてしまったタフなバスにバージンインパクトを与えたり…といった狙いで使用できそう。

チェリーリグ以外の用途

バックスライドワームの一般的な使い方として最も有名なのは、ノーシンカーの逆付けセッティング。

比重が重い方を下方にしてノーシンカーで使うことによって、バックスライドしながらフォールする。
これは梅雨〜秋口ぐらいまでのシーズンに有効なテクニックだが、バックスライド系ワームはその時期限定のアイテムになりがち。

チェリーリグ以外には、吉田撃氏はフットボールジグ(ラバーなし)にも使用していた。

また、「ロボ奥田」こと奥田学氏は、ファットイカにネイルシンカーを挿入してボトムをズル引きながらシェイクさせる「ボトムコンタクト」といわれるテクニックを行うときに、バックスライドワームとして有名な「ファットイカ」を使用している。

僕が知る限りだと、バックスライドワームの用途で有効なテクニックとしてそこそこメジャーなのは、

・奥田氏の「ボトコン」のファットイカ
・吉田撃氏の「ボムスライド」のチェリーリグ、フットボールのトレーラー。

この3種くらい…?メディアにはうといので、これくらいしか把握していない。

バックスライド系ワームをバックスライド専用ワームとしてではなく、その他の釣りにも使っているのは非常に興味深い。
ラバージグのトレーラーとして使ってみたり、フリーリグや直リグにも使えそう。

感覚的には「ファイボスのアームを弱くしました」…的なイメージ?これが一番しっくりくる。
ガンクラフトの「ボムスライド」はこんな感じで使用するのがよさそう。

【買ってみた】ガンクラフトの「ボムスライド」。吉田撃氏が愛用するチェリーリグのセッティングが良さそう。|まとめ

今回は、ガンクラフトのバックスライドワーム「ボムスライド」について考察してみた。

僕はついつい盲目的に「バックスライドワーム=ノーシンカー」と決めつけてしまいがちなので、もっと思考を柔軟にして色々なセッティングでバスフィッシングを楽しみたい。

型にはまらず「このワーム、この使い方もできるんじゃね?」的な感じで、柔軟に色んな使い方をしてみると、自分の釣りの幅がより広がるんじゃないか…と考察してみた。

アマゾンでボムスラをチェックしてみる

楽天市場でボムスラをチェックしてみる

[スポンサーリンク]