【初心者向け】バス釣りのラバージグロッドとテキサスロッドの違い、選び方


スポンサーリンク


ラバージグとテキサスリグは、似て非なるもの。

ソフトベイトの食わせ込みが重要なテキサスリグ。
硬い鉛の塊であるルアーを、ガツンとバスの口に掛けていくラバージグ。

「ヘビーロッドを使う」という部分は両者とも共通しているが、その意識とアプローチには違いがあったりする。

今回は「ジグとテキサスリグロッドの違い、選び方」について書いていく。

僕自身も今年はラバージグをやり込もうと思っているので、おさらいという意味も含めて記事にしようと思う。

本記事が、ラバージグあるいはテキサスリグをしっかりやり込んでいきたいと思っている人の参考になると嬉しい。

[スポンサーリンク]



ラバージグロッドとテキサスロッドの違いと、選び方

最近のロッドはどちらのルアーも問題なく使えるロッドが増えたこともあり、1本のヘビーロッドでジグもテキサスもやっちゃうという人も多くなってきた。

僕自身も、おかっぱりでは便利なヘビーロッド1本で立ち回ることも多く、「わざわざ専用のロッドを用意しなくても十分では…?」と感じることもある。

…が、より専門的に1つの釣りを追求していくのも、趣味としては味わい深くて面白い。

まず大まかに、ラバージグとテキサスリグ のロッドに求められるものはどういったものがあるのか…について。

■ラバージグロッドに必要な要素

・水の抵抗を受けてもしっかりとフッキングできる穂先の強さ。
ごんぶとなカバーガード付きの太い軸のジグ+バルキーワーム という水の抵抗を強く受けやすいルアーを、しっかりとバスの口に掛けられる能力。
・それらを快適にピッチング(あるいはキャスティング)できる芯の強さ。
■テキサスリグのロッドに必要な要素

・ワームを吸わせて食い込ませるためのしなやかな穂先。
・1/0〜5/0くらいまでのシングルフックをガチ合わせしたときに身切れしない「遊び」がある。
・しなやかではあるが、ヘビーカバーに絡めたときにスタックしない。ワームは食い込ませるが、障害物には食い込みすぎない穂先。

大まかに言うとこんな感じ。

感度について

感度面について記載していないが、その理由としては、僕個人としてはジグとテキサスの釣り共に感度の重要さはそこまで大切だとは思っていないからである。

最近の日本のロッドは優秀なので、感度面に関してはどんなものを選んでもそこそこ満足できるものが多くなってきている…というのが理由でもあるが、それ以外にも優先すべき項目があると思っている。

デカい魚になればなるほど「ほんのちょっとの違和感」というバイトの出方が多い。
例えばそれは、フッと一瞬だけ軽くなるようなバイトや、ヌーン…と少し引っ張られるバイト、ラインだけスーっと動くようなバイトだったりする。

ということで、ヘビーカバーの釣りは、慣れれば感度の低い安物ロッドでも十分にイケるし、わざわざハイスペックの高感度ロッドにこだわる必要もないと感じている。

ただ、感度は低いよりかは高い方がいい。

バス釣り初心者などの場合、あまり感度が強すぎても、今度は障害物にルアーが当たった衝撃なのか、魚からのアタリなのか判断がつきにくい…といった障害も出てくる(現在進行形の実体験)。

感度はあるに越したことはないが、ジグ・テキサスロッドを選ぶときには優先順位はそれほど高くない。
ボトムをズル引いたときに、しっかりと障害物を感じられるかどうか…くらいの感度レベルでも十分だと思っている。

感度を優先する前に、先述した「ジグテキロッドの大まかな違い」をしっかり意識できているかどうか?の方が優先。

感度面の重要さについては今後も研究していこうと思ってるので、新たな気付きがあれば追記したいと思う。

[スポンサーリンク]



ラバージグロッドに必要な要素と、選び方

ラバージグロッドに求められる要素としては、「水の抵抗を受けてもしっかりとフッキングできる穂先の強」といったものがある。

ラバージグはトレーラーをつけて使用するのが一般的。
トレーラーのボリュームとジグのウエイトが上がれば上がるほど、水中で操作するとき(あるいはフッキングするとき)に水の抵抗が増えていく。

また、ラバージグは重量が増えるほどフックガード(ブラシガード)も分厚くなり、フック軸も太くなる傾向がある。
だから、「水の抵抗+分厚いフックガードとフック軸+カバー越しでもしっかり掛けれる強さ」の要素を補えるロッドが、ジグロッドとしては理想的なのである

■ジグロッドの選び方

選び方としては、シンプルに言うと「テキサスロッドよりやや強い穂先のヘビーロッド」である。

テキサスとジグロッドの違いをもの凄く簡単に表現するなら、

・テキサスリグのヘビーロッド→穂先がマイルドなヘビーロッド。
・ラバージグロッド→穂先にも強さがあるヘビーロッド。

こんな感じ。

もうちょい細かく言うと、ジグロッドはレングス(長さ)もテキサスロッドよりやや長いものが良い。
ジグロッドは少しでもフッキングストロークがあったほうが、よりフッキング率が高くなる。

なので、ジグロッドを選ぶときは(ポイントとの距離にもよるが)テキサスロッドよりやや長いロッドを選ぶのも良い。
ただ、人によっては6.3〜6.6フィートくらいのヘビーロッドを好んで使う人もいるので、最初は自分の好みで選んでも良いと思う。

無難なのは7フィート前後。
一般的には、7〜7.4フィートくらいのジグロッドが多い。

■ラバージグロッドを選ぶときのポイント
・穂先(ティップ)にも強さがあるヘビーロッド
・フッキングストロークを稼げる、やや長いロッド

テキサスリグロッドに必要な要素と、選び方

テキサスリグのロッドに求められる特性としては「ワームを吸わせて食い込ませるためのしなやかな穂先」である。

テキサスリグはラバージグとは違い、ソフトベイトが主体。ワームを吸い込ませて食わせ込むことを重視する。
ジグが「自ら掛けていく攻撃的な釣り」であるのに対し、テキサスリグは「やや食わせ系」の釣りである。

「魚がワームを吸い込むときに(あるいは咀嚼しているとき)にできる限り違和感を感じさせないようにするため、穂先にしなやかさ・遊びが必要」…というのが一般論。

ただ、テキサスリグでも「カバー越しで中層シェイク」といったテクニカルな釣りをするときには積極的に掛けていく必要がある。
そのため、人によっては「テキサスでも穂先に強さが欲しいし、レギュラーテーパーがベスト」という人もいる。

一概に「テキサス=先調子のファーストテーパーがベスト」とは断定できない。
投げやりな言い方になってしまうが、とりあえず迷ったら「ファーストテーパーのピッチングロッド」を選ぶのが吉。

■食い込みもよく、かつスタックしない穂先が良い

あと、テキサスリグに使うフック軸はラバージグよりも細めであることがほとんど。
なので、穂先に1/0〜5/0くらいまでのシングルフックをガチ合わせしたときに身切れしない「遊び」あると、フッキングしたときのラインブレイクや身切れといったトラブルを防げる。

しかし、ただ穂先がしなやかで食い込みが良ければいいというわけでもない。
テキサスリグは多くの場合、障害物(カバー)に絡めていくような釣りがほとんどだからだ。

穂先がしなやかすぎるとカバーにスタック(引っかかる、食い込む)しやすくなってしまい、カバーフィッシングの快適さが失われる。

テキサスリグロッドで理想的なのは、「穂先はしなやかではあるが、ヘビーカバーに絡めたときにスタックしない。ワームは食い込ませるが、障害物には食い込みすぎない穂先のヘビーロッド」だと僕は思っている。

■どちらかというと、感度は大切にしたいほう

感度面に関しては、ジグロッドよりかはテキサスロッドの方が感度レベルは大切にしたい方。
ただ、ジグ・テキサスの釣りは必ずしも全てのバイトが「コツンっ」というような明確にでるアタリばかりではないので、感度面はそこそこあれば良いと思ってる。

でも無いよりはあったほうがよいので、最低限「ボトムの形状や地質くらいはわかる」くらいの感度は求めたい。

ロッド長は、通うフィールドやスポットに対する距離感で選ぶ。

周囲に木々が生い茂っているフィールドで、短距離にチョイっと投げ込むようなおかっぱりスタイルなら、長くある必要はない。6.3〜6.8フィートくらいあれば十分。
ポイントまで距離を取る必要があるクリアレイクや、ちょっと離れたカバー越しに投げ込むのであれば、ロッドは長い方がよい。

とりあえず万能なのは、6.8〜7.2フィートくらいのもの。

よくわからないときは、無難なジャスト7フィートのものを選ぶとよい。何でも万能なジャスト7フィート(6.10でも良い)。

■テキサスロッドを選ぶときのポイント
・食わせ込ませる「遊び」がある穂先のロッドを選ぶ。
・そこそこ感度のあるモデルを選ぶ。
・長さはフィールドに合わせる。迷ったら7フィート。

【関連記事】

[スポンサーリンク]



ラバージグロッドとテキサスロッドの違いと、選び方|まとめ

今回はラバージグとテキサスリグロッドの選び方で気をつけるポイントについて書いてみた。

■ジグロッドとテキサスロッドの違い
・穂先の強さ
・長さ

ジグロッドとテキサスロッドの大まかな違いとしては「穂先(ティップ)の強さ」である。

それと、両者のロッドの選び方のポイントとしては以下のようなものになる。

■ジグロッドの選び方のポイント
・ティップ(穂先)まで強さのあるものであること。
・やや長め(7.2フィート前後)が良い
■テキサスロッドの選び方のポイント
・ティップ(穂先)がしなやか・遊びがあるものであること。

「ティップの違いだけじゃん」って感じだが、全体的なパワー感とかグリップ長、レングスなどに違いがあったりする。

専用ロッドは他にも快適に行える要素がたくさん詰まっているので、細かな違いはぜひご自身の目と身体で確かめてみてもらいたい。

ジグとテキサスは似て非なるもの。
一本のヘビーロッドで両方やってしまうのも良いが、より専門的にこだわって追求してみるのも楽しい。

本記事が、これからテキサスやジグをやり込んでいきたいと考えてる人の参考になると幸いだ。


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

http://matatamacoron.com/2020/05/23/post-5948/