【欲しいもの】レイドジャパンのグラディエーターマキシマム”ザ・マックス”が気になる理由。時代の最先端を行くロッドか?


スポンサーリンク



先日、レイドジャパンから新たにロッドが発売されました。
それはグラディエーターマキシマム”ザ・マックス”というロッドなのですが、特徴に個性があるから気になっています。

通常のベイトフィネスタックルだと、ヘビーカバーが密集したようなポイントを狙うのには心許ない。
かといってジグやテキサスリグだと食いが悪いから、ベイトフィネス、ライトなワーミングをヘビーカバーの中にも打ち込みたい。

こういった僕のワガママな悩みを、グラディエーターマキシマム”ザ・マックス”が解消してくれそうだから気になってます。

レイドジャパン グラディエーター マキシマム GX-70HC-ST THE MAXX GRAID JAPAN GLADIATOR
created by Rinker

楽天市場の最安値ショップ「Lure&Boats Back Lash」でザ・マックスをチェックしてみる

アマゾンでチェックしてみる

【関連記事】買ってみました。

↓インプレ動画を公開しました。

金森氏が「ザ・マックス」で14gフリーリグ+エグチャンクの釣りをやってたので、このルアーも気になってます。

スポンサーリンク



■レイドジャパンの最高峰ロッド、グラディエーターマキシマム”THE MAXX”について

こちらが今回お話するロッド、マキシマム”ザ・マックス”。

グラディエーターマキシマム”ザ・マックス”は、ベイトフィネスをヘビーカバーでも快適に行えるように設計された、レイドジャパンのフラッグシップモデル。ロッドの先端がソリッドティップになっていて繊細な操作が可能になっています。

ソリッドティップのヘビーロッド」という少し特殊なロッドなのですが、ベイトフィネスでは攻めにくかったヘビーカバーからデカバスをブッコ抜くのに良さそうだから気になっているのです。

レイドジャパンのグラディエーターマキシマム”ザ・マックス”のスペック

長さ: 7フィート
パワー : ヘビー
ソリッドティップ
適合ルアーウエイト : 1/8~1/2oz
適合ライン : 12~16lb
価格:50,000円

プロモーションビデオ

レイドジャパンのグラディエーターマキシマム”ザ・マックス”ユーザーの口コミ

ツイッターで調べてみると、ユーザーがマキシマム”ザ・マックス”を使って楽しげにツイートをアップしているので、日に日に気になる気持ちが強くなっていってます。

SNSは物事の良い面ばかり取り上げられがちですが、ネガな点も気になります。

タックルの良し悪しは実際に自分で使ってみるまでわからないので、あまりこういった情報に惑わされないようにしようとは思っているのですが…良い口コミを目にするとやはり心は揺れます。

レイドジャパンのグラディエーターマキシマム”ザ・マックス”が気になる理由

『ベイトフィネスを使ってそこそこ濃いカバーの中から、安全・確実にバスをブチ抜けるベイトフィネスロッドが欲しい』

ちょっと前からこんなことを考えていてました。

ベイトフィネスの釣りが好きではあるのですが、前々からこの釣りに対して少し不満(不安)に思うところがありました。

それは、

8〜12ポンドラインを使って濃いめのカバーを攻めていたとき、もしデカい魚が掛かったら無事に取り込めるのか?

ということです。

ベイトフィネスでカバーの奥を攻めているときには、いつも「もし50アップが掛かったら、獲れるのか?」という自信過剰な心配をしているから健康に悪いのです(笑)

10ポンドくらいのラインでちょっとしたカバーの中からデカい魚を釣り上げたこともあるのですが、ラインはズタボロになり、ロッドの限界を超えるくらいかなり強引にカバーから魚を抜かないとすぐに巻かれてしまいそうになる経験が何度もありました。

こういったこともあって、

・ベイトフィネスをそこそこヘビーなカバーで行うときにはいつも不安。
・できれば掛けた魚は釣りたいし、カバーにも巻かれたくはない。

こういう不満をグラディエーターマキシマム「ザ・マックス」が解消してくれるんじゃないかなぁと期待しているのです。

これらの不満を解消するために、試しにワールドシャウラ1702Rでネコリグなどのワーミングを使った釣りをしてはみたのですが、ティップが強すぎて操作が荒くなってしまうのがどうしても気になってしまいます。

強いパワーがあり、フィネスな釣りもできて、ティップにライトリグの操作性も兼ね備えている…こんな理想的なロッドはないだろうか。

こんな僕のワガママをレイドジャパンのマキシマム”ザ・マックス”なら解消できそうな気がするのです。

他のメーカーにも似たようなのがある

”THE MAXX”以外にも、上記した用途で使えそうなロッドは他のメーカーからも出ています。

例えばノリーズからは、ロードランナーストラクチャーST670MH-Ftだったり、

ダイワのファイヤウルフ(バーサタイルロッドだが、こういう使い方でも良さそう)

などが用途的には合いそうではあります。

(ちなみにウェアウルフも以前使用していましたが、カバーの奥の奥からブチ抜くというような秘めたる力は感じられませんでした※コチラからレビューを読めます

エバーグリーンからはファクトからHFAC-70HSTというソリッドティップのヘビーロッドが出ていますが、店で触った感じだと少し強すぎると感じます。こっちはフィネスアプローチというより、普通にテキサスとかをカバーに入れていくような使い方が合いそうな気配がしました。

「ベイトフィネスリグをカバーにブチ込んで、デカい魚を抜いてくる」というようなコンセプトのロッドは、僕の知っている限り”ザ・マックス”くらいなんじゃないかと思っています。

レイドジャパンのクオリティが気になる

以前、グラディエーターアンチのジョーカーとバルトロを使っていたのですが、一応は折れるような気配はありませんでした。

【関連記事】

ただ個人的には少しパワー感・トルク感が薄いかなという印象があったので、マキシマムの方もパワーやトルクが微妙だったら嫌だなぁと思って購入を躊躇しております。

しかし、店頭でマキシマム”ザ・マックス”を触ってみた限り折れそうな気配もありませんしむしろトルクフルというか、中弾性みたいな振り心地で扱いやすそうだったので、一気に気になる存在になっています。

ちょっと振っただけでも「あ、これは多分キャストが気持ちいいヤツだ」と感じられたました。なんとなくロードランナー系なニオイのする振り心地なのがかなり衝撃的でした。

【欲しいもの】レイドジャパンのグラディエーターマキシマム”ザ・マックス”|まとめ

ヘビーロッドなのにソリッドティップという特殊なロッド、レイドジャパンのグラディエーターマキシマム”THE MAXX”。
かなり高価だし特殊なロッドだから、なかなか購入に踏み切れないでいます。

上記で紹介した動画内で金森氏が「これからの時代は、こういうことをしないと魚が釣れない」といったことを言っていましたが、僕自身も実際にフィールドで釣りをしていて、年々タフになってきていることを実感しています。

”ザ・マックス”を使って、タフになってきたバスに口を使わせられるかどうか、少し期待しています。う〜ん、使ってみたいですね。

レイドジャパン グラディエーター マキシマム GX-70HC-ST THE MAXX GRAID JAPAN GLADIATOR
created by Rinker

楽天市場の最安値ショップ「Lure&Boats Back Lash」でザ・マックスをチェックしてみる

アマゾンでチェックしてみる


【関連記事】買ってみました。

↓インプレ動画を公開しました。

「ザ・マックス」で14gフリーリグ+エグチャンクの釣りをやってたので、このルアーも気になってます。

スポンサーリンク