【メタニウムDC インプレ】シマノの快適すぎるおすすめベイトリール。トラブルが少なくて誰でも投げやすい。


スポンサーリンク


10g〜20gくらいのルアーを快適にキャストができて、それでいてビッグベイトまで問題なく投げたい。いわゆる”バーサタイル”なリールが欲しい。

あと、キュイーンという『DC』の音を聞いてみたかったということもあって、シマノの『メタニウムDC(HG)』を購入してみた。

実際に2年ほど使い込んでみたのでレビュー・インプレしてみる。

■シマノ『メタニウムDC』のココが好き!
・DC音が良い。
・安定したキャスト感
・汎用性が高い。
・デザインが好き。
■シマノ『メタニウムDC』のココが残念;
・ピッチングのレスポンス。
・軽量ルアーの扱い。

→アマゾンでチェックしてみる

楽天市場でチェックしてみる

[スポンサーリンク]



【メタニウムDC インプレ】シマノの快適すぎるおすすめベイトリール。トラブルが少なくて誰でも投げやすい。

安定したキャスト・シンプルなデザインが良い、シマノの『メタニウムDC(HG)』

こちらが今回紹介するシマノ『メタニウムDC(HG)』。
DCブレーキによるバックラッシュのしにくさ、キャストのしやすさ、飽きのこないデザインが気に入っている。

メタニウムDCのスペック

重量 :190g
ギア比 :7.4
糸巻き量: 12lb-120m・14lb-100m・16lb-85m・20lb-70m
ドラグ 最大:49.0N/5.0kg
ベアリング ボール:9個、ローラー:1個
スプール 径:34mm、ストローク:22mm
巻取り長さ:79cm/ハンドル1回転(ハンドル長:42mm)

自重が軽めなので、巻物から打ち物まで何でもこなせる。

シマノの『メタニウムDC(HG)』デザイン

メタニウムDCの全体。ガンメタで統一されたシンプルなデザイン。


ハンドル・ハンドルノブ、メカニカルブレーキはカスタムしている。

サイドカバー。『Metanium DC』のロゴが入っている。


前方。レベルワインダーは小さめ。


使いやすいスタードラグ。回すとクリクリクリ…と鳴り、細かく調整ができるようになっている。


カスタムされたメカニカルブレーキノブ。
メカニカルブレーキは、一度セッティングを出してしまえば毎釣行で設定する必要がない。
基本はメカニカルブレーキは触らず、下方にあるダイヤル設定のみでブレーキを調整すればいいだけ。ブレーキ設定がかなり楽。


ラインでスプールが見えないが、わりと深溝なので下巻きにPEラインを巻いている。
バス釣りだけで使うなら下巻きしておくとラインの節約になり、飛距離も多少変わる。


裏面。メイドイン ジャパン。
下方右側にあるスイッチをスライドさせて、サイドカバーを開ける。


先にダイヤル側を「OPEN」にしておかないとスイッチがスライドしないようになっているので、ちょっとした拍子に誤ってサイドカバーが開いてしまうといった事故も起こらない。


サイドカバーを開けるとこんな感じ。
サイドカバーがポロっと脱着するので、気を抜くと湖に落としかねないのが少々ネック。

ここにDCブレーキシステム『I-DC5』が搭載されている。
僕は以前のDCブレーキが搭載されていたカルカッタコンクエストDCも使用したことがあるが、I-DC5は飛距離・安定感・扱いやすさが大幅に向上していると感じた。


この部分をスライドさせて、ラインの素材に合わせてブレーキの設定をする。ラインの素材に合わせたブレーキ調整をデジタル機器がオートで行ってくれる。画像はフロロラインモード。


N→ナイロンラインモード

PE→PEラインモード

Nモードでフロロラインを使用したり、その逆もできたりする。
某バスプロはNモード設定でフロロラインを使うこともあるらしい。

微妙にブレーキの効き具合が変わるので個人の好みで選んでも良い。が、シマノの担当者的には「できたら決められた設定で使って欲しい」とのこと。


スプールは「スーパーフリースプール」。スプール径はベイトリールで最もバーサタイルに使える34mm。癖がなく、どんなルアーでも投げやすい。


ボディ全体のシルエットは普通〜少々コンパクト。
手の小さい人、子供や女性でもしっかり力を入れて握れるサイズ感。どんな人でも扱いやすいサイズ。

[スポンサーリンク]



シマノ『メタニウムDC』のココが良い点!

■DC音が楽しくてキャストが面白くなる

DCブレーキ(デジタルコントロール)が搭載されているので、ルアーを投げるとキュイーン!という音が鳴る。
人によってはこの音を不快に感じる人もいるが、僕は気に入っている。ルアーを投げていて楽しい気分にさせてくれる素晴らしい演出だと思う。

■安定したキャスト感でトラブルが少ない

以前のDCブレーキよりも大幅に安定感がアップ。

キャストを繰り返してもバックラッシュせず、起きたとしても軽症で済む。もちろんスキッピングも簡単にできる。

8g〜2オンスくらいまでのルアーを気持ちよく投げられると感じた

8g前後のルアーもしっかり投げられるが、軽量ルアーはそこまで得意ではない
14〜25gくらいのルアーをこのリールで投げるのが気持ちよく感じる。

3/8〜3/4ozのスピナーベイトやバズベイト、クランクベイト、20g前後の大きめなシャッドテール、1オンスを超える大きめなルアーなどなど、超軽量ルアー以外ならほぼ全てのルアーをカバーできる。

レンタルボートなどで中距離のキャストを数多くこなすようなシーンでは、DCブレーキのおかげで非常に安定した釣りを長時間続けることが可能。

岸から遠投したり重いものをブン投げるような釣りではなく、中重量のルアーを何度も細かく打っていくような釣りに、メタニウムDCは真価を発揮するんじゃないかと感じた。とにかく安定感がハンパじゃない。

メタニウムDCはオールマイティでとても扱いやすい。

■巻き心地はスムーズ

巻物などの巻き心地も良い。

巻き感は上品でヌメヌメ。よく「マイクロモジュールはすぐダメになる」という話を耳にするが、僕のメタニウムDCはかなり使い込んだが劣化したような印象は受けない。


シマノの『メタニウムDC』は、おかっぱりで何でも投げれるバーサタイルなベイトリールを探しているような人にオススメできる。

また、僕はメタニウムDCにスタジオヘッジホッグの『カッ飛びチューニングキット』を入れている。
飛距離がカスタム前より5〜10mは変わったように感じたので、もし飛距離が気になるのであればぜひ試してもらいたいカスタム。安くて簡単に、誰でもチューニングできる。

↓ヘッジホッグスタジオで『カッ飛びチューニングキット』をチェックしてみる

シマノ『メタニウムDC』のココが残念;

■ピッチングのレスポンスが少し鈍い

メタニウムDCを使って打ち物を続けていて気になったのが、ピッチングの弾道だ
DCブレーキとピッチングが相性が悪いかどうかはわからないが、テキサスリグを使って細かくピッチングを繰り返していると、弾道が少し浮き気味になるのが気になった。

5gテキサス+3〜4インチワーム という組み合わせのルアーをピッチングしていくと、キャストの弾道が浮く。
もう少しルアー重量が上がれば気になる点でもないが、そこそこ軽量のルアーをピッチングするようなときはピッチングレスポンス(スプールの立ち上がり感?)の悪さが気になる。

■軽量ルアーは微妙

1g〜8gくらいの軽いルアーのキャスト感は正直微妙。
この重量帯のルアーを投げるのにDCリールを使うなという感じではあるのだが、メタニウムDCは軽量ルアーが得意な方ではないと感じた。

【メタニウムDC インプレ】シマノの快適すぎるおすすめベイトリール。トラブルが少なくて誰でも投げやすい。|まとめ

今回はシマノの『メタニウムDC』を紹介してみた。
抜群の安定感、渋い外見、そしてDCブレーキ音が特徴のシマノ『メタニウムDC』。

非常に扱いやすくて、どんな釣り人にも向いているような優秀なベイトリールなので、DCブレーキをまだ使ったことのない人や、1台で色々な釣りをやりたい人はぜひ使ってみてほしい。

アマゾンでチェックしてみる

楽天市場でチェックしてみる


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

http://matatamacoron.com/2020/04/13/post-4818/
http://matatamacoron.com/2020/01/14/post-2551/

[スポンサーリンク]



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter