根掛かりしない!?冬の野池対策に!レイドの新作「ヘッドスライド」の解説と使い方。


引用:インスタグラム

スポンサーリンク


レイドジャパンから、根掛かりしにくいスイムジグ用のアイテム「ヘッドスライド」が発売された。

ラインナップもグラム別に細かくわけてあり、更に根掛かりがしにくいヘッド形状。
スイムジグを野池やオカッパリでも使ってみたいアングラーにとっては嬉しい仕様となっているアイテムだ。

今回はそんなレイドジャパンの「ヘッドスライド」を紹介してみようと思う。

スポンサーリンク



根掛かりしない!?冬の野池対策に!レイドの新作「ヘッドスライド」の解説と使い方。

ヘッドスライドは、レイドジャパンから最近発売されたスイムジグ

ヘッドスライドの特徴となっている”ヘッド形状”によって、根掛かりがしにくい作りになっているので、カバーなどの障害物を狙いたいときにも活躍してくれるルアーです。

更に、ヘッドの重量設定が細かくわけられているので、「浅い野池だとスイムジグって使いにくいんだよね」と悩んでいたアングラーなどにも嬉しい仕様となっているのが「ヘッドスライド」の特徴。

レイドジャパン「ヘッドスライド」は、なぜ根掛かりしにくいのか?

ヘッドスライドはヘッド形状がとんがっていてスリムなので、込み入ったカバーに引っ掛かりにくい構造。

スイムジグの弱点でもあった”根掛かり”を克服した、どこでも使えるルアーに仕上がっている。

こういったタイプのスイムジグで出番の多いシーンは、例えばこんなとき↓

■レイドジャパン「ヘッドスライド」の使いどき・スピナーベイトでも引っかかるようなカバーを、シャッドテールで”スロー”に横方向に向かって攻めたいとき。
・障害物が多い場所で、テンポよく巻物でサーチしていきたいとき。

こういった時に、ヘッドスライドのようなタイプのスイムジグは、根掛かりしにくさが生きてくる。

ヘッドスライドはどんな人向け?

ヘッドスライドの特徴としては「根掛かりのしにくさ」以外にもう1つ特徴がある。
それは「豊富なラインナップ」だ。

5g.7g.9g.11gと細かく分類されているので、水深が浅い場所や皿池などでルアーをゆっくり巻きたい…といったときには、5~7gを選べば、よりゆっくり巻いてこれる。これがヘッドスライドの特徴であり強み。

イメージ的にはこんな感じ。

(絵心なくて申し訳ないですが…w)

なので、ヘッドスライドはこういった人に向いていると言える。

・浅い野池で、ゆっくり巻いてこれるようなルアーを探している人。
・冬や春に、スローに動かせるルアーを探している人。
・皿池タイプの野池で、魚の活性が低いときに使う”武器”を探している人。
・根掛かりが多い場所に、巻物ルアーを通したいけど根がかりが怖い…と悩んでいる人。

このような悩みがあるなら、レイドジャパンのヘッドスライドが解決してくれるはずだ。

レイドジャパン「ヘッドスライド」の使い方

ここからは「スイムジグを初めて使うんだけどよくわからないんだよね」という方に向けて、僕個人の解釈も含めてスイムジグを解説していく。

ヘッドスライドのようなスイムジグの一般的な使い方として最もポピュラーなのは、シャッドテールワームをセットした「ただ巻き」。
ルアーを投げたら、一定の速度でリールを巻いてくる。これだけ。

一定の速度で巻くことに慣れてきたら、次は「狙う水深」を意識していく。

ヘッドスライドが水面直下を泳いでいるのか?
水面から1mくらい下を泳いでいるのか?
底の方をズルズルと巻いてきてるのか?

大まかにこういったイメージを持つと、より釣果に繋がってくる。

1:ただ巻くだけ。
2:狙う水深をイメージ

初めてスイムジグを使う方は、この2点だけ意識するだけで釣果が変わってくるでしょう。

根掛かりしない!?冬の野池対策に!レイドの新作「ヘッドスライド」の解説と使い方。|まとめ

今回はレイドジャパンのヘッドスライドと、スイムジグについて書いてみた。

ヘッドスライドの特徴は、

1:根掛かりのしにくさ。
カバーに強い!

2:豊富なルアーウエイト。
ゆっくり巻き(デッドスロー)に対応してる

といった感じなので、カバーに絡めて使っていったり、フィールドの水深に合わせてヘッド重量をチョイスしていけるのがヘッドスライドの良いところだと思う。

バスの活性が低い冬や春など、釣り人側にとっても辛いと感じる状況に、レイドのヘッドスライドが幸福をもたらしてくれるかもしれない。
「最近なかなかバスが釣れなくて困っている」と悩んでいる方は、ヘッドスライドを使ってみてはいかがだろうか。

【関連記事】よかったらコチラも読んでいきませんか?

スポンサーリンク