トッププロも認める、レイドのエグダマがエグい!レイドジャパンのスモラバ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[スポンサードリンク]



スモラバというと多くのメーカーから発売されていますよね。スモラバを選ぶときに迷う方もいるかと思います。

僕自身もスモラバはよく使うのですが、正直どれが一番釣れるのかよくわかっておりません。
しかし最近使うスモラバの中で「これはヤバいな」と特に感じられる品がありましたので、その感動をぜひあなたにもお伝えしたく思います。

さて、そのスモラバは何かというと、タイトル通りになりますw

レイドのエグダマ!

近頃メディアでも露出が増えてきた藤田京弥プロが実戦でエグダマを愛用しているのを見かけたのですが、トッププロが愛用している辺り、このルアーの実力が伺えます。


(出典:藤田プロtwitterより)

さて、そんなエグダマですが、一体どんなスモラバなのでしょうか?
今回はエグダマの大きな魅力となる3つのポイントをご紹介させて頂きます。

トッププロも認める、レイドのエグダマがエグい!レイドジャパンのスモラバ。

エグダマ・3つの魅力

まず、レイドジャパンのエグダマ タイプレベルの魅力となる3つのポイントをご紹介します。
その3点は、

・水平姿勢。

・根掛かりしにくい。

・手に入りやすい。

というものです。
ではこの3点のうちの1つ目「水平姿勢」について解説していきます。

1:水平姿勢がグッド

エグダマ タイプレベルの売りとなっているポイントに「水平姿勢」があります。
アイが上つきになっているので、エグダマをシェイクしている際にも結び目がズレてしまうことがなく、ルアーが水平ので水平姿勢を保っています。


(出典:シモブログ)

この水平姿勢が釣果に直結しているかどうかはわかりませんが、僕が実際にこのルアーを使用してみて感じたのは「他のスモラバよりバイトが多いような気がする」ということでした。

アングラーのメンタル的にも、
水中で違和感のない姿勢を保ってくれているだろう

カバー内でもしっかり誘ってくれているはず!

だからロングシェイク等でしっかり丁寧に誘おう!

釣れる!

という好循環を生み出しているのではないか…というのが、僕個人としての感想です。

2:根掛かりし難い

では次に「根掛かりしにくい」という点について。

これはもう本当に根掛かりしにくいです、このスモラバ!マジでカバーに強い!
ステマでも何でもないのですがw、他のメーカーのスモラバと比較しても圧倒的な根掛かりのしにくさを感じています。

その根掛かりのしにくさは、込み入ったカバーを打った後の回収の際にも威力を発揮するんですよね。

そこらのカバー用スモラバだと回収時にガンガン引っかかってしまうんですけど、エグダマだけはスルスル〜っと回収できます
竹とか太い枝にグルグルっとラインが丸まってしまっても、グルグルっと問題なく回収できてしまいます。
パワースピンでヘビーカバーをスモラバで狙ったりするときには、僕個人としてはエグダマ タイプレベルが最も優れていると感じました。

似たような使い方として有名なスモラバにはノリーズのカメラバがありますが、入手し辛いので、その点においてもエグダマに軍配が上がるのでは…と思っています。

3:入手しやすい

最後は「入手しやすさ」について。

先ほどもお話ししましたが、入手のし易さもエグダマの魅力の1つに挙げられます。

レイドジャパンは人気メーカーですから、バス釣り用具を扱っている釣具屋さんなら取り扱われていることが多いんです。

人気のスモラバにはイマカツのアベラバや、ジャクソンのエグジグ、ノリーズのカメラバなどですが、大型チェーン店でも置かれてないことがあるんです。

その点、レイドジャパンのエグダマはかなりの確率で取り扱われているので、入手のし易さにおいてもエグダマは優れていると感じてます。

トッププロも認める、レイドのエグダマがエグい!レイドジャパンのスモラバ。|まとめ

以上、個人的なインプレも交えたレイドジャパンのエグダマ タイプレベルの解説でした。

・スモラバをカバーに絡める釣りをしたい。
・釣れるスモラバを使いたい。
・根掛かりしにくいスモラバを探している。

こういった方にも、ぜひエグダマを活用してもらって、良い釣りをして頂きたいと思っております。

「吊るし」のテクニックでカバーにブチ込んで、シェイクしてるときにコンっと出るバイトにガツン!とアワセる、エキサイティングなバスフィッシング。

レイドジャパンのエグダマを使用して、楽しいカバーフィッシングもぜひ楽しんでもらいたいと思っています。

ご観覧ありがとうございました。

[スポンサードリンク]



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする